ドラ恋3 第9話のネタバレ&感想 過去一のキスを選んだのは先生ではなく・・・

恋愛ドラマな恋がしたい3略して「ドラ恋3」の番組内ドラマの撮影が今回で5話まで進みました。

前回ルールを変更してまでペア決めをしたので、制裁が待っているという予告通り、今までにないことが起きました。

それは脚本がそうだったのか、先生の判断かはわかりませんが、それもまた新しい形で良かったのではないでしょうか?

そして今回、ペアを取って主演を演じるのは誰でしょうか?

スポンサーリンク

ペアで稽古をする

ユウタあすかのペア。

ユウタがどうしてルール変更までしてあんな発言をしたのか、あすかに伝えました。

ユウタ「俺はもう確実にあもんあすかにくるし、あすかあもんを選ぶし、俺が出来なくなるやん。絶対阻止しよって言うのが8割やったわけ。」

あすか「そういうことだったんだ」

と最初にわだかまりを取ってからの練習。

キスの練習は、離れているのにユウタ口をパクパクさせていました。

これが面白くて、MC陣も

「エアーパクパク」と大喜びでした。

タツヤれにゃのペア。

れにゃ「こうやってペア組むの初めてだから新鮮さを大事にしていけば大丈夫そうだね。」

これを聞いてニコニコしながら大きくうなずくタツヤです。

ラブラブの二人です。

もうこの二人は確定なんじゃないかなと思います。

チラッとあすかも映すところが罪な編集です。

可哀そう・・・あすか

あおいゆうがのペア。

安定感のある二人ですね

夫婦のような雰囲気です。

キスの練習シーンもだんだんと以前のようなぎこちなさが少しずつなくなってきているように思います。

自然な二人。

ここは見ていて安心します。

ただゆうがの気持ちが安定しているのか?

そして押しに弱そうなあおいなりちゃんからまたアピールされたら?

とかいろいろ考えるとどうなるかわからないところです。

れんなりペア

れん「前回芝居で惹かれたなりちゃんを選んだんだけど、今回は違うくて、俺の中では芝居以外の面でなりちゃんと取る主演にすごい俺の中ではすごい価値があると思ってって。」

なり「お願いします。リベンジしよう」

主役を決めるオーディションでまさかの事態!

今回の台本は大学の水泳部が舞台。

失恋し手スランプに陥った女子部員とその女子に想いを寄せる男子部員との恋物語。

ラストはシャワールームでの激しいキスシーン。

先生登場でついにペアを発表のシーンで、このように発表されました!

「前回のペア決めの際に私が提示したルールを皆さん全員の判ご断ということで覆しましたよね?

それが、どれほどのことかみなさんご理解なさっていることと思います。

ルールの中で演技をして、ルールの中で恋をする、肝に銘じておいてください。」

厳しくもしっかりとした言葉をまたみんなに改めて突き付けた先生です。

そこでもう一言。

「では、オーディションを始めたいと思いますが、今回ペアを組めなかったあもんさんはほかのメンバーの演技をしっかり見ていていただければと思います。

大丈夫ですか?」

と意味深な発言です。

あおいゆうがペアの演技。

ゆうがの演技がとても上手です。

スゴイ!!

