スマホやタブレット使った育児駄目?!便利なものは賢く利用しよう!

今のこの世の中、ほとんどの方がスマホやタブレットを利用して、情報を得たり、楽しい記事をみつけたり、行きたい場所を調べたり、とっても便利な時代になりました。

子どもにスマホやタブレット端末を与えて見せることを「スマホ育児」と言って注目を集めています。

特にその悪影響が取りざたされていて、日本小児科医会では「スマホに子守をさせないで」というコピーのポスターで注意喚起をして話題になっています。

ただこれはスマホだけに限らず、しっかりと子どもの事を見なさいよってことで、スマホに限ったことではですね。

悪影響があるとはわかっていながらもついつい使ってしまうスマホ。

全面的に駄目というのではなく、便利なものはやっぱり利用したいし上手く利用すればいいんじゃないかと言うのが私の見解です。

どうやって上手く賢く付き合っていくが考えていきたいと思います。

やっぱり気になるスマホ育児のデメリット

ただ単にダメというのではなく、何がどう駄目なのかしっかりと見ていきたいと思います。

使用に関して、子どもへの悪影響が心配と思っている人はなんと9割以上もいるようです。

悪いとわかっていながらもそれを使わないといけない状況というか、頼ってしまいたくなる環境で手軽についつい子どもにスマホを与えてしまうという事があるんでしょうね。

スマホからでるブルーライトの影響

ブルーライトとは波長が380~500nmの領域にある青い光の事です。

人の目で見ることのできる光の波長で最も短く、強いエネルギーを持っています。

特に、ブルーライトの放出量が多いのが、「スマホ」です!!

まず目への影響があります。

ブルーライトはエネルギーが強く、角膜や水晶体で吸収されずに、網膜に直接的にダメージを与える可能性があります。

長時間スマホを見ることで、目が疲れ視力を落とすこともあります。

そして脳への影響も考えられます。

ブルーライトをたくさん浴びるとメラトニンというホルモンの分泌が減り、睡眠不足になることもあります。

子どもの成長に欠かせない睡眠を阻害するとなると大きな問題ですね。

スマホを子育てに賢く使う方法とは?!

デメリットを見てきましたが、スマホを上手に利用する方法はやはり親がしっかりと考えて管理して使うことが大事だと思いました。

時間を決めて、見る内容、遊ぶアプリは親がしっかりと管理して、ルールを決めて利用することが大切ですね。

具体的に指標があったほうがわかりやすいと思いますので、「子どもたちのインターネット利用について考える研究会(子どもネット研)」がまとめた保護者向けのセルフチェックリストがありますので、そちらに添ってチェックしてみてください。

まとめると、

機器利用の時間や場所については

  • ベッドや布団に入る1時間前には終わらせている。
  • 利用時間は一日合計1時間までにしている。
  • 遊びが機器の利用に偏らないように、様々な遊びをさせている。
  • 食事中は使わないなど場所や時間の約束をし、大人の中でもそのルールを共有している。

情報内容と保護者の関わり方については

  • 見ている動画やゲームの内容は大人が把握、管理し、良質なものを選んでいる。
  • 利用時に出来るだけ一緒に遊び、会話し、子どもの理解について気を配っている。
  • 興味を持っているときは積極的に声をかけ、問いかけや質問にも応えている。
  • 見るだけで終わるものではなく、遊びに発展させられる創造力を育む余地のあるものを選んでいる。

機器の与え方に関しては

  • 「約束」の範囲内で利用し、生活習慣を身につけさせることを優先している。
  • 外出時は機器以外の楽しめるものも使っている。機器だけに頼らないよう工夫している。
  • 外出時の利用は15分以内にとどめ、動いている車内では利用しないようにしている。(目に負担がかかる&車酔いすることもあるので注意)
  • 機器で見たり遊んだりしたことを身の回りの生活にあてはめ、声かけするなど手助けするようにしている。

保護者自身の知識や使い方

  • 年齢別の「必要な睡眠時間」を知っている。
  • 睡眠時間だけでなく、「時間や質」も大切なことを知っている。
  • 「食事中はスマホを出さない」「人と話すときは使わない」など大人が見本となる使い方を心がけている。
  • パスコードやロック、フィルタリング設定など大人が利用管理機能について知っている。

16質問ありましたがいくつyesがつきましたか?

私も子どもに時々スマホやタブレットを見せていました。

1歳で普通にスクロールしたり、ページをめくったり自由自在にスマホやタブレットを扱えるのなっているのを見て、すごいなぁっと思ったのと同時にちょっと怖かったです。

この先どうなるんだろう。

携帯やゲームに依存するんではないだろうか・・・と。でもその環境を作るのもすべて親なんですよね。

保育園に行くようになってほぼスマホ触ることもなくなりました。ってか時間がそんなにない。だからほどんど見なくなりました。

だからと言ってスマホ見たいとか一切言いませんよ。

子どもは与えるとスマホに夢中になるし、楽しく遊びますが、やっぱりお外で遊んだり、ママやパパと身体いっぱい使って遊ぶのが大好きです。

ゲームやスマホの動画ばかりはいただけませんが、時々はそういうものを利用して頼って、そしてママが元気になったり、早く用事を終わらせて時間を作っていっぱい子どもと遊ぶ!!メリハリつけてやれば良いと思います。

上記を参考に、楽しく、そして文明の利器を借りれるところは借りて、賢く子育てしていきましょう!!

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索