断乳?卒乳?わたしが選んだ母乳育児。

断乳なのか卒乳なのかどちらが子どものためになるでしょう?

完全母乳で赤ちゃんを育てた場合やがては赤ちゃんがお母さんのおっぱいを飲まなくなる日が必ず訪れます。

では断乳と卒乳の違いはなんでしょう?

断乳する理由、卒乳を選ぶ理由それぞれあると思います。

その違いとどちらがよいのか考えていきましょう。

スポンサーリンク

断乳、卒乳の違い

断乳とは赤ちゃんはまだまだおっぱいが飲みたいと思っているのに大人の事情で期限を決めておっぱいを飲むのをやめる、文字の通り乳を断つと言う事です。

一方の卒乳は赤ちゃん自身が離乳食などしっかり食べておっぱいを飲む量が減り自然に飲まなくなる、正に自分からおっぱいを卒業していくことです。

どちらもおっぱいを飲まなくなると言う意味では同じですが自分はどちらが良いのか悩むママも多いと思います。

昔は1歳で断乳!なんて母子手帳にも記載があったとか?!でも今は栄養面だけではなく母と子の強い結びつきの為に断乳ではなく卒乳を推進している傾向もあるようです。

そんな風に言われると卒乳を目指したくなりますがお仕事の都合やママのおっぱいトラブル、体調不良で薬を飲まなくてはいけないなど授乳を続けられない理由がある事も。

授乳を続けられない理由がはっきりとある場合は断乳をせざるを得ません。

こうあるべき!!という風潮が強すぎるとそれに添えなかったママが自分を責めて悩むと言う事が一番良くないと私は思います。

授乳だけが愛情表現ではないです。

完全母乳育児を推進するのももちろん大事ですし良い事ですがこれについても何らかの事情で完全母乳で育てられなかったママ達が悲しい想いをするのは違うと思います。

少し話がそれましたね。すみません。

とにかく悩む事なかれ!しっかり子どもの事、自分の身体のこといっぱい考えて選べばそれがきっとその家族にとっての正解です!

断乳する時に気をつけること

仕事が決まった、薬を飲まなければいけない、二人目の妊娠で授乳を継続出来なくなった等様々な理由で断乳を決意した時に気をつける事があります。

離乳食の進み具合

まず赤ちゃんの離乳食は1日3食食べられていますか?せめて離乳食の完了期まで待ってからスタートしないと栄養面で心配です。
固さのしっかりした物を量は少なくてもきちんと食べられているのであれば大丈夫!
離乳食の食べる量が少なくて悩んでいたママが断乳後嘘のようにご飯を食べてくれるようになったという話もありますよ。

水分の補給方法は?

水分の補給を母乳以外で取ることができていますか?コップやストローを使って水分を取ることが出来ていますか?
水分を取れないと脱水が心配になってきます。
ストロー、コップを使って飲む練習をしてくださいね。

断乳する時はママと赤ちゃんが元気な時に

断乳するには体力と気力が要ります。
今まで飲めていたおっぱいがなくなる事で赤ちゃんにとってはかなりのストレスになります。
全力で泣くので体力もいりますし、それに答えるママもそれ相当の体力と覚悟が必要です。
昼間の授乳は遊んだり他のもので気を紛らわせることが出来ても夜のおっぱい、特に添い乳をしている子は夜中おっぱいを探し求めてギャン泣きなんて事もあります。
それに応えるママももちろん大変ですがお仕事のあるパパも夜中ギャン泣きされてはたまりません。
ですのでパパも協力してお休みの日に家族みんなが元気な日に決行してくださいね!

おっぱいのケアをしっかりと

急におっぱいを飲まなくなるとおっぱいがつまり乳腺炎になる事もあります。
むやみやたらと絞ったりセルフケアをするとおっぱいの出る量が落ち着くどころか悪化する場合があります。
その場合は母乳外来に通ってケアしてもらうようにしてください。
自己判断が一番危険です。
特に断乳を長期休暇などにやろうとしている方はおっぱいのトラブルになった時にどうやって対処したら良いかあらかじめ専門の先生に聞いておいた方が良いと思います。

私が選んだ母乳育児

私はと言いますと授乳後、薬を再開しなくてはいけなかったのですがそれよりも子どもとのおっぱいライフを大事にしたかったので卒乳したいなと思っていました。
でも娘の歯科検診に初めて行った歯医者さんで添い乳は虫歯の原因になるのでやめてくださいと言われてしまいました!!
衝撃の事実でした!!

母乳と虫歯の関係

母乳に含まれる乳糖は虫歯の直接原因にはならないようです。
虫歯の原因になるのはミュータンス連鎖球菌と言ういわゆる虫歯菌と言うものが存在しているかどうかです。
親から子にその虫歯菌はうつりますので食べ物を同じ箸やスプーンなどを使わないように言われるんですね。
ですので虫歯菌が全くいないお子さんであれば母乳を飲んでいても虫歯になることはないと思います。
ただ大人がどんなに注意していても虫歯菌にいつ感染しているかわかりません。
そうなった時に離乳食の残りカスや母乳が口の中に残っていると虫歯になる可能性はあると言うことです。

添い乳は虫歯になる可能性がある

特に私が歯科医に注意されたのが「添い乳」です。
これさえなければもう少しおっぱいを続けてても良いと言われましたが昼間の授乳は落ち着いていたので卒乳を夢見ていたのにあえなく断乳する事になりました。

添い乳がなぜダメなのかと言うとおっぱいを飲む時に上の歯に乳首を押しつけて出して飲むので上の歯におっぱいが付着しやすいです。
寝ている間だと唾液の分泌量が減るので更に虫歯のリスクが高まります。
夜間授乳をしてもその後確実に歯磨きをするのであれば母乳を飲んでも大丈夫と言うことです。

添い乳してその後に歯磨き???
無理無理無理無理〜〜
と言うわけで断乳する事になりました。

娘の通っている歯医者さんに言われた事

「母親が産婦人科医なので子どもの為には母乳を長く飲んだ方が良いと言われますし、それも一理ありますが、歯科医の見解としは沢山のお子さんを見ていてやはり長く母乳を飲んでいる、特に添い乳している子は圧倒的に虫歯が多いです。」
「ひどい子だと上の前歯が全部溶けて乳歯が真っ黒で1本もないとかもあります。」
「しっかりと歯磨きしてれば大丈夫ですが添い乳は良くないです」とハッキリ仰いました。

本やインターネットには色々情報があり迷ってしまう事もありますが実際にたくさんの患者さんを見ている先生の話を聞いて迷うことなく断乳にのぞめました。
子どもの歯を守ってやる事も親として大事な愛情だと思いました。

歯に関してだけ言えば元々歯の丈夫な子もいますし弱い子もいます。
だから母乳を続けてても添い乳を続けてても虫歯にならないお子さんもいると思います。
でもウチは私自身が虫歯で小さい頃歯医者通いが嫌だった事もありますし娘はどちらかと言うと歯が弱い方らしいので断乳して良かったです。

自分でおっぱいもういりません〜と言う日を楽しみにしていたので少し淋しくはありましたが断乳を乗り越えたら食事量も増えて良かったです。

おっぱいは卒業しましたがその分いっぱい遊んだり抱っこしたりスキンシップをとる事で子どもの情緒も安定しています。

卒乳するにしても断乳するにしても本当に過ぎてみれば人生の中であっという間の親子の時間です。
美味しそうに幸せそうにおっぱい飲む姿、しっかり焼き付けておいてくださいね!!

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索