コメント欄でもゆうがへの演技を絶賛する声が多数上がっていました。

あおいもこの役にハマっていてスゴイ良い感じです。

二人の作る雰囲気がとても良いなと思いました。

ただ、この二人を見守るなりが時々映るのですが、その表情が切なくてたまりません。

可哀そうになってきます。

タツヤれにゃの演技。

この二人は感情が入りやすいようにするためになのか、セリフに名前をいれてきます。

相手役の女子の名前を「あすか」にしてるのがもうなんとも言えないですね。

二人の雰囲気は良いですが、あすかは全然二人を直視できないようでした。

ユウタあすかの演技

あすかも名前を「れいな」と入れています。

名前を入れることで感情がグッと入るんでしょうね。

私は二人の演技はあまり見たいなと思えないかったです。

れんなりの演技

ここで名前を「なおみ」と入れていたので、MCの渡辺直美が「え?私?」と言ってるのがおかしくて仕方なかったです。

そしてれんの演技がイケメン風ではなくて3枚目の感じがしていて変わったなって思いました。

そうそう!れんくんこういう演技のほうが絶対に良いよ!!って思いました。

いよいよ主役の発表です。

澤田先生「今回の主役は・・・

私は決めません。

みなさんたちが話し合いの元、皆さんたち自身でルールを覆しましたよね。

ですから責任をもって結果も皆さんたちで決めていただきたいと思います。

主演を決めるのは

演技をずっと見ていたあもんさんです!!」

おおおおおおお!!!

そうくるか!!

面白い!!

面白い試み!!

「正直選ぶほうも辛いですよね」と先生はフォローしていましたが、本当に選ぶあもんは辛いと思います。

あもんが選んだ主演は

「僕は・・・

れんくんとなりちゃんのキスシーンが見たいです。

二人が主演を取ったドラマが見たいです。」

その表情ですが、あまり嬉しそうではなかったです。

複雑だったんでしょうね。

なりインタビュー

「前回の合宿から悩んで二人で戦ったなっていう感じがしたから幸せですね。

スゴイ良かった。れんくんの優しさが映るドラマだったら良いなと思う」

という優しい発言でした。

が、なりちゃんの視線が不自然と言うかスゴイ考えながら話しているなと思ってしまいました。

優しい言葉を探すような・・・

それがなりちゃんの優しさなのでしょうが、どうしても本心というよりかは彼を傷つけないしようと思っている感じでした。

れんインタビュー

「ついにキスか。

そう考えたらだいぶ緊張します。

役以外でもすごいなりさんに惹かれるところがあって、すごくそこは役づくりと言うかあれとして自分の中で素直な気持ちでお芝居が出来るので。

まぁなんか激しいキスになると思うので気持ちが溢れるようなキスにしたいなと思います。」

という言葉にMCの渡辺直美ちゃんも

「落ち着いて~」と言ってました。

れんくんの気持ちが爆発していましたね。

れにゃへの気持ちをきちんと整理してなりちゃんに惹かれていったんだなと思いました。

これがまた一方的にならなければ良いのですが・・・

あもんインタビュー

「僕がした選択に対して、僕自身は間違っていないとは思っているけど、一人一人はどう思っているのかわからないので。

でもれんくんが今までの芝居とは少し変わってたような、だいぶ変わってたような印象があって。

うーん、見たかった。二人がやってるところを見たかったです。」

あもんは絶対に間違っていないですよ。

れんの芝居は本当に見ていて変わったと思いました。

前回の合宿で先生にみんながみんなイケメンが好きなわけじゃない。

あなたにはあなたの良さがある。

あなたにしかできない役がある、って言われていましたからね。

れんくんに出来る演技をしたんじゃないかって私も感じ取りました。

きっと先生もこの二人を選んだんじゃないかなって思いましたよ。

脇役の配役発表

残りの配役の発表。

主役女優の元カレでキャプテン役があおい

そしてキャプテンの恋人役をゆうが

他のメンバーは全員水泳部員役で出演します。

この役はなりの気持ちが入る役どころですね。

こういう脇役はいつも主演の人の気持ちが一番動く配役にしてくるところが憎いですね。

そして予告でもありました、コーチ役の客演の発表です。

まんまと騙されました!!

