ポイントを押さえて赤ちゃんとのおでかけを楽しく!

赤ちゃんが5~6ヶ月になると、身体もしっかりとして、外出の機会も増えてきます。

お出かけグッズを普段のお散歩よりも多めに準備しましょう。


出典:写真AC

快適に過ごすために持ち物や公共のマナーについて考えてみましょう。

お出かけの時の持ち物チェックリスト

□オムツ
□おしりふき
□ビニール袋
□調乳セット(ミルクの場合)
・粉ミルク
・哺乳瓶
・お湯を入れた魔法瓶
□授乳ケープ(母乳の場合)
□ウェットティッシュ
□着替え一式
□健康保険証
□母子手帳
□タオル
□ベビーフードやお菓子
□お茶などの水分
□タオル
□抱っこひも(ベビーカーや車でお出かけの時も持っていく方が良いですよ)

こんなにたくさんの荷物たいへんですね。

でも忘れた時に限ってアクシデントは起きるもの。

特に着替えは普段入れてて持っているときは汚さないのに、忘れた日に限って汚してしまうという事も多々ありました。

今でこそオムツやミルクが卒業したのでだいぶ荷物が軽くなりましたけど。

これらがいっぱい入るマザーズバッグがおしゃれだとウキウキしちゃいますね。

楽天週間ランキングで1位の商品がこちら

荷物持ちさんも安心☆ママにも、通勤にも、通学にも かわいくて大容量 キャンバスバッグ マザーズバッグ L 【送料無料】 帆布 鞄 大人の ナチュラル 着後レビューでクーポン☆ トートバッグ バッグ かばん 本革 春 夏 秋 冬 z+ e+ earth_eco_loco,s05b,

可愛いくて使い勝手が良さそうですね。

持ち物の一つにビニール袋がありますが、ここで一つすごくおススメの商品がありますのでご紹介致します。

私はこの商品、名古屋ドームで行われていたハピママフェスタのイベントで知ったのですが、使用後のオムツを入れるのにとても良いのです。

匂いが全然漏れない!もう無敵ですよ!本当に。

お出かけ先でウンチでもしようものなら・・・ねっ?

捨てられる場所ならばいいけれどいつもいつもどこか捨てられる場所があるとも限りません。

迷惑にならぬように持ち帰ることもあると思います。

でも何重にしても匂いが漏れてしまいそうで(特に夏場)心配でしたが、これに出会ってからそんな心配ご無用です。

それがこれです。

驚異の防臭袋BOS Sサイズ200枚入(箱) 【Sサイズ15枚入サービス中】 W200×H300mmピンク色 臭いがもれない画期的な袋 ゴミ袋 クリロン化成

医療用の排せつ物を入れるのに開発されたようですね。

驚異の防臭力にほんとどれだけ救われたか。

めっちゃ愛用しましたよ。

ショッピングする

デパートや大きなショッピングモールでは、ベビーカーを貸し出してくれるところもあり、ベビールームや授乳室など安心の設備があるところも多いので安心です。

ただ、年末年始やバーゲンシーズンは混みますので、赤ちゃんに負担になります。その時期は出来れば避けましょう。

歩けるようになると、店内を歩き回り、商品を触ったり、人にぶつかったり、エスカレーターやエレベーターなど危険なものもいっぱいです。

出来るだけベビーカーに乗せて、時々ベビールームなどで気分転換させてあげましょう。

今はショッピングモールなどでは可愛いキャラクターの車のようなカートもありますのでお気に入りのカートを選んで楽しく買い物してくださいね。

娘も自由に好きな所へ行き、夢中になって商品を見てはまた好きな所へ・・・しばらく遠くから様子を見ていますが、親がいないことに困ることもなくいつまでも遊んでいます。

だいぶ時間が経ってから「○○のおかあちゃ~ん!!」と大声で呼びます。

目を離して私がどちらに行ったか見失ったときは焦ってこっちが子どもの名前を大声で呼んで探すのですが、その時は店員さんに連れられてきました。。

泣くこともなく可愛い店員さんに手をつないでもらい、ちょっと嬉しそうにする始末。

怖い事件も起きている昨今、もう少し危機感を持った方がいい我が家ですね。

外食する

小さいうちは外食を楽しむというよりも、外食のが余計疲れるような気もしますが、たまには食事の準備、片付けを誰かにやってもらえると嬉しいですね。

一緒に行く人と交代で食べて、食べさせてとなりますので、思った以上に大変かもしれません。

でも一つずつ一緒に出来ることが増えると子どもとの楽しい時間が増えますよ。

離乳食が始まる赤ちゃんを連れてのお出かけには、お出かけセットにスプーンや、麺切りハサミ、スタイなどを持っていくとも必要ですね。

市販の瓶詰タイプの離乳食が便利ですが、うちの子は市販は一切受け入れてくれなかったので、具沢山の雑炊を作ってスープポットに入れて持って行っていましたよ。


弁当箱 保温弁当箱 スープジャースープボトル HLB-S280【スプーンセット付】

レストランの中には子連れを受け入れてくれないところ、持ち込みが駄目なところがありますので、入店前に必ず確認をしてくださいね。

料理を待っている間、絵本やおもちゃで遊ばせて飽きさせないようにしましょう。

どうしても落ち着かない場合は席を外して、赤ちゃんを外へ連れ出すなどして、他の人の迷惑にならないように気を付けましょう。

公共の場では周りに配慮する気持ちを持ちましょう

たくさんの方がいる公共の場では周囲への配慮の気持ちが大切です。

子どもだから仕方ない!と言ってくれる方も多いですが、それは周りが言ってくれるもので子どもを持つ親のセリフではないと思います。

泣いたり、大きな声を出したりすることもある小さな子どもでも極力周りに迷惑にならないように、抱っこしたり、あやしたり、場所を変えたりして、他の方の迷惑ならないように気を付けることで周りも協力してくれたり、暖かく見守ったりしてくれるようになると思います。

「子どもだから仕方ない」と何もしない母親を見ると、周りの方もきっといい気分にはならないですよね。

小さいうちから周りに配慮する気持ちを持って子どもに接することで、子どもが大きくなってから自分が気を付けたことを自然と子どもに伝わっていることもあります。

そうすることで子どもはすんなりとそのルールや周りを思いやる気持ちが育っていくんじゃないかなぁと思います。

子どもといっぱいお出かけして楽しい毎日をお過ごしくださいね。

いつもとは違う場所にお出かけすることは、子どもにとって最高の刺激になります。

色々な経験から多くの事を学び、成長していくことでしょう。

子どものとのお出かけが、ママにとっても楽しい時間になりますように・・・

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索