【職探し】やる気次第でヤクルトレディから社員への道も開ける!

子育て中のママさんに人気のヤクルトレディのお仕事ですが、ヤクルトレディは基本的に個人事業主かパート(月給)になります。

それ以外にヤクルトには社員さんもいます。

どうしたら社員になれるのか?

ヤクルトには社員登用制度があり、頑張ればヤクルトレディから社員への道が開けます。

私のセンターからも今年一人、ヤクルトレディから社員になった人がいます!!

その彼女がどうしてヤクルトレディから社員になったのか、社員になって実際どうなのか、聞いてみましたのでこれからヤクルトレディになって社員を目指そうという方、ヤクルトレディで社員になろうか考えている方必見です!

ヤクルトレディから社員になるまで

彼女は私がセンターに入ってしばらくしてから「大丈夫?!しんどくない?」といつも気にかけてくれるとても気のつく優しい先輩でした。

入って間もない一番不安な時に声をかけてくれたのは唯一彼女一人だけでした。

一緒に同行も何度かさせてもらいましたが、お客様への気配りも素晴らしかったです。

お声がけも精力的に頑張っていて、センター売り上げナンバーワン!!

そりゃそうだよなぁってくらいの頑張り屋さんです。

本当に鉄人?超人?ってくらいやる気モードの時の彼女は誰も止められないほど突っ走っていました。

私も普及活動でつまづいてどうしていいかわからなくなったら必ず彼女に相談してアドバイスをもらっていました。

今の私がこうしてヤクルトレディを続けられているのも彼女のおかげであると思います。

そんな彼女がどうしてヤクルトレディから社員になったのか?

一番大きな理由はなんだったのか聞いたところ、やっぱり社員で働きたいと思っていたとのこと。

それはヤクルトでというよりはどこでも社員で働きたいと。

そして他の仕事を探してもなかなかいい条件の仕事はないし、そして何よりヤクルトの仕事が嫌いではなかったから決断したと言っていました。

今まではセンターナンバーワンでずっと走り続けていたこともあり、私たちも彼女の背中を追いかけるように目標にする人であったし(全然届かないけどw)会社的にもだんだんと過度の期待を彼女にするようになってきて、プレッシャーも大きい毎日だったのではないかなぁとこれは私の勝手な推測ですが感じていました。

やっぱりヤクルトレディの仕事は売上があってなんぼなんですよね。

それを誰しもが少なからず意識して毎日仕事するのです。

1番になると周りの期待もさることながら自分自身が1番自分にプレッシャーをかけているところもあるかもしれません。

そんな毎日頑張る彼女が社員になる決心をしてセンターを去って行きました。

それからしばらくして社員の制服に身を包み彼女がセンターに来た時、すごく晴れ晴れした良い顔をしていました。

そして一言。

「すごい楽しい!!」

明らかにヤクルトレディの時よりも楽しそうに軽やかな彼女。

生き生きしているその表情を見て彼女にとって、社員になったことは正解だったんだと思いました。

社員の仕事はヤクルトレディを育成したり、新しい顧客を開拓したり、ヤクルトレディが働きやすいように動くと言う感じです。

本当にその働きぶりには頭が上がらないです。

今までは自分のために働いていたのが、ヤクルトレディの為に働くって感じで彼女自身も「レディさんの為になってるって言うのが嬉しい。人の為に働けるのが嬉しい」と言ってましたわ。

やっぱり社員さんは凄いし本当にありがたい存在だなぁと思いました。

「ヤクルトレディさんあっての私たち」ということも言ってましたね。

社員とヤクルトレディが双方で「おかげさまです、ありがとうございます」と言う気持ちでやっていけたら凄い良い関係を築けるなと思うし、会社も発展していくだろうなと思います。

頑張れば社員にスカウトされる?!

では、そんな頑張り屋の彼女のような凄い人しか社員にはなれないのか?と言えばそうでもないです。

こんな私でも以前声をかけてもらったことがあります。

凄いチャンス、こんな大きい会社の社員になるチャンスです!!

社員になれば社会保険もあるし、有給もあるし、ボーナスもあるし、ヤクルトと言う大きな会社の社員になるわけですから補償もしっかりしていると思います。

他の仕事のように鬼のように遅くなる残業とかもないですしね。

それでも私は扶養範囲内でのほほんと働きたかったので、丁重にお断りいたしました。

ある程度売上を落とさず、新規開拓を頑張っていれば道は開けますよ。

まとめ

頑張っていれば社員になる道は開けます。

人の為に頑張れる人は楽しく出来ると思います!

ヤクルトレディとしてお声がけを楽しくできた人は特にオススメです。

新しい出会いがたくさん待っていて補償もしっかりある社員になるのも夢じゃないですよ。

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索