【琴音】インタビュー記事から見る大物の予感。才能だけではない彼女の魅力

琴音さんについてはこちら【音楽チャンプ】琴音がグランドチャンプになり最終回、惜しむ声続々!にも書きましたが、今回彼女のインタビュー記事を読んで、あらためて彼女の魅力を再確認することが出来ました。

なぜあんなにも人を魅了する歌を歌えるのかなんとなくわかったような気がします。

まずまだ記事を読んでない方はこちら現役女子高生シンガー・ソングライター「琴音」のインタビュー公開。”ワン!チャン!!”グランプリ受賞で”ビクターロック祭り2018″出演、オーディション番組でも話題の16歳に迫るを読んでみてください。

このインタビュー記事を読んだ私なりの感想を書いてみます。

ご興味ある方どうぞ~。

スポンサーリンク

才能だけではなく自ら掴み取った栄光

まず彼女の歌は聴いた人の心をグッとつかむ澄んだ声と優しく心に染み渡る優しさがあると思います。

声って持って生まれたものだからレッスンでどうにかなるってものではいないと思うんですね。

だからホント魅力あるあの声は彼女が持って生まれた神様から与えられた天性ものでしょうね。

それでもやっぱり自分で動かないと世の中に知れ渡る存在になんてならなんですよね。

このワン!チャン!!グランプリ受賞した背景にはこのように答えていらっしゃいます。

デビューするということを考えると自分ももう若い年齢ではないというか。

若さでもってアーティスト活動をできるのは高校生でいるうちのあと残り2年ぐらいなのかなと思っていて。

それで、やっぱりチャンスはできるだけ掴んでいきたいっていう思いがあって、Eggsで募集しているいろいろなオーディションに応募させていただいたんです。

そのうちのひとつが”ワン!チャン!!”でした。

しっかりとデビューを見据えて自ら行動を起こしています。

若さでアーティスト活動できるのは高校生のうちって自分の事を客観的に見る事も出来ていますし、チャンスを掴みたいといろんなオーディションに応募されています。

ここでもう普通の高校生とは違いますよね。

私が高校生の頃なんてなーんも考えてなかったよ。

もしも琴音ちゃんみたいな才能があったら自らどんどん進んでチャレンジしていただろうかって?

なんだろう。やってないな。多分。

ただカラオケ行って皆にうま~い!言われて調子乗って終わるレベルで終わってると思う。

宝の持ち腐れになってた思います。

琴音さんは自分プロデュース能力が若い頃から高いんでしょうね。

そこが凡人の私とは違う。

そして声が云々って以上にチャンスを掴もうと動き出す行動力も大きな才能の一つだと思います。

それから自らを信じる力。

これはきっと周りの人の影響も大きいと思います。

自分がデビューする!!って強く思ってそれに向かって行動できるのは自らを信じる力がないと出来ないですよね。

きっと多くの人がこれを出来ずに「私なんて・・・」と卑屈になったり「そんな世界飛び込んでいけるだろうか?」って言うように躊躇して悩むと思うんですよね。

そしてなぜだか出来ない理由を探してしまう。

でも琴音さんはそうではなく、デビューするにはオーディションを受けようと行動しています。

これって彼女を支えている人きっと家族なり、友達なりたくさんいたんじゃないかって思います。

彼女の才能や努力を彼女と共に大丈夫って見守り応援していたんじゃないかなって想像してます。

1人の力じゃきっとそこまで大きなパワーにならんのじゃないかって思うんですよね。

自分を信じる力が強い分、前に進む力が働くんじゃないかなって。

人一倍臆病で人見知りの彼女だからこそ優しさが溢れている歌「成長記」

彼女自身が彼女の心のうちをさらけ出した歌がこの「成長記」という歌です。

凄く繊細な感情を優しく歌い上げています。

インタビュー記事ではこのように書かれています。

-ということは、「成長記」の歌詞の内容はそのままご自身のことですか? “幼い頃から人一倍 臆病で/すぐに 物を怖がって どこかに隠れて”っていうフレーズが気になっていたんですけど。

もう完全に私のことです。あそこをいいねと言ってくださる方もいらっしゃるんですけど、私的には結構嫌がられる部分なのかなと思っていたので、すごく意外でしたね。

-どうして嫌がられると思ったんですか?

悲観的というか、決して温かい雰囲気が伝わるような歌詞ではないというか。なので拒否られやすい曲なのかなと思っていたんですけど、案外そうでもないんだなって。

全然悲観的には感じませんでしたけどね。

臆病で怖がりの彼女でもいや、そんな彼女だからこそ人の優しさを感じられるっていう超プラスな考え方が出来るってホント素晴らしいし、そんな風に感じる事が大事なんだって教えてくれる歌だと思いましたよ。

彼女の魅力はブレない強さ

今回のインタビュー記事で強烈に印象に残ったのが最後のところです。

-自分の歌に対する意見を受け取る機会も増えたと思いますが、それについてはどのように感じていますか?

