いきなりステーキ瀬戸店行ってきた!初めては注文迷う?!

今、最も勢いのあるステーキのお店はテレビでもおなじみの「いきなりステーキ」でしょうね。

我が家のご近所にも「いきなりステーキ瀬戸店」が2018年8月29日にオープンしまして、毎日仕事でそのそばを通るとお昼11時を過ぎたころからめちゃくちゃいい匂いが漂いだすので気になるお店でした。

先日行ってきましたので、そのことを書きたいと思います。

本当にグルメレポを書くのが失格だとつくづく反省の毎日です。

もうね、始めに謝っておきます。

どうしても食欲に勝てず、いっつも写真を撮るのを忘れるのです。

もう最悪です。

そしてせっかく書こうと思った記事をあげずにきたこと数知れず…

今回も書こうかどうしようか迷いましたが、ちょっと注文方法とかわかりにくいなと思ったことがあったので初めて行く人には予習がてら見てもらったらいいかなと思って書きました。

何回も行ったことある人にとっては、何の役にも立たないゴミ情報だと思います。すみません。

スポンサーリンク

「いきなりステーキ瀬戸店」初日は開店前から行列!!

初日も仕事で通ったのですが、やはり開店前人がスゴイ並んでいましたよ。

その日以降は開店前に並ぶほどではありませんが、開店してからしばらくしたら駐車場がいっぱいで何台か駐車場待ちをする車の列がありました。

オープンして3週間たった今はかなり落ち着いてきていますね。

ただランチタイムの12時くらいは結構混み合っているようです。

そんな中きっと土日はまだまだ混雑するだろうなと思い、平日の夕方17時前に行ってきました。

早い時間だったので空いていてよかったですよ。

「いきなりステーキ瀬戸店」は全席椅子があって安心!

いきなりステーキって立ち食いスタイルのお店と言うイメージがありましたが、出店する店舗によってそのスタイルも変えているようですね。

そりゃそうだ。

そうじゃないと絶対廃れる。

瀬戸で立ち食いとかまず流行らないだろうし、それを貫いたら間違いなく一番初めに店をたたむことになるだろうなと思っていました。

全席テーブル席で椅子があります。

その椅子もちょっとカフェスタイルの高い椅子が多いですが、子連れや年配の方には低い椅子席もありましたので安心ですね。

もう瀬戸店にいたっては全席低い椅子でも良かったんじゃないかって思いますが、カフェスタイルの高い椅子の方がテーブルをたくさん置けるのかな?ちょっとわかりませんが、どっちもあるお店だったので、その点で気なる方は問題なしです。

ただね、一つのテーブルに真ん中に高めの仕切りがあってその上にドレッシングや調味料がたくさん置いてあって一緒に行っても座ってしまうと顔も見えないし隔たりを感じます。

これが目の前にド~ンと威圧感がありますよ。

1人で行けばテーブルの仕切りのこちらと向こうで完全別テーブルとしても行けるようにという事なんでしょうが、ちょっとファミリー向けではないかもしれませんね。

まぁ娘を隣に座らせて向こう側は旦那なんで良いんですけどね、でも違う部位を注文してシェアしようと思ったのでちょっと壁のように隔たる調味料が邪魔でした(笑)

まずは席に通されてお肉以外のサラダやご飯を注文!

ここでは迷うことはありません。

サラダがいるのかどうか、ごはんの量を決め、ドリンクなどもここで注文します。

そのあと番号札をもらいそれをもってカット場という場所へいざ出陣!!

まだまだ人が少ない時間帯だから良かったですが、これめちゃくちゃ並んでた時だったら嫌ですね。

だってとってもわかりにくいです。

肉の種類によってどんな味なのか気になりません?!

そこのところをもうちょっとわかりやすく掲示してくれると思っています。

「いきなりステーキ」注文方法がわかりにくい?!

私が感じたのは注文をとても悩んでしまったことです。

って言うか、どれが良いのか正直よくわからんかったです。

ゆっくり吟味したいものの後ろから人がいるとなんかね、焦る。

結局どれでもいいやってあんまり考えずに選びました。

旦那とは違うもの頼んでシェアしようと。

注文する部位によってその値段が違います。

リブロースステーキ       6.9円/1g

トップリブステーキ       7.3円/1g

ミドルリブステーキ       6.3円/1g

ヒレステーキ          9円/1g

CABアンガスサーロインステーキ 8.2円/1g

国産牛リブロースステーキ    11円/1g

う~ん、どれが良いの?!全くわからん。

値段だけで選んでしまいそうですよね。

ステーキだけでこんなに種類があるからとても迷うという人、いると思います。

一言でわかりやすく表現してくれたら嬉しいですよね。

例えば

「一番柔らかい!」とか

「油少なくあっさり!」とか

「質より量の人はこれ!」とか・・・ね。

絶対わかりやすいですよ。

注文方法でドキドキしそうなお店って案外入りにくいんですよね。

おばちゃんだけか?

1回行けばなんてことないんでしょうが、やっぱり人が後ろに並んでいると悩んでいるのも申し訳なく感じちゃいますね。

リブロースステーキは赤身と脂身のバランスが良くて肉質はきめ細やかで柔らかいとのこと。

300gからです。

トップリブステーキはリブロースステーキの美味しい部分を厚切りで食べられます。だから高いのか・・・

200gからカット可能です。

ミドルリブステーキはトップリブの残った部分にあるってことでした。こちらも200gからカット可能です。

旦那がトップリブの400g、私がミドルリブステーキの300gを頼んで娘とシェアしました。お肉を300gも食べられるのか不安だったのですが、全然いけました!

それにしても厚みがスゴイです。

写真撮るのを忘れて、途中まで切ってから撮影しました。

ダメだこりゃ。

トップリブの写真は・・・ごめんなさい。撮ってません。

私の個人的感想ですが、リブロースステーキにするんだった。次回は是非!!

スポンサーリンク

行けば行くほどお得な肉マイレージカードのシステムって?!

その名の通り、いっぱい食べると肉マイレージポイントが貯まって合計で3㎏食べると1000円クーポンがもらえて、アプリ登録すれば誕生日月にはリブロース300gももらえます。

アプリ内で肉マネーチャージも出来るようで、毎月29日(ニクの日)に10.000円チャージすると、1500円ボーナスをもらえるようです。

スゴイ良い戦略ですね。

客をどんどんファン化していく戦略!

肉マイレージカードを作るのは通常100円かかりますが、オープン記念で無料で作れました。

いつまで無料で作れるのかな?今月かな?ちょっと情報がなくてすみません。

もしまた行きたいと思ったら作っても良いかもしれませんね。

この戦略は若い人、肉好きの心をガッチリつかんでいるようですね。

お肉は結構おいしかったので、また行きたいと思います。

今度は迷わず行けそうです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索