あなたの番です「扉の向こう」ネタバレ 202号室黒島沙和がDV彼氏をゲットするまで

あなたの番ですスピンオフドラマ「扉の向こう」2019年7月14日に配信されたのは202号室の黒島沙和の物語。

いつも可愛くてファンでなくともその可愛さに魅了されてしまいましたよ。

そして黒島ちゃんと言ったら初めのころはDV彼氏にやられた身体の傷がいたたまれなかったですね。

今回はその黒島ちゃんがそのDV彼氏とどうやって付き合ったのかが「扉の向こう」で明かされました。

では早速ネタバレ感想どうぞ。

スポンサーリンク

あなたの番です「扉の向こう」202号室 黒島沙和のあらすじネタバレ

黒島沙和は二十歳の大学生です。

彼氏を作る数式を完成させるという彼女。

気になる人を部屋に呼びました。

そして数式によると

「お互いの情報交換」で自己紹介しあいます。

それはまるでお見合い。

彼も若干引いています。

【女性的魅力を強調する仕草】で唇に人差し指を当てます。

【男性の庇護欲を煽る角度】で上目遣い。

【幼児性をアピールする潤目】で目力をギュッと入れます。

相手の男性は「ごめん、俺がなんかしたなら謝る」と完全に引いています。

【スキンシップ】最後に手を握って見つめます。

そして「私とお付き合いしてくれませんか?」ここで完璧という文字が出ます。

「波止君と男女の中として交際したくて」とダメ押しすると

「いや、ごめんちょっとついていけてないわ。ごめん」とだいぶ逃げ腰の男性。

そして「今度どっか飯とか行こうよ。気軽に連絡して、気軽に」と言って帰っていきました。

なんで?と首をひねる黒島ちゃん。

奥の部屋の扉を開けるとホワイトボードに「黒島沙和に適した男性と交際関係を結ぶまでの計算式」と題されて数式がびっしりと並んでいます。

その数式を消してまたやり直します。

その数式を友人に見せてどこか間違っているところはないか聞くと全部間違っていると指摘されます。

波止陽樹って誰?というところから説明です。

彼とは学祭で声をかけられたいわゆるナンパです。

そこで出会ったほぼ初対面の男性を家に呼んで付き合ってと言った黒島ちゃんに対して友達はめちゃくちゃ怒ります。

普通だったら襲われるよと。

でもそれは大丈夫と自信を持つ黒島ちゃん。

そういう心配のない人を選んだと数式を指さします。

情報源はSNSで集めたものでした。

自分に関しての情報も友達の話を聞いて容姿の点数を89.2を93.7に変更していました。

私以外の人の前で言うなよと忠告する友達はきっと親友でしょうね。

何のことかわからないという感じの黒島ちゃんは完全に天然ですね。

友達は初対面で告白する人はいないし黒島ちゃんが告白の時にやった仕草を再現すると「痴女だ」とまた怒りました。

そしてこれを見て何もしなかった波止君もえらいと褒めていました。

むしろ童貞説も唱えていました。

とにかく迷走しまくって突っ走る黒島ちゃんに友達はアドバイスします。

恋愛は心だと伝えます。

でも黒島ちゃんは、理屈ではなく気持ちだというけれど、きちんと数式に当てはまらないと呑み込めないと言います。

黒島ちゃんの気持ちと同じくらい波止くんの気持ちも大事だよとさらに伝える友達なのでした。

ご飯食べようと誘われた黒島ちゃんは外で食事をするのではなく、家でごちそうを振舞います。

オムライス、ハンバーグ、肉じゃがなどの料理を見て、「男が彼女に作って欲しいランキングみたいだね」と言われ素直に「うん」と答える黒島ちゃん。

しかも切った野菜は全部綺麗なさいの目切りです。

それを見て波止くんはマジで数学好きなんだねと笑います。

黒島ちゃんは波止君はどんな気持ちか聞きます。

「良い印象を抱いております。」と言われて

「お付き合いするのは?」と聞くと

「ごめん。もう少し黒島さんのこと知りたい。黒島さんも俺のことよくわかってないだろうし」と断られてしまいます。

この時自分の数式に大きなバツ印をつけられたような気がしたという黒島ちゃんです。

またお友達とホワイトボードに向き合います。

「波止君とのきっかけは本当に学祭で声かけられたからってだけ?なんで付き合いたいって思ったの?」

友達に聞かれて言葉が出なくて、困っているとそれが恋だよと。

そのまま素直にストレートに言ったほうが良いと言います。。

それから友達はどうすればいいのかいろいろと教えました。