ポジティヴなことに対しては”ありがとうございます”って思いますし、ネガティヴなことに関しても”たしかに自分が足りなかったのかもしれない”って思ったら、受け止めて今後に生かすようにしています。そうは思わなかったら聞き流す、みたいな……(笑)。基本的にその人たちそれぞれの人生経験を通して”私を観たらこう思った”っていう一感想でしかないなって思っているので。

これってすごいと思いませんか???

自分がしっかりとしているからきっと彼女は周りが何と言ってもブレないと思います。

ホント最後の「基本的にその人たちそれぞれの人生経験を通して”私を観たらこう思った”っていう一感想でしかないなって思っているので。」この一文がほんと強烈に私の心に突き刺さりました。

人の意見がホントに気になる私なんていっつもグラグラですよ。

でも彼女はきっと自分がしっかりしてるから周りが何と言おうとどう思おうとそれはその人の人生経験を通して私を見たらこう思ったって言う一感想しかないってところ。

ここは本当に勉強になりました。

人は弱い。特に厳しい意見に対してはめっぽう打たれ弱い。

炎上して、気にして心ボロボロになる人もいます。

きっと私なんて炎上したり、人に意見されると超凹むと思います。

考え過ぎると何も書けなくなったりもします。

でもそんな必要ないんやなとちょっと思いました。

「その人の人生経験を通して見たらそう思ったって言う一感想」って捉え方すればきっと必要以上に傷つくことも無いだろうし、何よりも周りの意見に左右されずに自分に自信持ってりゃいいんだって思いました。

すごいなぁ。

こりゃ大物になるよ。

器が違うな。

ほんまカッコいいよ。

物怖じしない堂々たるステージに立つ姿を見てると人見知りで人の後ろに隠れてたなんて言うのが嘘のようです。

まさに彼女の成長の証ですね。

これからもっと人とも関わって成長していくんでしょうが、きっと大事な部分はブレずにそのままでより琴音さんらしく輝いていくんでしょうね。

いろんな経験して恋もして彼女がどんな歌を作ってくれるのか楽しみで仕方ないですわ。

スポンサーリンク

才能をのばすのは環境がやっぱり大事!

親の視点からこのインタビュー記事を読むと環境ってめちゃくちゃ大事なんやなって思いました。

-もともと歌うことが好きだったんですか?

はい。両親が音楽をやっていて音楽をできる環境が整っていたので、始めやすかったですし、続けやすかったですね。家に音楽室みたいに楽器がいっぱい置いてあるところがあるんですけど、そこでお父さんがギターを弾いて歌を歌っていることもあって。基本的に家の中で誰かが歌っていたので、それが聞こえてくることはよくありました。

やはり子どもの才能を伸ばすも潰すも環境次第ですね。

子どもが興味を持ち自ら進んで取り組む姿勢をどれだけ見守り、環境を整えてあげられるかって本当に大事なことだと思います。

私の娘は4歳で年中です。

何に興味を持ち、どんな人生を歩むか無限の可能性が広がっていると思います。

私が出来る事は娘を信じて環境を整えてやることですが、娘を信じてしっかりと応援してやれるかどうか・・・

娘の未来は娘のもの。

やりたいことを見つけて、輝く未来を歩んで欲しいと思います。

環境を整えてやれるだけの私の心の余裕とお金の余裕が・・・日々頑張ろうって思いますね。

これからの琴音さんのことも娘みたいな気持ちで見守っていきたいと思います。

彼女の世界で誰にも染まらず、ダメなところは駄目なまま、届けてくれたら良いと思います。

人間誰もがダメな部分いっぱいで、表には出さなくっても悩んでることも多い世の中。

だからこそ彼女の弱い部分をさらけ出した歌たちはたくさんの人に受け入れられて心に優しく響くんですよね。

あーほんまに生歌聴きたい。

ライブハウス行きたい。

娘を産んでから行ってない。

ライブハウスで聴く生歌の声、息遣い、スモークの匂い、照明の美しさ・・・すべて懐かしい。

ライブハウスで琴音さんの歌聴いたら・・・想像しただけで鳥肌ものですよ。

いつか娘と!!と思っているけれど、多分娘が大きくなってライブハウスに行ける歳になったらもう琴音さんはライブハウスではなくドームツアーとかやってる人になるんだろうな。

今ライブハウス行ける人は絶対必見!!必聴ですよ!!ほんまに!!

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索