あなたの番です「扉の向こう」ネタバレ 203号室シンイー宅の不法滞在者は何でもする?

あなたの番ですスピンオフドラマ「扉の向こう」2019年6月30日に配信されたのは203号室シンイー、イクバル、クオンアの部屋の物語。

この3人はどういう関係なんでしょうね。

シンイーの部屋には他にも不法滞在者がいるようだったので、どういった関係か気になるところではありますね。

では早速シンイーの部屋の扉の向こうを見ていきましょう。

スポンサーリンク

あなたの番です「扉の向こう」203号室シンイーのあらすずネタバレ

203号室の住人のシンイーは中国からきた留学生。

そしてクオンはベトナム人。もう一人システムエンジニアのイクバルの3人で暮らしている・・・と言うのが表向きの仮の姿で本当はもっとたくさんの人が住んでいる。

と言っても最初、1年前は本当に3人のシェアハウスだった203号室。

イクバルとクオンが住んでいるマンションにシンイーがインターン先で知り合ったイクバルに誘われて3人で一緒に住むことになりました。

クオンはイケメンでおまけに優しいのですぐに仲良くなったシンイー。

イクバルはスゴイ面倒見がよくて家賃も激安にしてくれたらしいです。

クオンとシンイーのご飯を作ってあげて、自分は宗教の関係で夜まで食べないと言う。

イクバルはバングラデシュ生まれのイスラム教徒。

3人は国も性別も年齢も違うけれど、お互いリスペクトしてうまくいっていました。

ところがある日、家に帰ったシンイーとクオンは部屋に見ず知らずの男がいることに驚きます。

するとその男は

「イクバルです」と言います。

「痩せた?」と言うレベルではないくらいの別人に疑いのまなざしを向ける二人。

そこに本物のイクバルが帰ってきます。

彼はすごい困ってるから今日から一緒に住むと言います。

納得しないシンイーですが、困っている人をほっておけないと言います。

イクバルは人が良いので、困っている人をほっておけず、また新しいイクバルが増えていきました。

3人の新しいイクバルが増えて気づけば「ビックダディ状態」と表現してたシンイー。

クオンとイチャイチャしたいの言う気持ちもあってイクバルに出ていくように言ってとクオンに言います。

するとクオンは「イクバル2、イクバル3、イクバル4にはせめても働いてくれと言います」と言いましたが、シンイーは

イクバルオリジナル(イクバル本人)にも言うと。でなければ、どんどんイクバルが増えていくと。

部屋に帰るとイクバルたちが宴会をしています。

家族が増えて嬉しいと喜んでいるイクバル。

やけ酒を飲むシンイーはイクバルオリジナルにこれ以上のイクバルを増やすことを禁止することを告げます。

そしてイクバル2、イクバル3、イクバル4に対しても出ていくように言います。

仕事もしない、家賃も払わない、ビザもない人はこの家に住む資格はないと。

するとイクバル2は家を出ると言います。

堅気の仕事が決まったと言って。

そしてシンイーやクオンに大事な形見やお守りを餞別代りに渡すのでした。

想いのこもったものをもらって別れを告げました。

そして3人になったらイクバルが二人に気を遣い、帰ってきたのにすぐに出かけたりするのです。

クオンも出張があり、だれもいない部屋はとても淋しそうです。

クオンが出張から帰り、やっと二人でイチャイチャ、キスしようとした瞬間、飾っていたイクバルたちに貰ったお守りたちが音を立てて落ちるのです。

不吉な予感の二人。

落ちたお守りを拾い上げようとすると・・・・・ピンポーンとインターフォンがなります。

画面に映るのはイクバル。

そして堅気に仕事は嘘だったと言ってやっぱり困っている人を見捨てられないと謝ります。

折角出ていったのに、どうする?と言うクオンに自分が呼んだというシンイー。

やっぱり淋しかったんですね。

クオンに腹をくくれと言い、ビザが取れたら一緒に二人暮らししようと言います。

そして扉を開けてビックリ!!

イクバルオリジナルとともに、イクバル2,3,4、プラス5人!!

増えてる!!

スゴイ人数のイクバルたちになりました。

その夜の宴。

シンイー、クオン、イクバルオリジナルに対して不法滞在者のイクバルたちはこう誓います。

「みんなは命の恩人。命で受けた恩は命に代えて返す。何でもする。」

シンイー「何でも?」

イクバルたち「何でもする。本当に何でもする。

そして「何でもする」と言いながら踊りを踊りまくり物語は終わりました。

スポンサーリンク

あなたの番です「扉の向こう」203号室シンイーの感想

シンイーの部屋は謎に満ちていましたね。

どういうわけか不法滞在者がたくさんいたのはイクバルが優しすぎるからと言う単純な理由でした。

でもこの受けた恩を命で返すために「何でもする」という言葉。怖いですね。

これこそが本編につながるキーワードですね。

かくまってもらい、命を助けてもらった恩を困っているシンイーの為に殺人を犯してしまうということですね。

12話の最後もすごい怖かったです。

鳥肌ものでした。

いつも話の最後にドキッとしたり、ウワア!!って鳥肌が立つような絶妙な終わり方してくれる「あなたの番です」最高ですね。

次回も楽しみです!!


シンイー役の金澤美穂さんもクオン役の井阪郁巳さんも外国人の役がスゴイ上手で、本当に日本人じゃないと思ってしまうくらいハマり役ですね。
それもまた面白いです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索