雛飾り片付け遅れると1日1年婚期が遅くなる?!恐ろしい話知ってる?!

雛人形、もう片付け終わりましたか?!

我が家は3月5日に片付け終わりました。

いつもぐうたらな私が早々(でもないけど)片付けた理由は、雛飾りの片づけが1日遅れると1年婚期が遅くなる~とか職場の人に脅されてサッサと片付けました。

雛人形の片づけが遅くなると確かに婚期が遅くなるというのは聞いたことがあるのですが、それってホントなんだろうか?

どっから出た話なんだろうか?といろいろ気になり調べてみました。

記事を書くのが遅すぎますが、まだひな人形片付けてないって人は必見です!!

スポンサーリンク

雛人形を片付けるのが遅れると婚期が遅れるという言い伝えは根拠なし?!

雛人形は子どもの悪い厄を一手に引き受けてくれると言われています。

その厄を引き受けてくれた雛人形をいつまでも出しておくのは受けた厄がまたまわってくるので早く片付けたほうが良いと言われる説があります。

でもですよ、私的にはその厄をたっぷり吸い取ったお人形を厄払いもしないでそのまま片付けるの?ということに疑問を感じてしまします。

そのことについてはどんだけ調べても出てくることはありません。

ただひな祭りの由来を調べてみると、昔は草や藁などで人形(ひとがた)で体をなでて、穢れを水に流して清めることで「流し雛」と言われるような風習があったそうです。

厄を流すというなら理にかなっているというかなるほどなと思うんですが、それがいつしか時代とともに、水に流すものから人形作りの技術の進化で飾るものへと変化したのです。

もう一つは情操教育の面から、いつまでもひな人形を片付けない、だらしないままだと素敵な女性になれませんよという戒めをこめてそう語り継がれたようですね。

たしかに片付けはとても重要で生きていくうえで絶対に備えておいたほうが良いスキルです。

ただこれにつきましても今の時代は女の子だから片付けしなくちゃいけないとかそういうのはもうナンセンスですよね。

男も片付けくらいしろよって思いますもんね。

だから結論から言って、ひな人形の片づけが遅れると婚期が遅くなる、ましてや1日1年遅れるなんて言うのは迷信も良いところです。

では雛人形いつ片付けるのが正解なのでしょうか?

いくら迷信とはいえいつまでも飾っておくものでもないでしょうし、目安となる日にちなどはあるのでしょうか?

雛人形いつ片付けるのが正解?!

2019年の旧暦のひな祭りは2019年4月7日です。

地域によってはその日まで雛人形を飾っている方もいらっしゃるのです。

なので慌てずに、ゆっくりと丁寧に片付けることが大事ですね。

すぐに片付けなくても婚期が遅れるなんてことはないので、3月4日から旧歴ひな祭りの4月7日までの晴天の日に片付けるのが一番のおススメです。

ポイントはよく晴れた日です。

雨の日に片付けると、雛人形が湿気を吸ってそのまま片付けたら翌年出した時に、カビが生えていたなんてことになりかねません。

それを避けるためにはやはり湿度の低いカラっと晴れている日に片付けてくださいね。

日にちよりも天気を重要視してなるべく早めに片付けましょう。

雛人形すぐに片付けられないときの裏技?後ろ向きにさせる?

これも聞いたことのある話ですね。

後ろ向きにすることで一旦休んでもらうという意味合いがあると。

う~ん。

気休め?!とか根拠ない迷信のようなものですね。

それでもそれをすることで飾っている人の気持ちの負担が軽くなるというなら意味はあるのだと思います。

だからと言って片付けたことにはならないので、後ろ向きにしたからと安心しないでくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

雛人形を片付けそびれても大丈夫!!

婚期が1日につき1年遅れるなんて言うのは迷信に過ぎません。

それよりも慌てて雨の日に片付けるなんてことのないように、大事なお人形のためにも晴れた日にしっかりと子供と一緒に片付ける時間を作ってくださいね。

7段飾りなどの立派な雛人形がおいてあるご家庭は雛人形を飾るところから片付けるところまでが一大イベントですね。

子供にもその様子を見せて一緒にやっていくことで大事なこと(片付けや物を大切にする気持ちなど)を一緒に教えるいい機会になりますね。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索