子どもを守るセーフティグッズ色々ご紹介!

寝ているだけの新生児から徐々に動くようになってきて、寝返りをして、ズリバイ、ハイハイ、つかまり立ちと成長を見せてくれる我が子。

だんだんと動くようになってくると部屋の様々な場所が子どもにとって危険な場所になっていきます。

なんでも口に入れる、穴があると指を突っ込む、あらゆる引き出しを開ける、よちよち歩きの時はどこでもこけるなどなど、大人では考えられない空間が超危険空間になることが予想されます。

子どもの成長があっという間ですので、早いうちから対策を考えて対処が必要です。

そこで我が家のセイフティー対策をご紹介致します。

なんだかんだと買い進めて行くと結構、お金もかかってきます。

節約を兼ねて自作したもののありますのでそれも掲載いたします。参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

クッションジョイントマット

まず一番に買ったのがクッションマットです。

シンプルで部屋の雰囲気も壊さないような茶色&クリーム色のツートンカラーにしました。

これはハイハイが始まるころにはもう購入して今4歳になりますが、まだ使用しています。

固いものを落としたりしても床が傷つかないのでしばらくお世話になること間違いなしです。


【1年保証】赤ちゃん・幼児のために柔らかめに仕上げたジョイントマット 抗菌 床暖房対応 大判 60cm 厚さ1cm 32枚 6畳 サイドパーツ付き ベビー 赤ちゃん 防音 キッズ 子供部屋 クッションマット フロアマット パズルマット プレイマット[送料無料]

こちらで紹介したものはうちのと違って大判でいろんな色もあって、お部屋の雰囲気に合ったものを選べるのでかなり良いと思います。

うちのはこのサイズの4分の1でしかも2セット買って金額も1万円を超えていたのでもっと調べて買えばよかったなと反省です。

コンセントカバー

こちらも必需品です。

よだれのついた指でコンセントの差込口に指を突っ込もうものなら・・・

想像しただけで恐ろしいですね。

私はこういうシンプルで安いのを買いました。


でもその後、子どもが大きくなったママから可愛いのを譲ってもらいました〜〜!

こっちのが可愛いでしょ?!


大きくなったらコンセント部分を触ることもなくなるので、早くに卒業出来ると思います。

誰かに譲ってもらうのも手ですね。

コーナーガード

よちよち歩きの時はいつ倒れるかわからない、そしてなぜが狙ったようにその角に当たるんですよね。

そこでコーナーガードが大活躍。

でもこれ粘着テープだと取ろうする子もいるので注意してあげてくださいね。


【全品5倍ポイント★7月13日01:59まで】超弾力 薄手 L型 コーナークッション コーナーパッド 4個入 インテリア 寝具 テーブル ベビー セーフティーグッズ 赤ちゃん 角 ガード キッズ 子供 コーナーガード クッション けが防止


送料無料 コーナーガード コーナークッション ベビーガード 赤ちゃんガード 角ガード 赤ちゃんクッション厚さ12mm けが防止 2メートル ロールタイプ カラバリ豊富

ベビーサークル

どんどん動ける範囲が広がって、すべてを撤去するのは難しかったのでそれなら子どもの遊ぶ範囲を制限してみたらどうだろうかと思ってベビーサークルを買いました。

これです。

365日あす楽★代引・送料無料★NEWミュージカルキッズランドDX+拡張トイパネル2枚組セット【パネル8枚】日本育児 nihonikuji扉付き ベビーサークル 室内グッズ【あす楽対応】

壁におもちゃもついてるし良いかなぁ~っと思ったのですが・・・

一緒に入って遊ぶ分には良いのですが、私が出たら泣くのです。

しかも大泣きです。

あーこれは失敗したなと思ったのですが、サークルとしての機能は果たせなかったです。

ただ、触ってほしくないところの仕切りに大活躍してくれました。

本来の使い方ではないので、そのあたりは絶対にご自身の判断で、安全を確保して責任を持って使ってくださいね。

こんな感じで行ってはいけないところの仕切りにして反対側はひもで縛って工夫したらめっちゃ使えました。

ちなみに初登場の娘です。息子ではございませんよ。

今見たらどう見ても息子に見えますね・・・(´;ω;`)ウゥゥ

キッチンへの侵入を防止するベビーガード

これも大事、っていうか火も包丁も使うし一番危ない場所かもしれないキッチンへの侵入を阻止するのは一番大事かもしれません。

ですが、うちはクッションマットとベビーサークルで予算オーバー!

もう安全グッズを買わずに何とかしようと思い立ちます。

しかも同じマンションのママに聞いた事に驚きの事実が。

つっかえ棒タイプのベビーガードで壁に穴が開いたと・・・

マンションそんなちゃっちい作りかよっとちょっと焦りましたよ。

それを聞いたからにはつっかえ棒タイプは選べない!どうしようか考えた挙句手作りすることに。

すっごいみすぼらしいけど、大公開!!

めっちゃ恥ずかしいけど。

はい、そこ~!!めっちゃ雑!とか言わない!!笑わない!!

ほんとに当初の予定では牛乳パックの部分を綺麗な紙か布で覆って可愛くアレンジする予定だったんですよ。

でもね、力尽きた・・・

そして牛乳パックが集まりきらず、どんどん子どもも成長する間に乗り越えられそうになり仕方なくペットボトルまで使う始末。

でもそれがまた良かった!!

ペットボトル部分で遊び始めて中に入りたいと泣かなくなりました。

なんでこのまましばらく使い続けました。

お金をかけずに工夫次第で子どもを安全に守ることも出来ますよ。

手間がかかるのと、部屋の景観が非常に貧乏くさくなりますが。

全ては子どもの安全のため!!

ちょこちょこ買い揃えたら結構な額になるので抑えるところは抑えて安心して遊べる空間を作ってあげてくださいね!!

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索