三重県熊野の人気スポット 花の窟神社に行ってきました!

スポンサーリンク

熊野古道でもお馴染みの三重県熊野市。 

歴史も深く、観光名所としても鬼ヶ城、紀宝町獅子岩なども有名で、訪れる人を雄大な景色でむかえてくれます。

今日はそんな熊野市が誇る名所の一つ、花の窟神社に行ってきました。

いつもは花の窟神社に行こうとしても生理になってしまったりと、タイミングがなかなか合わずに花の窟の道の駅でお土産買うだけでしたが今回は初めて参拝してきました。

花の窟(はなのいわや)神社って?

花の窟は、神々の母である伊弉冊尊(イザナミノミコト)が火神・軻遇突智尊(カグツチノミコト)を産み、灼かれて亡くなった後に葬られた御陵です。平成16年7月に花の窟を含む「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産に登録されました。
花窟神社(花の窟神社)は日本書紀にも記されている日本最古の神社といわれており、古来からの聖地として今に続く信仰はあつく、全国から多くの参拝者がお越しになります。花の窟では年2回、例大祭を行います。神々に舞を奉納し、日本一長いともいわれております約170メートルの大綱を岩窟上45メートル程の高さの御神体から境内南隅の松の御神木にわたします。この「御綱掛け神事」は、太古の昔から行われており「三重県無形文化指定」されています。
出展:花の窟神社公式サイト

このように世界遺産にも登録され、日本中から、また世界の方にも人気のある神社です。 
鳥居をくぐり参道に一歩足を踏み入れると、生い茂る木々に囲まれて涼しく清々しい空気が立ちこめます。

敏感な人はこの道に入ると身体の変化を感じるでしょうね。

残念ながら私はそんな力はございません。

ただ気分的に背筋がピンと伸びる感じはします。

花の窟神社には社殿がなく、高さ70メートルに及ぶ岩壁が御神体になっています。

その御神体の壮大さにただ圧倒されます。

子どもにも正しいお参りの仕方を伝える

正しいお参りをする人、憧れます。


ただの観光名所ではなく、やはり神社は神々の祀られた言わば聖地です。

その場所を汚すことなく、参らせて頂くという気持ちでお参りしたいです。
娘はしっかりと大人のやる事を見ていて、鳥居をくぐる時は一礼し、神前では手を合わせお参りしています。

そしてお願い事を声を出してします。

「いつもありがとうございます。守ってくれてありがとうございます。みんなが健康で長生きします。」

このような内容の事を手を合わせて言っています。

私利私欲にまみれている私とは違う純粋なお願い事でそりゃ神様も聞いてくれるわなって感じです。

教えるというより逆に教えられました。

まとめ

花の窟神社には神々の母であるイザナミノミコトが祀られている巨大な岩壁の御神体があります。

その御神体にそっと触れると力を頂いてるような気持ちになりますよ。

それから子どもにも正しいお参りを教えたいのであればまずは大人がその姿勢を見せることが大切ですね。

見よう見まねで覚えて言って、その意味を伝える事できちんとお参りをできる人になれば良いなと思います。

スポンサーリンク
ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索