ヤクルトレディのお仕事は融通が利く!自分次第でどうにでもなる。

来週の月曜日、大阪に用事があって帰ります。

そして、来月は娘の保育参観があるのと、お盆に旦那の実家に帰るので連休を取る予定にしています。

いつも以上にお休みが4日多くなりますが、お給料は4日お休みしてもそれほど下がりません。

体調不良などで急にお休みした場合は別ですが、前もってわかっているお休みは自分で調整することが出来ます。

一体どういうことか、詳しくみてみましょう。

ある意味自分次第で融通が利く

ヤクルトレディのお仕事は基本的に月曜日~金曜日までのお届けですので、こういう前もってわかっているお休みの場合はお客様にご訪問曜日を変更していただいて自分でお届けします。

いわゆる「倍配(ばいはい)」と言われるものです。

倍配することで、売り上げ金額は変わらずに休みたい日に休むことが出来る仕事って他になかなかないような気がします。

私は来週の月曜日のお休みすることが決まっていますので、月曜日コースのお客様に「来週のお届けは私用でお休みさせていただきますのでこの日のお届け分を金曜日にお届けさせていただきます。」と先週にご案内しています。

ですので明日は本来の金曜日コースのお客様と来週分の月曜日コースのお客様の分をお届けすることになります。

ヤクルトレディの収入の仕組みは、商品の売り上げ数量をもとにお支払いする販売手数料が収入となります。

時給で働くお仕事だと、働いた時間だけしかお給料は発生しませんが、ヤクルトレディの場合は一日で二日分お届けすれば、一日お休みしても二日働いたのと同じだけお給料がもらえる仕組みなっています。

だから自分次第でお休みを調整できますし、それによってお給料が減る心配もありません。

ただ、先程も言いましたが、急に子どもが熱を出してお休みした場合などは自分では販売出来ないので、当然のことながら給料は入りません。

ここは時給で働く人と同じですね。

そんなこと出来るのか?!

出来るんです、それが。

ただ、めっちゃ大変です!!

普通に考えたらわかると思いますが、単純に二日分お届けするのですからしんどいに決まっています。

入ったばかりの頃は普通に回るのにも時間がかかって大変なのにそんな倍配出来るのか?心配で心配でたまらなかった私。

でもなんとか出来るようになるんです。

そして慣れた先輩レディさんたちは倍配でもめっちゃ回るの早いです。

「倍配が恐ろしすぎて悪夢を見ます~」って話してたら先輩レディさんに「慣れたら大丈夫、大丈夫!!回れるよ!」って励ましてもらいながらアドバイスももらってなんとか出来るようになりました。

倍配を制するには下準備が必要

まずお客様の回る順路をしっかりと把握して、紙に書いて行き忘れがないように、チェックします。

ボックスのお客様のメモなどは事前に準備しておいて、時間短縮。

これをやることでだいぶ時間短縮できます。

いつものお客様との楽しい長話もこの日ばかりは早めに切り上げます。

ここが新人のうちはなかなか出来なかったのですが、今ではお客様との信頼関係も築けてきているので、「今日は倍配で忙しいから○○さんとの楽しい話はまた来週ゆっくり聞きますね」と言えるようになり、「それは大変、早く行って。行って~。」と言ってくださるので、倍配で悪夢を見ることはなくなりました(笑)

とは言え、やっぱり私は倍配苦手。

四の五の言ってる場合じゃないので、これから明日の下準備に取りかかりま~す。

ブログ書いてる場合じゃないですね〜!

頑張りまーす!

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索

コメント

  1. おー より:

    私の働いているヤクルトでは 社員になる方は 成績関係なく 希望者です。優秀レディーさんの方が断然 稼いでいる金額は社員さんより 多いです。世界大会にいつもいかれる方は 社員さんにならないでいます。20万以上も手数料があれば 社員さんには ならないでしょう。

    • hanamanami より:

      コメントありがとうございます。
      そうなんですね!!
      確かに金額面ではだけ見たらヤクルトレディの方が割りが良いんですけど、私の知ってる人は社員さんになる人全員スカウトですよ。成績と言うよりもやる気を買われる感じでしょうか。
      20万以上手数料ある人も社員さんになってますよ〜。
      やっぱりそんな人は社員さんなっても凄い活動されてます。
      もう尊敬しかないですよ。