安室奈美恵40歳でもツルツルの肌!引退は早過ぎる!!

安室奈美恵が電撃引退を発表して、その余波が凄いです。

職場でもショックを受けている人が何人かいましたよ。

えっ?あなたも安室ちゃんのファンだったの?っていうおとなしそうな子まで・・・

安室ちゃん話で持ち切りでした。

でも安室ちゃん嫌いって人は一人もいないですよ。

スポンサーリンク

奇跡の40歳!ツルツル肌の安室ちゃん

時代の最先端を走り続ける彼女がなぜ引退を決意したのか各方面で色々言われていますが、真相は彼女にしかわかりません。

40歳とは思えないほど、ツルツルピカピカの彼女の肌、本当に私の一つ年下なの?20代後半でもいけるんじゃね?って思ってしまう程、本当に変わらない彼女。

うらやましいです。

きっと見えないところで、誰にも知られず努力しての結果だと思います。

本当尊敬に値します。

だって人間誰でも絶対に同じように衰えていくと思うもん。

そんな神様が安室ちゃんだけ特別老いないような身体を与えたわけではないと思う。

でもあの美貌、美肌、どんだけ努力してるんだろうって思います。

使っている化粧品を真似たところで、やっている美容法を真似たところで安室ちゃんになれるわけではないけれど、やっぱり気になる美容法。

  • 天然成分100%の豆乳石鹸で洗顔
  • 基礎化粧は角質ケア化粧水RF28使用
  • 松やにパック
  • 半身浴
  • 酵素ドリンクを飲む
  • きつめのタイツを履いてダンスレッスン
  • 低インシュリンダイエット
  • しっかりと睡眠をとる

特に何もやってないと言いつつも書き出すとしっかりとケアしていますよね。

そりゃそうだ。

あんなにツルツルのたまご肌で何もやってないわけがない!!

この中で私が真似できる事って一番最後のしっかりと睡眠をとることくらいかなぁ。

そりゃそんなんじゃ安室ちゃんみたいになれるわけがない。

どんどん年齢とともにかけ離れていくわなってことですね。

全部やったところで絶対に安室ちゃんみたいにはなれんのやろうけれど・・・

それでもその差が広がっていかぬように日々私もお肌のケアくらいはしっかりとしたいものです。

今日は久しぶりに買ったヤクルトの化粧品、現在セール中のゴールドSEローションでもたっぷり塗って安室ちゃんのようなきれいな肌に近づきたいと思います!!

そんな40歳には到底見えない安室ちゃん、衰え知らずの安室ちゃんが引退するなんて早過ぎやしないかって思ってしまうのはもはや凡人の考えなんでしょうか・・・

まだまだやれる。もったいない。

でも衰える姿も見たくない。

一番きれいな姿のまま一線を退くという姿もまた潔くてかっこいいですよね。

一時はすごく輝いているけど、今も現役だけど、劣化して醜い人・・・いますもんね。

あんな風にはなってほしくないなと思いますもんね。

スポンサーリンク

安室ちゃんの息子の年齢にも驚愕!!

あんなにかわいくってキレイな安室ちゃんの息子が来年20歳を迎えるとか・・・マジか。

あんなにかわいいお母さんがいるのか。

やっぱり若いうちに産むって素敵だね。

娘よ、ごめんよー。

おかあちゃん、あんたが20歳の時・・・57歳だ。

辛い。辛過ぎる。

安室ちゃんは1997年にSAMさんと結婚して、1998年に息子を出産しています。

でも結婚生活たった5年の2002年、離婚に至ります。

息子がわずか4歳で離婚しています。

4歳って言ったら娘と同じ年だよ。

その時の彼女の年齢は、25歳ですよ。その若さで離婚して、シングルマザーとして子どもを育てるって本当に大変だと思います。

それにめちゃ多忙。

そして、彼女の実母は悲しい事件で帰らぬ人のなっています。

一番頼りたい時に、頼れる人もいなくて、どれほど辛い思いをしたか・・・想像しただけでも胸が苦しくなります。

数々の苦難を乗り越えた彼女だからこそ出るオーラ、輝き、芯の強さ、本物の美しさがそこにあるんでしょうね。

これからの1年が楽しみ

ファンの人はきっと引退という事が受け入れられなくて、悲しくて悲しくてどうしようもないって言う人も多いことと思います。

でも彼女は今日で引退って言っているわけではなく、この1年やれることはやるって言っています。

これは彼女の持っているすべてを出すってことで、間違いなく素晴らしい1年になると思います。

伝説の歌姫になるでしょうね。

と言うか、もうなってるか。

伝説の歌姫がこれからどんな伝説を残すか、まだまだ始まったばかりです。

これからが楽しみです。

安室ちゃんが紅白歌合戦出ることが決まりましたね。安室奈美恵 紅白歌合戦に特別出演決定!!松本人志が恐れてた事?!

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索