腸内細菌を調べるためにウンログに質問したら目から鱗の新事実と神対応!

以前に自分の腸内環境が気になるので腸内細菌を調べたいと思い、自分なりに気になる会社のサービスについて記事を書きました自分の腸内細菌を調べるには?!腸活に役立ててより健康に!

ここで「マイキンソー」と「ウンログ」のどちらかにしようと思っていたのですが、どうしても「ウンログ」で気になる点があったので、直接問い合わせホームから気になることを質問してみました。

すると、とても丁寧な答えが返ってきました。

その答えには目から鱗がポロポロと落ちまくり、知らなかった事実がいっぱいでとても勉強になりました。

ここでそのやりとりと、「ウンログ」という会社の神対応ぶりを公開したいと思います。

スポンサーリンク

腸内細菌を調べるために「ウンログ」に質問したこと

私がとても気になったのが、「ウンログ」サイトにたくさんの人が腸内細菌を調べたデータが公開されているんですね。

良く知る人で言うならばホリエモンこと堀江貴文さんやおかあさんといっしょの4代目ダンスのおねえさんのいとうまゆさんが検査をされて、対談形式でその結果を公開されていました。

今の研究では解明不能!? ホリエモンこと堀江貴文さんの特殊な腸内フローラとは

「おかあさんといっしょ」4 代目ダンスのおねえさん・いとうまゆさんの腸内フローラを検査したよ

この二つの結果を見てもらってわかると思うんですが、私がとても引っかかったのが、バランスかく乱菌がお二方とも「0」なんですよ。

何この結果?

バランスかく乱菌って何のことだよ。

いわゆる一種の悪玉菌ってやつじゃないんかい?

それだったら普通「0」とかおかしくない?

なにそれ~。

そんな腸内環境を調べるのに善玉菌だけ知ったってしょうがないんだよ。

きれいごとは良いんだよ。

どうなってんだよ。

って若干いや、かなりのブラックな私が顔を出しましてすごく気になりだして仕方なくて、もう気になって嫌ならもう一社の方で検査すりゃー良いだけの話なんですが、聞いてみないと気がすまなくなったので、公式ホームページから「ウンログ」にお問い合わせをしてみたんです。

もちろんこんなブラックな私は包み隠してきちんと聞いてみました。

以下私がウンログさんに送ったメール内容です。

腸内環境を調べる事を検討しています。

ひとつ気になることがあるのですが、バランスかく乱菌とはどう言ったものなんでしょうか?

いわゆる世間でいう悪玉菌?とは違いますよね?

腸内細菌のバランスは善玉菌:悪玉菌:日和見菌が2:1:7と言われてると思うのですが、こちらの検査ではそう言う感じのバランスにはならない人が多いようでしたので。

それがとても気になりました。

自分としては悪玉菌もどれくらいいるのか知りたくて、またこれからヨーグルトなどの乳酸菌やビフィズス菌を毎日取り続けた後にもう一度検査をしてその比較をして悪玉菌が減って善玉菌が増えるのかどうかも見たいと考えています。

ですので、もし仮にバランスかく乱菌が限りなく0に近いならば変化を見ることが出来るのかな?と思いまして。

そこのところがちょっと不透明だったので教えてください。

よろしくお願いいたします。

この質問の答えに私は目から鱗がぽろぽろ落ちまくって目まで落ちてしまうんじゃないかというくらいビックリな事実を知ることになります。

目から鱗の真実とは?!

私の質問にたいして、ウンログ事務局の方がとても丁寧な回答をくださいました。

こんにちは

ウンログ事務局です。

お問い合わせありがとうございます。

質問いただきました件、以下に回答いたします。

>ひとつ気になることがあるのですが、バランスかく乱菌とはどう言ったものなんでしょうか?
>いわゆる世間でいう悪玉菌?とは違いますよね?

バランス撹乱菌は、お腹のバランスを乱す菌の総称です。

一般的に使われる「悪玉菌」を再分類しています。ほとんどの方が0%です。

例えば、コプリ菌、ムシラギノサ菌、パラインフルエンザ菌、サルモネラ菌、緑膿菌、黄色ブドウ球菌などです。

世間でいう悪玉菌というのは、悪い働きをする菌の総称で言われていて、

化学的な根拠に基づいて、明確な分類はされていないかと思います。

例えば、過去、クロストリジウム菌が悪玉菌という解釈をされていたことがあるようですが、

同じクロストリジウムの中でも悪いものと良いものと分かれます。

こちらの記事はご参考になるかと思います。

http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/16/051200024/051200010/

えー知らなかった!!

って言うか悪玉菌の種類さえそんなに知らないですよ。

クロストリジウム??悪いのと良いのがいるのね。一つ勉強になりました!

そしてご丁寧に参考の記事まで貼ってくださっています。

何と素敵!!

