絵本のある生活で楽しく親子時間を作りましょう!

                  出典:写真AC

絵本は子どもにとって無限の可能性を秘めた最強の育児アイテムです。

これを生かさない手はないですね。

子どもだけでなく読み手の親にも良い影響があると言われています。

スポンサーリンク

絵本の読み聞かせは親子の楽しい時間

絵本は物の名前を覚えたり、言葉の意味を理解するのに役立つだけでなく、子どもの想像力を掻き立てます。シンプルなストーリーを発展させながら読むことが出来るのも絵本魅力の一つです。

また子どもにとって絵本の読み聞かせはパパやママとの触れ合える楽しいひと時です。

その時間はきっとかけがえない時間として大きくなっても心の奥に残ることでしょう。

私も小さいころ母から絵本を読んでもらった記憶が今もあります。

そう毎日ではなかったですが、40年近く経った今も覚えているくらいです。

その時に読んでもらった本で大好きだった絵本も1冊だけ覚えています。

逃げるパンケーキをいろんな人が追いかけるという内容でした。

なぜその本が大好きだったのかもよくわからないですがとにかく大好きで何回も何十回も読んでもらっていました。

楽しい思い出です。

こんな風に大好きな絵本を覚えるまで何回も飽きることなく母は付き合ってくれたんだなぁと思うと嬉しくなりますね。

皆さんのお子さんも楽しい絵本の読み聞かせの時間を、覚えていてくれると嬉しいですね。

絵本を楽しく読むコツ

めくったり、もどったりを楽しむ

とくに子どもの月齢が低いうちはただただそのページをめくるのが楽しくてお話の内容を聞くというよりも、めくったり、もどったりが楽しい時期があります。

それも絵本の楽しみ方の一つです。

ママは順番に読まなくては!と思うかもしれませんがそれは気にしないで子どもに合わせて読んであげましょう。

めくったり、もどったりを楽しんでいるときは絵を指さして「これなに?」と聞いてみたり、「いないいないばあっ!」だねとページめくりを楽しんでも良いと思います。

物語をじっくり聞いてくれる時期は必ずきますよ。焦らないで!

と偉そうに言いながらも、私は我が娘に何回繰り返すね~ん!って何度となく突っ込みましたよ。そして読んでやっても全く聞かず終わらせようとしたらキレられることもありました。トホホ

でもそうやって繰り返すことで大きくなるうちに本当に集中してお話に夢中になってくる日がくるんですよね。徐々に、徐々に。

話を最後まで聞けるようになった姿をみてまた成長を感じますよ。

だんだん文字が多い絵本になってくるので読み聞かせるママも大変になってきますよ。

それもファイト~!!

身体を密着させて

スキンシップの一つでもある絵本の読み聞かせ。

子どもはママやパパと身体を触れ合わせていると落ち着きます。

読むときに膝の上に座らせてあげたり、横にピッタリ寄り添って読んであげるのも良いですね。

子どものドキドキが伝わってきます。

物語をしっかり聞けるようになってきて集中するときは対面して読んであげたり、時と場合によっても読む位置を変えてどの場所が子どもが落ち着いているか観察しながら読んであげるのもいいですね。

読むときに変化をつけて

読むときに抑揚をつけるとよく言われますが、声の大小、アクセントのつけかた、声質を変えるなど様々なテクニックがあると思います。

同じ絵本でも読み手が違うと全然違う絵本のように感じることがあります。

保育士仲間でもとても絵本を上手に子どもの心を奪う読み方をする先生はその抑揚のつけ方がとても上手です。

どうすればいいのか?

感情をこめて読むときの表情を変えるとよりリアリティあふれて面白く読めると思います。

そして恥ずかしさを捨てる。

病院などで待合においてある絵本を読んでと子どもが持ってくるので、読んであげるといつの間にか知らない子どもも夢中で聞いていたなんてことがありました。

方言で読んでみる

基本、絵本を読むときは標準語で読みますが、その地方の読み方のイントネーションで読むのも面白いです。

私は時々、1回目は標準語で、2回目は大阪弁で読んであげます。

同じ絵本なのに全然違う感じがして面白いですよ。

子どもの反応に臨機応変に対応する

絵本を読んでいて子どもが反応したら、きちんと答えてあげましょう。

子どもがたくさんいる幼稚園や保育園での読み聞かせの時は話の進行の妨げとなる場合もあるので、一人一人の声に対応していくわけにはいかないかもしれませんが、おうちで一人や二人に読んでいるんでしたらしっかりとその声を拾って話を進めてあげると良いと思います。

言葉の意味や働きを伝えて世界を広げて上げることはとても良いと思います。

同じ本を何度でも根気よく

子どもはお気に入りの絵本を、何十回と読んでもらいたいようです。

根気よく付き合ってあげてください。

先程もあったように、声の大小、アクセント、抑揚をつけることで同じ本でも捉え方も変わってきます。

読み方を工夫して楽しく、子どもが大きくなってもあの本読んでもらったなぁっと記憶されるくらい何十回も読んであげてくださいね。

まとめ

  • めくったり、もどったりを楽しむ
  • 身体を密着させる
  • 読むときに変化をつける
  • たまには方言で読んでみる
  • 同じ本でも根気よく何度も読んであげる

以上、絵本を上手に読むコツのまとめでした。

いかがでしたでしょうか?

ひとつでも出来そうなものありましたか?実際言われなくてもやってるよって言う方も多いと思いますが、もし何かやっていなくて出来そうなことがあれば、是非取り入れてみてくださいね。

絵と言葉の魅力がたくさん詰まった絵本を通じて楽しく親子時間を作ってみてくださいね。

きっとその時間があるだけで今まで以上に子どもの世界が素敵に輝きだすことでしょう!

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索