地域共通クーポンの偽造対策が裏目に?困惑原因はなにか?

GO TOトラベルキャンペーンの一環として対象予約サイトから宿泊をすると地域共通クーポンを旅行代金の15%が旅行者に配られます。

しかしその地域共通クーポンが偽造疑いで使えないというトラブルが起こっているのです。

その原因が明らかになりました。

お昼の番組バイキングで詳しく紹介されていましたのでまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

地域共通クーポンが偽造扱いされ困惑する人が多数?!

実際に地域共通クーポンを使おうと思って偽造を疑われた人の多いこと。

警戒する店側と本来普通に使おうと思っていた人の間で困惑が生じています。

使えるお店が少なくてそれを探すのも大変なのに、やっと使えると思ったお店で偽造扱いされた時の落胆と言ったらどうしようもないですね。

この方は完全に使えなかったようですね。

地域共通クーポンは日帰りならその当日のみ、泊まりの時は宿泊日とその翌日のみしか使用できません。

やはり問題として印刷がよくなんでしょうね。

ただどうしてもホログラムとか透かしとかは印刷技術もいるし何よりも経費が掛かっているから難しいんでしょうね。

地域共通クーポン偽装疑惑の困惑の原因とは?

あまりにも早急な計画だったため、対応が追いつかずに問題になっているようです。

印刷もなんと、同じ印刷会社ではなく複数に委託しているため、本物のクーポンでも会社によっては印刷具合に個体差が出ているそうです。

ますます偽造と見分けがつきにくくなってしまいますね。

更に、利用エリアの部分がスタンプを押すのですが、そのスタンプの配送が間に合わずシールで対応している都道府県もあるようです。

どちらも本物です。

このように本物でも、個体差があるものなので戸惑ってしまいますね。

スポンサーリンク

地域共通クーポン偽造を避けるためには?

バイキングの中でもジャーナリストの岸田雪子さんがいっていましたが、誰でも簡単に電子クーポンを利用できる環境を整えるべきだと。

デジタル環境庁など新設を試みているのであれば早急に対応する必要がありますね。

ただ若い人だけではなく老若男女すべての人に使えるようにするのが課題だと思いますので、それを整えるのはとても難しい問題なのかもしれません。

すでに始まっているGO TO EATキャンペーンでも食事券を電子クーポンを使える都道府県もありますが、愛知県は紙媒体のみです。

これから偽造などの問題が起きないか心配もあります。

千葉県では電子クーポンにより決済も可能でしかも電子クーポンだと1円単位で払えるということです。

スゴく良い!!こういう良いところはどんどん取り込んでもらいたいですね。


本当にまさにコレって感じですね。
ズバリと言ってくれました。

いろいろと問題点が浮き彫りになりつつありますが、利用する人もお店側も気持ちよく便利に使えることが一番ですね。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索