プリングルスやアルフォートが芸術に?!アッコも絶賛のペーパークラフトとは?!

SNSで話題の晴季さん。

お菓子の空箱を使ってのペーパークラフトがめちゃくちゃかっこよくて素敵です。

その工程をテレビ番組でも放送されていました。

スポンサーリンク

オレオの空箱を使って戦闘機!こちらの制作工程が赤裸々に!

少し前に晴季さんがTwitterでNスタで制作工程がアップされますっておっしゃっていたので、とても見たいなと思っていたのですが、残念ながら放送日に見れなかったのですが、晴季さんがTwitterでその動画と記事をアップしてくださったので、見ることが出来ました。

それがこちらです。

是非まだ見ていない方はご覧ください。

11月4日放送の「アッコにおまかせ」でもその制作工程が放送されていました。

アッコさんも大絶賛のアートです。

作る時は一切設計図は書いていなくて頭の中にあるイメージをそのまま手を動かして作っていくそうです。

もはや天才!誰も真似できませんね。

その他にもたくさんのアート作品があります。

アルフォートの空箱を使った作品が晴季さんのお気に入り!

飛空艇だそうです。

これが一番のお気に入りとのことです。

ほんと繊細で素晴らしいですね。

色使いとかアクセントになる色の配置が抜群です。

繊細なのにしっかりと立ってるのも凄いですよね。

トッポの容器を使ったお城が可愛すぎる!

よく見てもらうとわかるんですが、窓とかお城とお城をつなぐ道とかめちゃ芸が細かいんですよね。

ほんと器用!

プリングルスの容器でおじさんが立体になるとこんなに素敵紳士に?!

パッケージのプリングルスおじさんはちょっと可愛い感じでもしかしたらちょっと太っちょなのでは?!と思わせる顔ですが、なんのその!!

晴季さんの手にかかればめっちゃスタイルの良いスレンダーなおじさまに変身しているではありませんか!!

こりゃ完全に私と晴季さんの頭の中が違いますね。

もうスゴイイメージが素敵過ぎますやん。

私は器用でもないし、絶対こんなん出来ませんけど、晴季さんは設計図なしに頭のイメージをそのまま手を動かして作っていくとありましたので、私がもし晴季さんの手と技術があったとしてもイメージが・・・

出来上がったら超太っちょの全然スタイリッシュじゃないオッサンが出来上がりますよ。

こりゃどうしようもないですね。

あまたの中がスタイリッシュでかっこいんでしょうね。

こればっかりは真似できやしませんね。

プリングルスの本社から感謝状とアソートセットが届いたようですよ。

そりゃ私ももしお菓子メーカーの社長だったらすぐに送っちゃうね。

ってか社長じゃなくてすんません。

てかこれで5レンジャーみたいなのできそうですね。

そのうちの1体太っちょさん入れてくんないかなぁ・・・

なんて期待を胸に。

また面白い作品を作ってくれること間違いなしですね。

スポンサーリンク

想像力、創造力に長けた人に育てるには?!

この想像力、創造力、そして美的センス、空間認知能力が最高な晴季さん。

子どもをお持ちの方はきっと彼のように育って欲しいと思うでしょうが、こればっかりは才能、持って生まれたものが大きいんだろうなって思います。

勝手な想像ですが、きっと晴季さんは子どもの頃から、戦いごっこ系のおもちゃで遊ぶよりもブロックやレゴなどの想像力と想像力が養えるおもちゃでたくさん遊ぶタイプのお子さんだったんじゃないかなって思います。

私の娘にもそういう感性を磨く人に育って欲しいと思うのですが、なかなか親の思う通りにはならないんですよね~

レゴブロックこういう小さいタイプのやつ、うちにもあるけど、全然遊ばないからね。

そのくせCMで見てアナと雪の女王のレゴを買ってくれって言いだしましたよ。

これですよ。

それ作ったらどんだけ場所とるか知ってるんか?!どこに置くの?

そして作ってバラバラにしたら最後同じものは絶対に作れないよ。

どうするの?!

って聞いたら・・・作ったら壊さない。飾る~!!

って陽気に答えてくれました。

レゴの意味ある?!

アホかぁ!!

もし答えが「壊してもっとカッコイイお城を考えて作るぅ」とか言ってくれたら即買いやったけどね。

今あるレゴでもいろいろ工夫して想像して大人もビックリするような物を作ってくれるなら買ってあげてもいいけど、1回きりのレゴブロックなんて買ってられるかぁ!!

とこんな低レベルな争いをしている我が家です。

小さい頃とかにどんな遊びをしていたのかとても気になる私です。

2018年11月16日追記

晴季さんに小さい頃からどんな遊びをしていたが質問したら、なんと嬉しいことにお返事が返って参りました!!

僕の場合は物心ついた頃から紙とはさみ、セロテープが友達の幼少期でした。
当時好きだった仮面ライダーや戦隊物に登場する〇〇ソードや〇〇銃などを紙で作って遊んでいたことをよく覚えています。
その時の環境のおかげで今の自分があると考えています。

という事です!!

晴季さんの今の才能を開花したのは小さい頃から工夫して紙とハサミを駆使して遊んでいたんですね。

そして私の予想を裏切り戦い系の戦闘用品を自ら作り出すという超アグレッシブな少年だったようですね!!ホント素敵!!

現在は神戸芸術工科大学アート・クラフト学科3回生の晴季さん。

素敵な才能を生かせる仕事に就いて欲しいなと思います。

そして晴季さんの今後の作品にも目が離せないですね。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索