【ドラ恋2】第7話温泉で濃厚キス!キスで気持ちが変わるのか?!

「恋愛ドラマな恋がしたい2」も第7話になりましたね。

大波乱のペア決めのあとのお芝居の稽古&オーディションが始まりました。

さて誰が主演を勝ち取るんでしょうか?!

楽しみです。

早速ネタバレ&感想書いていきます。

スポンサーリンク

ドラ恋2の台本設定がどんどんエスカレートしている?!

ただ単純に男女がキスするというよりも、どんどん設定自体もエスカレートして過激になってきている印象です。

まぁどんどんハードルが上がっていって、見ているほうの刺激も欲しいわけで仕方ないと言えば仕方ないんでしょうが・・・

今回の台本の設定は温泉。

会社仲間との温泉旅行中に偶然露天風呂ではちあわせになった男女が湯煙の中でキスをする物語。

ちょっと無理がある設定のような気もしますが、これが最高にドキドキしましたね。

練習中に実際の気持ちが溢れ出る瞬間を見るのが大好きな私です。

たとえば、カツがかのんに向かって「好きだから」というセリフを言う前に小さい声で「超照れる」っていうのとか、あれが本気の言葉なんだろうと思ったら見ていてニヤニヤしちゃいますね。

両想いペアのりくとミケの二人の作る雰囲気もかなりいい感じで見ていてニヤニヤしちゃいます。

まさきは想いを寄せるもかへの演技を嬉しそうにしているのがわかります。

一方の波乱のペア決めを果たしたコウとさぶりんの二人は、さぶりんのやさしさで精いっぱい普通にさりげなく演技しようと努めているのがわかりました。

さぶりんめっちゃいい子!!

オーディションで主演をつかむのは誰?!

まずは3度目のペアで挑戦したのはりく&ミケペア。

なんでしょうね、両想いカップルの演技だから本気を込めてやっているはずなのに、それほど心に響かないというか、ちょっと足りないんですよね。

ただ単に演技力の問題なんでしょうか?!

何かはわかりませんが、もっとこう何というか、心動かされるような演技ではないんですよね。

主演を勝ち取ってかのんの心をつかみたいカツとのペア。

カツのまっすぐな想いはよく伝わって気ましたが、かのんは若干引いてるように見えますね。

キスされる演技のとき後ろに身をひいてましたもんね。

まさきともかのペアは最後のキスがスゴイ長くて、その演技を見てMCの前野さんは「これ見たい!。良いっすねぇ~」と絶賛していましたね。

コウとさぶりんのペア。

さぶりんの演技はとても素敵でしたね。

特に「ダメじゃない」というセリフのところ。

あの表情が最高でした。

コウの演技もアクがぬけて良い感じになってましたよ。

でもどの演技見てもちょっと悪い男に見えてしまうのはなぜでしょうか?

全員の演技が終わりいよいよオーディションの結果発表です。

選ばれたのは・・・

まさき&もかのペアです。

演技指導の澤田先生の見解はこのようです。

この二人のキスが一番見たいと思ったというお決まりのセリフはもちろんありましたが、肝心な本当に選ばれた部分。

「正直なところをお伝えしますと、女性ではさぶりさんが一番良かったです。

男性では兵頭さん(カツ)が一番良かったです。

かのんさんは今までに比べて相手に対して気持ちが閉じているというか、お芝居が閉じているなという風に思いました。

ペアとしてのバランスを見たときに、まさきさんと山崎さん(もか)を選ばせていただきました。」

という厳しくも的を得た答えでした。

選ばれてもかは

「昨日あんなことを言ってしまったから自分からペアを組めないとか言ってしまったから、まさきくんとペアを組むってことにも責任を感じていたし、だからほんっとに嬉しいです。だけど恥ずかしいですよ~。温泉・・・温泉じゃなかったらもぉ。」