まさかまさかの方が客演でした。

私の予想をはるかに超える人が登場しました。

こちらドラ恋3第9話の客演は誰?Twitterで大予想!でも書きましたが、それはないでしょ~なんて笑っていた人になったのですから、予想していた人スゴイですね。

しかもこのTwitterで、あもんが選ぶのもありとか書いてたから素晴らしい予想的中ですね。

私のグダグダ予想とは全然違います。

話それ過ぎましたが、客演のコーチは

以前ドラ恋のMCだった

前野朋哉さんです。

「岡山県出身、33歳、交際人数4人、今妻一人、子供二人、彼女いない歴5年です。

皆さんとお芝居できるのを楽しみにしております。

よろしくお願いします。」

としっかりした自己紹介したあとで、

「あっ!!これ言うの忘れてた。

みなさん、恋してますか?!」

といって場が一気に和みました。

すごい空気ががらりと変わったのがわかりました。

スゴイ存在感の前野朋哉さんです。

安心感半端ないです。

楽しい撮影になりそうです。

スポンサーリンク

ドラマの撮影が始まる

撮影に入ると監督から注意をされるれん

「最初が硬いよ。

ずごいぎこちないから自信もってやって。

微妙な演技全部映像映るから」と言われます。

そのあとに前野さん

れんくん、ちょっといい?」と声を掛けます。

「意識しちゃうとたぶんぎこちなくなっちゃう。

いろんなこと考えるとやってて気持ち悪くなると思うから。

現場で楽しむっていうのをすごい大事にはしているので、なんかそういう風に。

ぼくらはうまいキスできないじゃないですか。ふふふ

テジュみたいにいかないから。」

そういってれんくんの笑顔を引き出しました。

さすが。安心感しかない前野さん。

撮影前になりに声をかけるれん。

「ありがとね、なりちゃんだから乗り切れたし、芝居が楽しいと思えたから。

キスシーンも俺と組んで良かったって思ってもらえるような・・・」と言いながらうなずいて撮影に入りました。

ドラ恋3番組内ドラマ「タイム」

鬼コーチのしごきから始まる本ドラマ。

なりに「どんどんタイム落ちてるぞ、集中しろ!集中!!」

前野さんの迫真の演技です。

そこにゆうがが「どうした?調子悪い?」と声をかけます。

あおいも来て「休んでても良いんだぞ」といいますが、「ありがとうございます」と立ち去るなり

それを見守るれんです。

そのあと二人きりのプールサイド。

ガッツリ落ち込んでいるなり

それを優しい言葉で励ますれん

まさに優しいセリフはれんそのままでしたね。

その優しさに甘えるなり

そして「今気持ちを受け取って」と言ってシャワーを浴びているれんにキスするなり

過去一良い渡辺直美が大絶賛のキスシーンでした。

なりちゃんの演技がとても美しかったです。

そしてれんくんの演技も無理にかっこつけた演技ではなく等身大の演技で良かったですね。

撮影後れんインタビュー

「僕はほんとになりちゃんがいなかったら、合宿もほんと乗り切れたかどうかわからないし今回の主演こそやっぱりなりちゃんがいて僕が変われたと思ってるんで、素直に嬉しいし、気になってるというか、もう好きです。

一番好きなのはなりさんです。」

なりインタビュー

れんくんは想像以上に優しい人でした。

本当に優しい、最後まで気を遣ってくれる」

でも今一番気になる人は?という問いに対しては

「今一番気になる人はあおいくんです」と即答。

キスで気持ちは動きませんでした。

そしてまた大粒の涙をこぼしました。

この涙は何の涙だったんでしょうか。

あおいへの想いがあふれたんでしょうか?

もう残すところ数話です。

番組内ドラマを撮るチャンスはあと1回。

早っ!!

なんか全然気持ちが整理つかないまま終わりを迎えそうな予感です。

今回のドラ恋はなかなか気持ちの矢印がうまく向かない感じでもどかしいです。

これからどうなるんでしょうね。

やはり原因は男子5人と女子4人という人数にあるのかもしれません。

どうしても不完全燃焼の人が出てくる。

その結ばれない葛藤や気持ちが多いので見ていても納得いかない場面がいっぱいあるのかもしれませんね。

やっぱり私はハッピーエンドがいいや。

そう思ってしまいました。

前回のりくミケくらいしっくりくる見ていて落ち着くカップルの誕生があれば嬉しいのですが・・・どうなるでしょうね。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索