そしてまだ続きます。

>腸内細菌のバランスは善玉菌:悪玉菌:日和見菌が2:1:7と言われてると思うのですが、こちらの検査ではそう言う感じのバランスにはならない人が多いようでしたので。
>それがとても気になりました。

上記の話は、過去のものとなってきていまして、科学の進化で、具体的な菌種が特定できるようになりました。

今はそれらの菌種の働きを明らかにする研究が進んでおります。

善玉、悪玉、日和見の分類自体されなくなってきています。

マジで?!?!

知らんかった~。

ほんま知らんかった~。

いまだにこの説信じてた~。

何を根拠に?

だって私ら腸内なんて見ること出来んのですよ。

だからテレビやインターネットで調べるといろんなところにその割合を書いているからそうなんだってめっちゃ信じこんでた!!

でもいっぱい検体を調べて腸内環境を調べてる人からしたらいろいろわかってきてるだろうし、人の腸内環境を善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つに分類できるほど単純な話じゃないよなって思いますもんね。<

すごい納得!!

腑に落ちました。

そしてまだ続きます。

>自分としては悪玉菌もどれくらいいるのか知りたくて、またこれからヨーグルトなどの乳酸菌やビフィズス菌を毎日取り続けた後にもう一度検査をしてその比較をして悪玉菌が減って善玉菌が増えるのかどうかも見たいと考えています。

>ですので、もし仮にバランスかく乱菌が限りなく0に近いならば変化を見ることが出来るのかな?と思いまして。

当社の腸内フローラ検査では、一人当たり、数百種類の菌種が検出されます。

それらの菌種を見ていただき、何か摂取された前後で比較していただくことができます。

上記で記しました、善玉菌が増えた減ったというのではなく、もっと具体的に、ビフィズス菌がXX%増えた減った等という分析をすることができます。
(もちろん、悪玉菌はこの菌種とこの菌種と、、、の合計であるという定義をお持ちでしたら、それの合計値を計算していただければ、目的は果たしていただけます。)

ご参考になりましたでしょうか。

そのほか、ご不明点などありましたら、お問い合わせいただければと思います。

よろしくお願いします。

もう完敗!!

すごい!の一言!!

めちゃくちゃわかりやすい!!

全菌種がわかるんですよ!!

調べて知ってたはずだけど、これってホント凄いことですよ。

だいたいは菌の構成比率とかざっくりしかわからないのが多い中、調べて分かった菌種全部を公開してもらえるって本当にすごい事なんですよね。

それを見比べることで、新しく取り入れた腸活がどれだけの変化をもたらしてくれたのか、一目瞭然でわかりますね。

ウンログはやり取りが神対応!

この後も実はやり取りが続きまして、ウンログの腸内フローラ検査についてもう少し詳しくおしえてくださいました。

菌種まで表示している

先ほども書きましたように、ウンログではすべての菌種が表示されます。

検査手法によっては菌種まで特定されないこともあります。

菌種が特定されても表示されるかどうかは各社異なります。

他人との比較をしている

統計情報として、被験者に公開されます。

腸内細菌以外のデーターとの相関分析をしている

腸内細菌検査と一緒に、生活習慣アンケートを実施。
例えば、野菜食が多い人は**菌が多かった。など、今後レポートに表示予定。

私のちょっとした「悪玉菌どうなってんだよ?」っていう些細な疑問からこんなに丁寧で親切な回答が得られるなんてほんと神対応!!

すごいわかりやすい文面で、参考文献まで載せていただいてすごく信頼できる会社だなと思いました。

スポンサーリンク

腸内細菌を調べるならば「ウンログ」に決まり!

もう心は決まりましたよ。

腸内細菌を調べるなら「ウンログ」が絶対にオススメです。

私も実際利用したわけではないですが、これから腸内細菌を調べるならば「ウンログ」に決まりです。

さらにお得情報まで教えてくださったのです!!

絵が可愛いのと、毎回ウンチを記録したらくれる「ウンメッセージ」と辛口ダイエット格言が面白いアプリの「ウンログ」を利用していることを伝えたんですね。

すると

ウンログアプリを利用していただけると、定期的に、無料で検査を受けることができる
モニター案件もありますので、ぜひ機会ありましたらご応募ください。

なんですって!!

無料?!

うそーん!!

めっちゃ嬉しいやん!

やりたい!やりた~い!

検査することを前提にお話ししてる人にこんな優しい事教えてくれる人いる?

買う言うてる人に、無料のあるって教えてくれるってほんまどこまで優しいんだよ。

めっちゃ神やんかぁ~!!

私ほんまこの会社大好きになってもた~。

ということで、腸内細菌を調べるならば、「ウンログ」の腸内フローラ検査に決まりです!!

また調べたときには詳しくご紹介させていただきますので、しばしお待ちくださいませ。

ウンログ 腸内フローラ検査

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索