のぶみ作詞でだいすけお兄さんが歌う「あたしおかあさんだから」炎上の理由

絵本作家のぶみ先生が作詞して元歌のおにいさんでママたちに大人気のだいすけお兄さんが歌う「あたし おかあさんだから」という歌がTwitter上で炎上しているというではありませんか!!

どうして炎上しちゃったのでしょう?

この歌はFacebookでのぶみさん自身が子育てしている&していた母親に経験をリサーチして作った歌です。

言うなればリアルな声。

なのになぜ炎上したのでしょうか?

私なりに考えてみたいと思います。

どんな歌詞なのかは著作権の問題で削除しています。

すみません。

批判&炎上の声はどんなものなのか?

ツイッターで炎上しているのはどういった声でしょうか?

まずこちら

このようにリアルな事を歌っているのにそれが肯定されている、そうしなきゃおかあさんじゃないと言われてるように感じる「呪い」とまで言っちゃってる人もいるくらいです。

こんな意見もありました。

これが世の普通と思ってしまわれても嫌だなと思いますよね。
こんな母親像素敵!でもお前全然出来てないやん!言われたら・・・
もうそれ1番あかんやつですよ。

だれも 救えない。

頑張っている人の応援にもなってないし、聴く人によってはこんな母親がいるのに文句いうんじゃね〜ってなったら最悪ですね。

そしてこちらのような意見も多かったです。

だいすけお兄さんさんのファンの方の声ですね。

このようにたくさん批判&炎上が盛りだくさんになってしまいました。

スポンサーリンク

どうしてリアルを書いているはずなにのなぜ炎上するのか?

わたしなりに考えた結果を書いてみますね。

この歌、本当にめっちゃこのままのリアルな生活でした。私。

でもね、これで良いと思ってなかったんですよね。

なんでわたしばっかり?って思うこともいっぱいありましたよ。

大好きなライブだって旦那は好きに行ってるのに私は娘が生まれてから1回も行ってない。

ほんま旦那よ、なんでお前は自分だけ?

それでよしと思ってるの?

な〜んて思ったこともありましたよ。

でもね、ほんまに行きたくてどうしようもなければ子どもをたまには旦那に見てもらって行けたと思うんです。

それをお願いすることを面倒がっている私がいたのかもしれません。

ママ友の中にはそうやってたまにはライブに行く子もいるし、それも全然オッケー!!

行けないのは「おかあさん」だからじゃなくてそれほど行きたいって思わない自分がいるからなんだと思います。

おかあさんになって大切に思うものが変化したって感じかな。

おかあさんだから行かないっていうんとはちょっとニュアンスが違うんです。わかるかなあ。

化粧もしない、ネイルもしないでもそれは「おかあさん」だからじゃなくて私のズボラのせいだしな。

だから歌とちょっとずれてくるんですよね。私の場合。

子供が生まれるまでは化粧もしていたしたまにはお肌のお手入れもしっかり出来ていたのに子どもが生まれて小さいうちは保湿どころじゃなくてお肌もボロボロで・・・

でもある程度大きくなって来て時間もあるのにやらないという・・・それは子ども云々ではなくて自分の問題なんだけどね。なんか子どもがいて忙しいから、な〜んて言い訳にして。

綺麗にしてる子はいつだって綺麗にしてるよ。

ほんまにいろんな大変はあるのも事実だし、正直我慢していることも一人の時よりも多いかもしれない。

だけど、それをそのまま歌にしたってショートムービーにしたって見ている人に何の応援にもならんのですよね。

辛い時間を過ごした人にとってはフラッシュバックして嫌に気持ちにしかならんって言われるし、実際に一緒に子育てしている父親からするとうちはこんなんじゃないしって言われるし、独身の人にとっては子ども産むのってこんなに大変でしんどいことなん?って思わせるだけだしね。

企業ムービーがリアルを描いて炎上した時も同じようなことばかりでしたよね。

おむつCMで考えさせらるワンオペ育児。理想と現実

ただただ事実を伝えるだけでは全然応援の気持ちは届かないんですよね。

頑張ってるのを認めて欲しいけれど、それだけ描いたってどうしようもないしなんの解決にもならんのですね。

じゃあどうすればいいの?って?

その答えをかいてくれているツイッターもありましたよ。

まぁ極端だけど、これも一理あるなおもったのはこれです。

めっちゃゆるっとこういうの。

いいですね。

私、旦那なんも手伝ってくれんかったし、正直ワンオペ育児に近いものがあったけれど、子育てはめちゃくちゃ楽しかったです。

そりゃ寝不足でしんどい時とかもありましたけどね。

それは適当にズボラだったし、そのズボラを突っ込まれなかったのが良かったのかもしれません。

洗濯物を取り込んだまま畳めない時も、それをなんでやらへんの?ずっと家におって。とか言われてたらもう逃げ場もなんもないけれど、旦那は何もやらん代わりにそういうズボラも別に攻めなかった。

それが救い。

ご飯も何品もないと文句言うとかはなく出すものはしっかり食べるし、品数少ないとか文句も言わん。

ただ、まずい時はまずいっていうけど。

そこは正直。

お惣菜買ったことないけど多分そんなところ手を抜いても言わないと思う。

私のズボラを許してくれる。

そこが良かった。

私が私のズボラを許せなくてしんどくなってた時期があるだけ。

そして究極、こういう風なのがきっと子育てしてるママには最高にそれでいいんだよって思ったもの。

そっと背中をトントンしてもらってる、支えてもらってる気持ちになるんだろうな。

これぞ応援ソングなんだろうな。

スポンサーリンク

伝える事はホント、難しいってこと

のぶみさんはきっと本当に母親を応援したかったんだと思います。

でも結局それが今回は伝わらなかったんでしょうね。

応援したかったら母親本人の話を聞いてその大変さを触れて、ご自身もお子さんを育てている経験もあるでしょうから、父親の目線で、そんな頑張る母へ応援ソングを書いていればまた違ったのかなとう思います。

母親目線で男性がそれを書いたって共感されないです。

きっと本当の気持ちはわからないんだから。

のぶみ さんの一連の炎上で知った私が感動したブログも一つご紹介させていただきます。

ここまで丁寧に描く事で本当に子育てが楽しくてかけがえのない素晴らしい時間だってことをふっと思い出すし、幸せだって気づきをくれますね。

「おかあさんだから」ってひとくくりにしてしまわずに、愛しているから、可愛いと思うから、大好きだからと丁寧に描いてあげることでもっと違う作品になったんじゃないかなって思います。

子どもが聴いてどう思う?強迫観念じゃないのか?って意見もありますしね。

「おかあさんだから」私のせいでいっぱい我慢させたんだね、って思う子もいるのではないか?って言われています。

だからこそ「おかあさんだから」ではなくてどれだけあなたが可愛くて素敵で大好きだからともっと大事に丁寧に描いてあげることで聴いた子どもも大事に愛されて育ったんだなって嬉しくなるような歌になるんじゃないかな。とも思います。

私は決してのぶみさんが嫌いではない。

むしろ好きです。

だからこそ今回の炎上はとても残念です。

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索