あなたの番です田宮の本音は演技の中に?今までの演技を集めてみた!

あなたの番です18話の中で田宮さんが不倫?相手(手を握っただけ)の東に向かって言ったセリフでここしばらく私の本音は演技の中にあったように思うんだと。ありましたね。

これは田宮さんの今まで演技を振り返らなきゃと過去シーンを見返してみました。

するとどうでしょう。

めっちゃ田宮さん証言してるや~んってくらいいろんなことを言ってました。

でもなんでしょうね。今セリフだけピックアップしてみると、すごい核心ついたこと言ってるのですが、その時はどうしてもコメディ色が強すぎて全然田宮さんのセリフが入ってきませんでしたね。

しかも演劇のセリフを言ってるだけならまだしも全然関係ないところで、アドリブでちょいちょい変なセリフを挟んでいるんですよ。

こんなにあからさまに言ってるのにあんまり話題になっていない田宮さん。

やはり、あの奇抜な濃いメイクと大げさな演技に話の内容が何にも入ってこなかったんでしょうね。

ある意味あれを演じている生瀬勝久さんがすごいんでしょうね。

今までの田宮さんの演劇のシーンを中心に怪しいところがないか抜き出してみました。

考察の参考に是非!

スポンサーリンク

あなたの番です田宮さんの演劇シーンの数々で本音を語る?

あなたの番ですの18話で田宮さんが言ったセリフがとても気になりました。

ここしばらく 気付けば

私の本音は すべて

演技の中にあったように思うんだ。

それを 現実に 解き放たねば

ならない時が来たようだ。

この言葉を聞いて今までの田宮さんシーンを振り返ってみました。

分かりやすいように放送回と何分に放送されたか入れておきます。

時間の配分はHuluのタイマー表示です。

田宮さんは5話で監視カメラを仕込んだ後に映像を見て驚き、寝込んだあと、人が変わったように新しいことをやり始めます。

それが演劇なのですが。その意気込んで奥さんに伝えたシーンです。

5話 31:10

うだうだ考えるのは、やめだ。

私はこれから やりたいことをやる。

お前も そうしなさい。

何があったかではなく

この先 何があるのか。

いや、自分自身の行動で

何を起こすのか?

それが大事だよな?な?

俺はやるぞ!!

6話で初めて演劇シーンが出てきます。

そして新人なのにめっちゃ前に出てきます。

セリフのないシーンですが、

6話 36:48

居酒屋での別れのシーンでセリフがないのでセリフに詰まったら誰か・・・

というと田宮さんが「プロンプですね、私やりましょうか」

としゃしゃり出てきました。

そして間をあけているだけなのに、彼女のセリフを言います。

「ヤダよ!私嫌!笑顔で別れるくらいなら」

そいう言って彼女に演技プランを聞いて演技指導までするのです。

第7話 17:17

「お会計!!」

と言われてもなかなか入らずに

「俺は居酒屋の店員、俺はシフトリーダー」とブツブツつぶやきます。

そして演出家に早く出てと促されて

「演出家に釈迦に説法かもしれませんけども、

役者というのは何をするにも

動機と言うのが必要だと思うんですね。

脚本に書いてあるから登場するでは

いけないんです。

それは脚本の言いなりだ。

作家の奴隷と言い換えてもいい。

今 私には ここに登場する動機が

必要なんですよ。」

と反論すると演出家に

「動機は『お会計』って呼ばれたからでしょ」

言われると

「それは作家に迎合するあなたの解釈でしょ!

私には私の解釈があるんです」

田宮節がすごすぎますね。

演出家だろうが、作家だろうが、ひるむことなく自分の意見を押し通す田宮さんです。

8話では、新しい劇場を劇団員と一緒に訪れて自分がお金を出すから一緒にやろうと誘うシーンです。

8話 39:00

今からプロ志向になれば良いでしょうが!!

時間がないんですよ!

とにかく お金は

全額私が出すんです。

文句ありませんよね?

9話の6:50では甲野が亡くなったことを電話で葬儀のことを確認する電話をします。

そのあと302号室に「こうのたかふみ」という名前を書いたことを伝えた翔太君に詰め寄ろうと部屋の前まで行きます。

が一瞬回想シーンがよぎります。

誰かの肩をつかんでこう言います。

9話 7:27

証拠が・・・証拠があるんです!!

このシーンかなりのキーポイントですね。

一体誰の肩をつかんで何を言ってるんでしょうね。

おそらく私の予想では監視カメラの映像で証拠をつかんでいるんだと詰め寄っているんだと思うんですが。

そしてその相手は黒島ちゃんの元彼じゃないかと思うんです。

黒島ちゃんに暴力をふるっているところを見たんじゃないかなと...

