日焼け止めのSPFとPAの意味を知ってばっちりケアしましょう!

急に暖かくなり、降り注ぐ太陽の光がまぶしく、紫外線の量が増え日焼けが気になる季節になってきました。

そこで活躍するのが、日焼け止め。

よくあるSPFやPAの意味きちんとわかっていますか?

なんとなくSPFが多い方がしっかり防げているような気がして選んでいるって人いるのではないでしょうか?

正しく理解して自分のお肌に最適の日焼け止めを利用して紫外線からしっかりとお肌を守りましょう!!

少しでもわかりやすいまとめてみようと思います。

スポンサーリンク

紫外線は3種類ある!

光の波長により、UV‐A、UV-B、UV-Cと3種類に分かれます。

UV-Aは肌の表皮を突き進み、真皮にまで達して活性酸素を作り出します。

シワやたるみの原因になります。

窓ガラスや雲もすり抜けるので、室内にいたり、曇りの日でも油断してたら・・・そう思うとちょっと怖いですね。

UV-Bは表皮を炎症(やけど)させ、肌を赤くさせます。

過剰なメラニン色素をつくり、やがて色素沈着して、シミ・ソバカスの原因になります。

健康被害で言うと皮膚がんの原因にもなります。

UV-Cはオゾン層に吸収され地上に届くことはなかったのですが、近年オゾン層の破壊で人体への影響が今後でてくるかもしれません。

現時点では日焼け止めの対策として出ている商品はUV-AとUV-Bをカットする商品になります。

PAはUV-Aをカット!

PAとはプロテクションブレイドオブUVA(protection Grade of UVA)の略で主にUV-A波をカットしてくれます。

強い方からPA++++、+++、++、+と4段階になりその効果の高さを示します。

PA++++ 極めて効果が高い
PA+++ 非常に効果がある
PA++ かなり効果がある
PA+ 効果がある

先ほども書きましたが、UV-A波はシワ、たるみの原因になります。また人体に届く95%がこのUV-A波で効果は弱い代わりに総量が多いのでしっかりと日焼け止めを使って予防するが大事ですね!!

SPFはUV-Bをカット!

SPFとはサン・プロテクション・ファクター(Sun protection factor)の略で主にUV-B波をカットしてくれます。

SPFの後についている数字、あれが高いほど効果が高そう!!って思ってついついSPFの高い数字のものを選んでいる方もいるのではないでしょうか?

あの数字は何かというと、何もつけていない肌に比べて日焼けが始まるまでどれくらい伸ばすことができるかの目安です。

SPF1が20分と言われていますので、SPF30の商品は20分×30=600分

実に10時間です。

ですので、SPF50は・・・20分×50=1000分 約16時間半です。

SPFとPAの意味を知れば自分の肌と生活習慣にあったものを選ぶだけ!

これまでの説明でSPFとPAのことを少しわかっていただけましたか?

そうすればおのずとどういう商品が良いのか自分のライフスタイルとお肌に合った商品が見つけられると思います。

ただ、SPFの数値の高いものが効果的だと感じてしまいそうになりますが、実はそうではないですよね。

私のようにずっと外仕事だったり、アウトドアで一日中外にいるっていう時はSPF50の16時間半カットするものも必要かもしれませんが、日常生活でお洗濯を干したり、ちょっとお買い物に出かけたりするくらいの時はSPF30のもので十分だと思います。

紫外線をしっかりカットしてくれる分、SPFやPAの高い商品は肌に負担がかかります。

それにSPFが高いもので持続可能な時間が長くても塗り直しが必要とも言われています。

それならば尚更、必要以上の高い数字のものを選んで肌のダメージを与えるのは良くないので、しっかりとそのあたりを考えて選んでいただきたいです。

更に日焼け止めには、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤があると言われています。

こちらもまたメリット、デメリットがありますのでまた別記事に書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

肌の老化の原因は8割が太陽光?!

お肌の老化は加齢よりも太陽光による光老化が8割にもなると言われています。

ここで有名な写真をみてください。

この写真は28年間トラックドライバーとして働いていた男性の顔写真です。

テレビなどでも紹介されていましたので、ご覧になったことがある方も多いと思います。

左ハンドルなので、窓を突き抜けた紫外線を28年間浴びていたために顔の左側にシミ、シワ、たるみといった老化現象が顕著にみられます。

特にシワがくっきりと刻まれていますね。

シワと言えばUV-A波でしたね。

このUV-A波は窓ガラスや雲もすり抜け、室内にいても曇りの日でもじわじわと真皮に到達してゆっくりとでも確実に老化をすすめていくのがこの写真を見るとよくわかると思います。

ガッツリ外に出て海水浴に行くなどレジャーの時は忘れずに日焼け止めを塗るでしょう。

もちろんそれも大事ですが、それと同じくらい今のこの時期(3月)くらいからしっかりと毎日自分にあった日焼け止めをを利用して予防することが大事なんだと思います。

SPFとPAの意味を知って自分に合った商品を是非見つけてくださいね。

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索