ヤクルトの日焼け止めは散乱剤で肌に優しく乳酸菌はっ酵エキスで保湿もバッチリ!

日焼け止めについては詳しくはこちら日焼け止めのSPFとPAの意味を知ってばっちりケアしましょう!
日焼け止めSPF50を使って肌荒れ⁈考えられる原因と対処法に書きましたが、ヤクルトも日焼け止めを販売しています。

4種類あってそれぞれ用途とオススメしたい人が違いますので、詳しくご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

ヤクルトの日焼け止めは4種類!あなたにオススメの日焼け止めはどれ?

ヤクルトでは日焼け止めが4種類販売しています。

  1. ポッシュママ ファミリーサンスクリーン
  2. デイリー サンスクリーンS.E
  3. アウトドア サンスクリーンS.E(リキッド)
  4. アウトドア サンスクリーンS.E(クリーム)

それぞれの特徴とどんな人にオススメなのか、どういった使用感なのか詳しくご紹介していきます。

1.ポッシュママ ファミリーサンスクリーン

SPF30、PA ++

乳酸菌はっ酵エキス配合

高分子ヒアルロンサン配合

こちらの商品は石けん、ボディソープで落ちますので子どもやお化粧をしない男性にオススメです。

4つの商品の中で1番白浮きするので、少量ずつ塗り伸ばして馴染ませて重ねて塗るようにしてください。

最初に大量に出して塗ってしまうと白くなり過ぎてビックリです!

リキッドなんですが粘度がありあまり伸びも良くないのが正直な使用感です。

でも肌には優しい散乱剤の特徴でもあるのでこんなもんかなとも思います。

春になり日差しが強くなり出して、娘に塗るようにしています。

ヤクルトのお客さまにキチンとケアしてあげると将来感謝されるよとアドバイスもらいました(笑)

商品をご紹介しておいて逆にちゃんとやるように言われちゃいました。

そのお客さまはとても色が白くて綺麗なのでしっかりとケアされているようで、私のサボりがちな手の日焼けを見て冬でもちゃんと日焼け止め塗らなきゃダメ!手袋して!!と。

気をつけます!!

ポッシュママ ファミリーサンスクリーン

2.デイリー サンスクリーンS.E

SPF30、PA++。

乳酸菌はっ酵エキス配合

高分子ヒアルロン酸配合

お買い物、お散歩、洗濯物を干すくらいの日常生活で紫外線を浴びるくらいでしたら、この商品がピッタリです!

化粧下地としても使用でき、塗るとツヤと透明感が出ますので肌色が明るくなります。

伸びもよくサラッとしています。

乳酸菌はっ酵エキス配合ですので、保湿に優れており日焼け止め特有のパサパサ感は全くありません。

クリームタイプですのでお肌にピッタリフィットします。

白色ですので、全身に使っていただけます。

ただ落とすのはクレンジングが必要になりますので普段お化粧をする女性にオススメですね。

私はお客さまで普段は外にそんなに出ないという方にはこちらをオススメしています。

デイリーサンスクリーンS.E

3.アウトドア サンスクリーS.E(リキッド)

SPF50+、PA ++++

乳酸菌はっ酵エキス配合

高分子ヒアルロン酸配合

リキッドタイプですのサラサラでとても伸びが良いです。

半袖で腕に塗る時などにサーっと塗るのに適しています。

広範囲塗るのに便利ですね。

色は白色で、匂いはありません。

こちらもお化粧下地に使用できます。

SPF50ですので、外仕事の方や海や山などのレジャーに出かける時など炎天下にさらされる時間が長い時に使用することをオススメ致します。

アウトドア サンスクリーS.E(リキッド)

4.アウトドア サンスクリーンS.E(クリーム)

SPF50+、PA ++++

乳酸菌はっ酵エキス配合

高分子ヒアルロン酸配合

クリームタイプの日焼け止めですので、ピッタリフィットします。

肌色がうっすら着いています。

他の3商品は無臭ですが、このクリームタイプのアウトドアは唯一香りがあります。

この香りが苦手という方もいらっしゃいますが、塗っているとすぐにその匂いは気にならなくなります。

アウトドア サンスクリーンS.E(クリーム)

ちなみに私はこの日焼け止めを愛用しています。

本当はこの日焼け止めを下地にしてファンデーションを塗った方がより紫外線を防げるんでしょうが、面倒くさがりのために1年中この日焼け止めしか塗っていない私です。

スポンサーリンク

まとめ

ヤクルトの日焼け止めは全て散乱剤(ノンケミカル)でお肌に優しくさらには乳酸菌はっ酵エキスと高分子ヒアルロン酸が配合されいます。

日焼け止めにありがちなパサつきがなく、どのタイプもしっとりとしていて乾燥しらずです。

たくさんある日焼け止めに悩んだらまずどれくらいの外にいる時間があるのか、使用感がサラッとしたものが好みなのかしっとりと密着したものが好みなのか、肌への負担はどうなのか、色々考えて選んでほしいと思います。

ライフスタイルに合わせてお肌にも優しくしっかりと紫外線を防止してくださいね。

合わせて読んでいただくことで日焼け止め選びに迷ったときの参考になると思います。

日焼け止めのSPFとPAの意味を知ってばっちりケアしましょう!

日焼け止めSPF50を使って肌荒れ⁈考えられる原因と対処法

ヤクルトの製品以外でもドラッグストアにはたくさんの商品が出回っています。

ご自身にあった商品を見極めてお肌に最適の日焼け止めを選んでいただけたらと思います。

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索