と照れていましたね。

まさきは

「なんて言ったらいいかわかんないですけど、今までのキスシーン撮る前と今日キスシーン撮る前の緊張は全然違うと思います。

やっと(もかと主役に)なれたんで、気持ちを出したいですね。

緊張するっすマジで。マジでヤバイ!!」

と何とも言えない照れた顔をしていました。

さぶりんは

「スッキリしました。

あの二人で良かったと選ばれたのが。

もちろん悔しかったけど、だけどたぶん今の二人の状況じゃきっとできないし、これで受かったとしても複雑な気持ちになるなと思ったから。

じつはコウ君には言えない・・・

コウ君の前では割と普通に接しているけど、やっぱりなんかちょっと一回距離をおこうかなと思いました。」

やっぱりね、そうなるよね。

それでちょっとコウも気持ちがはっきりしてくれたらいいですね。

カツとかのんは先生の言葉の後もあってがっつり落ち込むかのんちゃん。

表情がめちゃくちゃ暗いです。

そのかのんちゃんに、カツが

「珍しく閉鎖したの?閉鎖してたの?」

「何が?」

「言ってたじゃん、先生。気遣った?」

「・・・・・トイレ行ってくる」

あからさまに温度差のある二人です。

この二人の距離縮まることはあるんでしょうか?

今まで感じよくて可愛かったかのんちゃんだけに、この表情態度、見ていて辛いものがありました。

演技ではないときもポーカーフェイスを貫けるほど、経験を積んでいないんでしょうね。

そして演技にもそれが表れてしまって先生にも見透かされてしまったので、余計に態度に出ちゃったんだと思います。

これから、これから!伸びしろあるってことですよね。

カツも迷いに入りますね。

「あんなにはっきり言われたんですよ。先生に。名指しで。

今までの3回目と違って気持ちが開けてない。

閉ざしてたって。

もう中間告白で告白したけど、まぁかのんちゃんが誰か想ってるのは変わってないし、自分がどうすれば見てもらえるかはちょっと思い浮かばない状況。正直・・・・」

と頭を抱えていましたね。

ミケとりくは、りくがミケに「頑張った、頑張った」と声をかけてあげていました。

それを聞いて「強くなってる」とミケ言ってましたね。

主役こそは選ばれなかったですが、この二人の絆はどんどん深まっている感じがしますね。

インタビューでりくは

「悔しいですよ。悔しいですよ。ほんとに」と涙を流していました。

そして

「すごい昨日の稽古中とかもミケちゃんめちゃくちゃ可愛くて、やっとりく君としゃべれた~とかなんか、すっごい可愛いんすよ。一言一言もう。

一緒にご飯食べれて嬉しいとか、口に出して言っちゃう子なんで、なんなんだろうな、この子。すげー毎回思っちゃうんですけど、だから本当に絶対受かりたかったんですけど。

せめてミケちゃんだけでも主役取ってもらって、そのドラマがミケちゃんのものになってるのをせめて見れればなって思います。」

もう愛ですね。

愛おしさが溢れていますね。

この二人、なんとしてでも主役取ってほしいなと思いますね。

それぞれに主役を取れた人、取れなかった人の心の動きがわかりましたね。

スポンサーリンク

ドラ恋2の番組内ドラマ「恋する射的」設定にドキドキ

番組内ドラマでは温泉でキスするという大胆設定です。

見ているこっちがドキドキしてしまう。

ただの演技って言うなら普通にみれますが、まさきはもかに好意を持っているってのを知ってる分頑張れ!って応援する気持ちも芽生えてきますよね。

そしてそして、もかの色気たっぷりなこと。

これはみどころ満載です。実際に自分で見てみてください。最高!です!!マジで!!

二人のキスも濃厚でドキドキしますね。

まさき、演技うまいですね。

考えたら、彼も3回連続主演を取っています。

比べてみてわかりますが、やはり気持ちがこもっている分、今回のキスが一番いいなと思いますよ。

ドラ恋シーズン1,2,3それぞれのネタバレ,感想はこちら。


最後まで読んでくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索