大阪ミシュランガイドのたこ焼き店が消えた?!13店舗から1店舗掲載の理由は?!

2018年10月26日のめざましテレビでも放送されていましたが2019年のミシュランガイドにそれまでに掲載されていたたこ焼き店が激減しているとのことでした。

こちらにも記事になっています。

阪「たこ焼き店」激震 ミシュラン掲載13店→1店に激減

この記事ではミシュランガイド編集部は通常、掲載や不掲載、星の数の増減などの理由を公表しない。とされミシュランガイド広報事務局は「お伝えできることはない」。と掲載されています。

めざましテレビではこの理由を次のように説明していました。

スポンサーリンク

たこ焼き店がミシュランガイド2019から消えた理由は?!

ミシュランのストリートフードという考え方そのものをいったん考え直したいという事で一旦保留になったようです。

 “消えた”12店はこれまで「ストリートフード(地元を代表するローカルフード)」という特集ページに掲載されていたが、「2019」版ではこの特集ページ自体がなくなった。

産経新聞

このストリートフードのページがなくなったことで、そもそも食べ歩きが基本の「たこやき」はほとんどのお店が店舗の中で食べるというスタイルではないために掲載が見合されたようです。

決して味が落ちたとか質が落ちたというわけではないので、美味しいものを食べたくてどこが良いかのオススメを知りたい方は以前の掲載店を利用するのは大いに『アリ』だと思います。

ミシュランガイド2019に掲載されているたった一つのたこ焼き店「たこりき」

13店舗あったお店のうちミシュランガイド2019に残った店舗はたった一店舗。

そのお店が「たこりき」というお店。

食べログを見てみると・・・

なるほどな、ミシュランに残るわなという感じです。

ワチャワチャしたところで立ち食いするというのではなくて、ちょっと高級なたこ焼き屋さんと言った感じです。

ワインやシャンパンと一緒にいただくというような雰囲気です。

カウンターではありますが、店内で落ち着いて食べることが出来るお店になっているようです。

選ばれたお店と選ばれなかったお店の違いはしっかりと店内で食べられるかどうかの違いなのかもしれませんね。

食べログ たこりき

スポンサーリンク

たこ焼き店の掲載見直しの理由は他にも

ミシュランガイドに掲載されていたたこ焼き店は「ミナミ周辺地域」に限られていたようです。

より広範囲にわたり調査、評価すべきということも相まってたこ焼き店の掲載をいったん保留にすることにしたようです。

大阪にはいろんなところでめちゃくちゃ美味しいたこ焼きやさんがありますもんね。

うちの近所の醤油ベースのたこ焼き屋さんもめちゃ美味しいし・・・ミシュラン顔負けやでって大阪人ならきっと近所の好きはお店がきっとあるはずです。

ミシュランガイドの基準は

・店の内装
・テーブルウェア
・快適さ

料理の評価の基準は、以下の5つ。

・食材
・火加減
・味
・シェフの個性
・安定性(どの料理もおいしいか、いつ行ってもおいしいか)

などの厳しい審査があるようです。

この基準を見てみるとやはり味はさておきストリートフードという点に関して基準と違うのでは?と思う声があるのもわかりますね。

来年以降どうなるかはまだわかりませんが、これまで3年連続で掲載されていたお店なんかはとても残念だろうなと思います。

私もそのうちの一つの「甲賀流」は大好きなお店ですし、ちょっと残念です。

まぁミシュランガイドに載ろうと載るまいと関係なくうまい店はうまい!!ですよね。

もうミシュランガイドさんには別冊でストリートフードだけの特集本をこの際作ってみては?!と提案したいですね。

きっと需要もかなり大きいんじゃないでしょうか?

安くて美味しくて感動の味を提供してくれるお店を求める人、きっとたくさんいると思いますけどね。

ミシュランガイドに掲載されたお店とあれば一度行ってみたいと思いますね。

今年は東海3県のミシュランガイドも出るようですので、愛知県に住む私としても楽しみです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索