【キャッチ】恩田アナが乳がんで全摘手術後、無事復帰!

中京テレビ「キャッチ」に出演中の恩田千佐子アナウンサーが11月10日に突然番組最後に乳がんの告白をして、そのまま治療の為2週間お休みすると宣言。

今日の「キャッチ!」で、ご報告しましたが来週から2週間ちょっと番組をお休みさせていただきます。
理由は、乳がんの手術のため。
右乳房全摘出と乳房再建の同時手術です。
8月に「ちょっと変だな」と気づき乳腺外科に通い始めてマンモグラフィー・エコー検査・細胞検査・MRI検査・組織検査・・・と検査を重ねていった結果、右乳房に悪性腫瘍があると判明しました。
「早期発見の初期のがん」という診断でしたが、心配な部分が3ヶ所ほどあるので、右の乳房の組織はすべて取り除き、乳房のふくらみを保つため、人工のものを入れます。
正直、不安もありますが今はできることを粛々と進めていくしかないので、一つでも心配要素を減らしていくことに、取り組んでいきます。

恩ちゃんの生きる糧

ホームページにもあったように右乳房全摘手術&乳房再建同時手術を終え本日11月30日無事に番組に戻って来られました!!

今日の放送では闘病生活56日間を詳しく放送されていました。

手術までの検査の事、番組での視聴者への放送の裏側、家族への告知など赤裸々に語られていました。

スポンサーリンク

最初の異変

夏頃に何か分泌液が出てる?から異変に気付き、まぁ大丈夫だろうと思いながらも病院に行って検査をしたそうです。

それが始まりです。

そして検査をしていくうちに悪性の疑いが。

検査を進めていき悪性腫瘍であることがわかったそうです。

番組内では胸の内の不安を率直に語っていらっしゃました。

それがあまりにリアルで涙が出てきてしまいました。

家族への告知

このシーンが一番印象的でした。

乳がんになった事は娘さんには伝えていたそうです。

娘さんには支えてもらいたかったんでしょうね。

でもどうしても息子さんにはなかなか伝えられなかったと。

息子さんに伝えるところはカメラを回していました。

その時の伝え方が書類(おそらく病気のことを書いているともの)パラパラとめくりながらまるで番組の打ち合わせをするかのように事実のみをサラリと話していらっしゃいました。

告知する時の心境を息子が大丈夫か?って言うよりも自分自身が大丈夫か?って。

ちゃんと話しが出来るのか?そして話をしていて自分ががんであることを再確認してまた怖くなる、こうやって話してる今も・・・と涙を拭っていらっしゃいました。

きっとどこか自分のことだけれど実感がない、人に話して現実味が帯びて恐怖が襲ってくるんでしょうね。

がんも怖いし手術も怖い。

そんな不安な気持ちを全部伝えてくれて私は彼女を応援する気持ちにしかならなかったです。

いつも元気で面白い恩田アナを見てるととても元気が出ますよね。

太陽みたいなアナウンサー。

そんな彼女の弱い部分もたくさんさらけ出された今回の放送。

そりゃ不安やろうな、怖いやろうなと自分に置き換えて考えたら泣けてきました。

スポンサーリンク

明日の放送も必見

明日は手術から復帰までの事が放送されます。

わずか2週間で復帰されている彼女ですが、痛みや辛さはないのでしょうか?

画面を見る限りは以前の元気な姿と変わりなく辛そうな様子は微塵も感じさせられません。

すごく強くてかっこいい女性だなとますます大好きになりました。

明日の放送でときっと更なる強さと揺れ動く心の様子なども見せてくれることと思います。

本日見逃した方も明日は必見です。

後編についも書きました。【キャッチ】恩田アナが乳がんになって一番心強かったものとは?!

頑張る彼女の姿に私も力を貰いたいと思います!!

2017年12月20日から手術後の治療と休養のために長期休暇に入られたら恩田アナ。
こちらもご覧ください!

【キャッチ】恩田アナは長期休養からいつ復帰?みんな待ってるよぉ!

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索