また黒島ちゃんの部屋に波止君が来ています。

でも沈黙。

波止君は黒島ちゃんに無理させてないか心配します。

どれだけ考えても友達の言ったことはわからなかった黒島ちゃんですが、数式には当てはまらいけれど、ストレートに想いを伝える告白をしました。

「好きです。えっと...。。大好き」

すると波止君は

「やっと黒島さんのことわかった気がする」と言って黒島ちゃんの告白を受け入れ

「俺で良かったらよろしくお願いします。」と手を差し伸べました。

黒島ちゃんは数式に当てはまらないこの告白をちょっと納得いかない様子でしたが、晴れて付き合うことになった二人です。

友達に報告電話をすると、とても喜んでくれました。

そして今度3人でご飯を食べようと言われるとそれは無理だと言うのです。

しかもこれから電話もメールも出来ないと伝えます。

付き合ったらそういうものだと彼が言うと言うのです。

横ですごい顔で黒島ちゃんを睨みつける波止君。

友達は「そんなのおかしいよ、絶対」と言いますが、

黒島ちゃんは「私もそう思ったけど、いずみの言うことも正しかったし、おかしいと思うことが正解なこともあるとわかったから。」

「違う!!そいつヤバイって!!沙和!!!」と叫ぶ友達の電話を奪い取り、電話を切る波止君。

そして連絡先を全部消すように言います。

そのくせ俺には同じことを求めるな、前に付き合った女が闇が深くてクソめんどくさかったと言い放ちました。

面白がってストーカーとつきあうもんじゃないと言い、黒島ちゃんのこともその子と同類かと思って警戒していたんだと。

「俺のこと好きだよね、だったら消して」と言って後ろから手首を思いっきり押さえつけて

「消して、俺の前で、ねえ、好きなんだろ」

「わかった」と言って腕を離すと手首にはアザが出来ていました。

後ろでずっと連絡先を削除するのを見守る彼。

どんな数式よりもわからないことばかり。

私にとって恋愛はどんな数式よりも難題です。

ここで物語の幕が閉じます。

スポンサーリンク

あなたの番です「扉の向こう」202号室 黒島沙和の感想

黒島ちゃんがだいぶ天然で可愛かったのですが、付き合った後の彼氏の豹変ぶりが恐ろしかったです。

数式に当てはまらないことは苦手な黒島ちゃんはやはり本編で恋模様をのぞかせた二階堂さんとがめちゃくちゃお似合いですね。

なかなか二人が恋愛に行きつくことは周りが援護しないとお互い気づかないような気がしますけれど。

それにしても黒島ちゃんの潤目の上目づかいで手を握っての告白はファンの人はたまらなかったんではないでしょうか?

めちゃくちゃ可愛かったですね。

それ以上に「大好き!!」の告白はグッとくるものがありましたね。

黒島ちゃんに双子説が出ていましたが、それもなくなり黒幕説は一旦落ちついたのかな?

どうでしょうね。

このDV彼氏も本編では亡くなっていることになっていますが、どういった経緯で亡くなったのか、詳しくはまだ出てきていないですね。

そして本編では謎のストーカー風の新人物が登場してきましたし、もう気持ちが全然追い付きません。

まだまだ黒島ちゃんが怪しいという声もある中、「扉の向こう」に関してみると、怪しさは一切ない、可愛い黒島ちゃんの姿しか見ることができませんでしたね。

あなたの番ですの公式で「扉の向こう」coming soonになっている部屋は

103 田宮家

204 西村家

302 手塚家

303 空き部屋

404 江藤家

501 佐野家

になっています。

怪しい部屋がいっぱい残っていますね。

これから随時配信があると思うのですが、私の大いなる希望はもう一度304号室の「扉の向こう」を見せて欲しいと思うのです。

新しい住人「二階堂忍」の「扉の向こう」興味ある人多いとおもうんだけどな~。

13話の二階堂めちゃくちゃかっこよかったです。

また見たい~!!

今回の「扉の向こう」は黒島ちゃんファンにはたまらん回だったと思うので、いつか二階堂ファンにも是非お願いしたいです。

本編もなんだかすごい展開になってきて、もう気持ちがいっぱいいっぱいですが、たくさんの人の考察みて楽しみたいと思います。

来週放送ないとか残念過ぎます。

1週間でも長いのに、2週間とか長すぎます。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索