子どものお風呂タイム、どうすればお風呂嫌いを防げるか?!

子どものお風呂タイム、入れるのも一苦労ですがそれが嫌々となるとより一層大変な仕事になっていきますね。

そんなお風呂嫌いを解消するにはどんな工夫をすればいいでしょうか?

具体的な方法を見ていきましょう。

スポンサーリンク

一番初めが肝心と言うことを知っておきましょう

赤ちゃんの顔にお湯がかかるのを気遣っていつまでも寝かせて頭を洗ってはいませんか?

もともとお腹の中では羊水の中にいた赤ちゃんは顔に水がかかっても上手に目を閉じ耳に水が入っても自然に出てきます。

顔にかからないようにソロリソロリとお湯をかけているその優しさが逆にお風呂嫌いを産む行為になっているかも?!

慣れって恐ろしいもので長いこと顔にかからないようにお風呂に入っているとそれが当然になってきて大きくなってから顔に水がかかることを極端に嫌がるケースもありますよ。

私は生後1か月でベビーバスを卒業して一緒にお風呂に入るようになってから初めて頭からジャバーンとお湯をかけていました。

「1・2・3ジャバーン」と掛け声と共に手桶でお湯をかけると息が出来ないということもなく一瞬なので赤ちゃんも最初は驚いた表情をしますが大丈夫でした。

様子を見ながら最初は少しずつからすすめていくと顔にお水がかかっても大丈夫になっていきました。

水が怖い、鼻に入ったり、お湯が暑すぎたりと嫌な経験をしてしまうとそれが原因でお風呂嫌いになることも多いので最初が肝心です。

物心つく羊水の時期を忘れていない早い段階で様子を見ながら

  • 泣いたら無理に進めずやめる
  • 必ず掛け声をかける
  • 最初はシャワーではなく手桶でかける

以上の事をポイントおいてやると今後のお風呂が楽になると思います。

手桶でお湯をかけるのが慣れてくると断続的に出てくるシャワーでかけても大丈夫になりますよ。

もう遅いよ~既にギャン泣きだ~という場合は?

最初が肝心はわかったけどもう羊水の頃の記憶はなさそうだしすでにお風呂嫌いで悩む人はどうすればいいの?という方は

とにかくお風呂場を楽しくしてしまいましょう。

お風呂用のおもちゃはいろいろ高価なものも売っていてそれも子どもが興味を示すなら良いですがそんなにお金をかけなくても楽しい空間は作れます。

まずおもちゃにペットボトルでもいいです。

穴をたくさん開けて穴から出てくるお湯を見て楽しんだり、プラスチックのコップなどでお風呂のお湯をすくって外に流したりとそれだけでかなり遊んでくれます。

百円均一でも売っているジョウロや水鉄砲も楽しいですね。

究極は入浴剤を入れてみるのも良いですね。

対象年齢は使われる入浴剤によって変わってきますのでそこはきちんと確認して使っみてください。

いつも違ったお風呂の色に興奮して喜ぶこと間違いなしです。

ただ薄い水色や黄緑などジュースみたいでおいしそうな色なら誤飲しないように気を付けてくださいね。

我が家では入浴剤の中にマスコットが入っている「びっくらたまご」が大好きでした。

普段はお母さんと入りたい!お父さんは嫌だ!という娘ですが、「びっくらたまご」のお風呂に入る権利があるのはお父さんと入ることが条件!とルールを設けることですんなりとお父さんとのお風呂タイムをとても楽しく過ごせましたよ。

びっくらたまごのマスコットは小さいので誤飲しないようにくれぐれもご注意してくださいね。

お値段的にも毎日とかは無理ですが週一回とか月一回とかお父さんにお風呂に入ってもらうときも泣かずに楽しく過ごせたら何よりですね。

お風呂嫌いどころかお風呂が楽しすぎてなかなかお風呂からあがってくれないという別の悩みが発生することがあるかもしれません(笑)うちは完全にこちら側でした。

そもそもお風呂に入るまでが嫌がる時は?

お風呂に入ったら楽しんで入ってくれるけれどそれまでの服を脱いだり今やっている遊びを中断したりするのが嫌でめんどくさいというお子さんはどうすればいいでしょうか?

「早くして!」とつい怒り口調で言ってしまいがちですがここで怒ってしまうと完全に逆効果。どうにかしてお風呂場に行くために声をかけないといけません。

ある程度大きいお子さんだったらこのテレビが終わってからお風呂に入ろうと言ってキリの良いところまで子どもの都合に合わせてあげることも必要かもしれません。

子どももいきなり大人の都合で自分の遊びや作業を中断されるのはとても気分が悪いと思います。

入る直前に声をかけるのではなくてお風呂を沸かす準備をする段階であとどれくらいしたらお風呂が沸くからそうしたらお風呂にはいろうね。このテレビが終わったらお風呂に入るよと声をかけておくとスムーズに動いてくれるかもしれません。

それからどっちが服を脱ぐのが早いか競争!と言って声をかけると張り切って脱いでくれます。めっちゃ早いです!すごく単純です(笑)

大人自身も楽に楽しいお風呂にするには?

ある程度大きくなると頭からかけることにとても抵抗を感じて嫌がってしまうかもしれませんが抱っこして寝て頭を洗うスタイルだと親の身体がキツくなってきますよね?

最初は泣かれるかもしれませんが頭からお湯をかけることに慣れてくれたほうがその後子どもにとっても良いですし大人の身体の負担を考えても少しずつチャレンジしたらいいと思います。

顔に水がかかるのを嫌がる場合は無理矢理かけるのではなくてほっぺからお口、おでこ、頭という具合にちょっとづつかけていきます。

かけるというよりも大量の化粧水をぺちゃぺちゃとつける感じです。

顔が濡れるのを慣れるためにここからスタートしてくださいね。

そして頭から少量のお水をザーっとかけるとき、最初はタオルで顔を抑えてやるといいかもしれません。慣れてきたらタオルなしで顔を子ども自身の手で覆ってやるようにすれば出来るようになっていくと思います。

上手く出来たときは「すごーい!!頭からお湯かけれた!めっちゃかっこいい!!」と大げさに褒めてあげてください。

そうすることで成功体験を積み重ねて自信になっていきます。

まとめ

お風呂タイムを楽しくするコツ、いかがでしたか?

  • 初めが肝心!
  • おもちゃで楽しく!
  • 入浴剤を利用してみる!
  • お風呂への誘導を早めに声をかける
  • 顔にお湯がかかることを慣れさせる

子どもとのお風呂は裸でのスキンシップ!最高の親子の時間を楽しく快適に過ごせると良いですね!!

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索