新幹線に乗ってお出かけ~4歳の娘と二人旅

今日は祖母の1周忌のため、新幹線に乗って名古屋~京都に出かけます。

お出かけと言っても親戚の家に法事のために行くだけですけど。

そして日帰り・・・疲れそうですが頑張ります。

                   出典:写真AC

スポンサーリンク

お出かけ前のシュミレーション

小さい時から、お出かけの時はどういうルートで、荷物をどうして、ぐずったらどうしようか、新幹線で何食べようかなどと、色々とシュミレーションして出かけるのですが、そのシュミレーションの中でも子どもが大きくなったのを感じます。

抱っこもしないし、ベビーカーも必要ないし、あとは娘に頑張って歩いてもらうだけです。

人も多いしちょっと大変だろうけど、きっと大丈夫!

新幹線で名古屋から京都までなので、きっとあっという間に着きそうですね。

美味しいスイーツ食べようかしら・・・確か名駅周辺に美味しいお店いっぱいあったよね~

車内で見る絵本だけ調達しようかなと思います。

なんか楽しくなってきました!!

そう!折角なのでなんでも楽しまなくては!!

人の優しさを感じるお出かけ中の出来事

小さい頃はベビーカーでお出かけだったので、駅から降りた時もエレベーターのあるところを通らないといけないので、考えるのも大変です。

しかも知ってる駅なら良いのですが、名古屋駅ともなると、広くてどこにエレベーターあるのか見当もつきません。

そもそもエレベーターがないところもある?

娘をベビーカーから降ろして、下で待たせて、それからまたベビーカーだけを取りに行ってと必死こいてやってるとスーツを着た男性がベビーカーを下ろしてくれて、「娘さん見てあげて」と優しく声をかけてくれた時にはほんま「惚れてまうやろ~」ってなりましたよ。

とにかく名古屋駅で毎回大変だったことだけは覚えています。

ベビーカーを卒業しても長い帰省になると、荷物が多くてキャリーケースを運ぶのが一苦労。

キャリーケースを持ちながら反対には娘の手をつなぎ、ヒーヒー言いながら名古屋駅の階段を上っていました。

同じように大阪に着いた鶴橋の駅でも階段をゆっくり降りていると後ろからサッとキャリーケースを持って「I can help you!」と言って下まで運んでくれた台湾人の若い男の子!!なんて優しいのぉ~!!

電車に乗っていると、子連れに嫌な顔をする人がいるとか、子どもに優しくない社会だとか言われることもあるようですが、そんな悪い世の中ではないようですよ。

優しさがたくさんある素敵な世の中だという事を娘も、たくさんの人が助けてくれるのをみているので、知っていると思います。

私が「ありがとうございます!」と言うのをみて一緒に「ありがとうございます!」って言ってますからね。

さぁ準備しましょう!

この記事を書いている間にザーッという音・・・

イヤの予感。

外を見ると雨ザーザー。最悪です。

雨具を一つ準備品に追加しなくては。

このまま降り続けるのか、一時の雨なのかによって靴も長靴にするのかどうか変わってきます。

極力荷物は少なくしたいので、降るなら降る、止むなら止むにしてほしいもんです。

まぁそれにしても赤ちゃんの頃はほんとに荷物が多かったです。

ポイントを押さえて赤ちゃんとのおでかけを楽しくを見ていただくと荷物の多さはわかると思います。

それに比べれば今なんてどうってことないですね。

雨降ってきましたが、なんとか楽しく出かけられるように。なるのか?ちょっと無理っぽい。行くのイヤになってきたぁ~。

まじで雨勘弁。

あ~~~~

雨でも楽しくお出かけできるグッズが娘にはあるので、雨の日は長靴&傘でいつもより楽しそうですもんね。

大人もそんなウキウキするグッズがあれば・・・いや、あっても無理ですな。こりゃ。

編集後記

娘と二人旅行って参りました!!

雨は結局あれから降らずに持って行った折りたたみの傘は必要ありませんでした。

娘のレインコートは雨も降らない室内で着て、披露してました〜!

思った以上に階段が多くてくたびれましたが、娘は一度も抱っこをせがむ事なく、しっかりと歩き、眠くならずに本当にお利口に過ごせました。

一番驚いたのが、道を聞いた人に私がボーッとしていてお礼も言わずにいると「ありがとうございました!!」と私の代わりに深々と頭を下げお礼を言っていました。

お礼を言われた人も驚いていました。

そしてすぐに「もう〜おかあちゃん、ちゃんとお礼言ってよ〜!」とちょっと説教されてしまいました。

しっかりと成長してるなと実感しました。

これくらい大きくなると本当にお出かけも楽だし楽しめますね。

私の体力次第です。

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索