結局その回想をして怖気づいたように302を後にするのですが、その後303号室から出てきてカギをかけ、301号室に入る尾野ちゃんの姿を目撃しています。

すごい不思議な顔をする田宮さんでした。

一方の尾野ちゃんは何食わぬ顔でしたね。

そして葬儀場で殺人犯だと疑われてのこのシーン

9話 15:50

無実潔白!!!!!

10話はさすがに早苗さん変貌のシーンで忙しかったからか出番はなかったです。

11話に核心に迫るセリフがありました。

このセリフの今までと違うところは田宮さんが言ってるのは演劇のセリフではないのです。

「アドリブ」です。

しかもただの店員lです。

もちろん脚本家に注意されますが、そのやり取りが面白すぎて全く入ってこなかったセリフですが、今見たら怖すぎました。

11話 33:08

田宮「やっちまったよ・・・

本当は俺、やっちゃったんだよ!

演出家「ちょいちょいちょい・・・

た、田宮さん!」

田宮「まだ演技中ですよ。

この罪を償うためならいかなる罰も・・・

演出家「そんなセリフないんですけど」

田宮「あなたはアドリブと言う言葉をご存じないんでしょうか?」

演出家「知ってるけど、台本通りにやってください。」

田宮「表現者の端くれとしてね

心の奥底の叫びを形にしたまでです。」

演出家「あなたの役は ただの

居酒屋のアルバイトです。」

田宮「ただのではない。

シフトリーダーです。」

演出家「何にしろ、そんなアドリブ

おかしいでしょ?」

田宮「あぁ?あっ・・・」

演出家「もうすぐ本番なんですよ。

じゃあ わかりました。

今の感情を心の奥に秘めたまま

セリフは 台本通りでどうですか?」

田宮「なるほど

裏設定というやつですね。

やってみます・・・もとい

やってみせます!!」

このシーンで本当にセリフは「かしこまりました」だけでした。

それをアドリブでこんだけ意味わからん事言ってたら絶対おかしいのに今までほとんどスルーでしたが、今見るとめっちゃ怖いです。

12話では不倫相手(手をつないだだけ)?の東に時間がないから病気じゃないかと言われるシーンです。

そこでまた核心に触れているようなセリフです。

12話 21:20

時間がないことは確かですが

病気ではありません。

やり残したことがあるんです。

清く正しく生きる

それが私のモットーです。

ただ・・・正しく生きるためには

清いままではいられないこともあるんだなと

つくづく思う次第です。

そしてマンションに帰り、部屋のカギを開けようとしますが、心の声です。

せめて

正しかったということだけでも

確かめたい。

そういってエレベーターに乗り込みます。

そしてエレベータの中で行先ボタンを押すのをためらい、

私は一体 何をしているんだ・・・

という心の声。

その後どこかへ向かったのか、はたまた向かわなかったのかはわからないままでした。

13話では今まで稽古していた演技の本番を迎えます。

そのメイクと演技に唖然として全くセリフが入ってきませんでした。

いまピックアップするとこのように言ってました。

13話 26:34

「はーい!お会計!

『お会計』と声がかかれば私は

フロアへ踊りでる。

いつしか身体に染み込んだ

呪いの言葉に反応する。

それが『とりあえずビール』

でも同じこと。

飛び交う注文!

踏むステップ!

繰り返しの日々。 なけなしの時給。

季節が何度 巡ろうと

その美しさを失わない。

だが 私の生活は

繰り返すたびに・・・。

くすんでいく。

練習では「かしこまりました」だけのセリフだったのがここまでよく膨れ上がりました。

でも謎です。

わけワケメです。

田宮さんのいでたちが余計に面白くて何も内容が入ってきません。

14話では演劇シーンではないですが、住民会で夏祭りの出し物を決めるときに、いつもの田宮節でまじめなことを言うんですね。

すると、南さんがまだそれに慣れていないので、「あんたの話、全然入ってこないわ~」

というと、藤井が

「それ 新鮮なリアクションだなぁ~。

我々はこれにもう慣れてしまいましたから。」

というと、みんながちょっと笑って和むというシーンなんですが、この時に、黒島ちゃんも笑うと、それを見た田宮さんがもうすごい苦虫を噛み潰したかのような微妙な表情をするんですよ。

それを見た翔太、南、二階堂も一様に何か感じ変な表情を浮かべていました。

そして同じく14話の27:10のところで田宮が東とのメッセージを見てニヤニヤしていると、血の付いた「こうのたかふみ」の名札が届くんです。

そして公子に不倫がバレるという流れです。

15話ではまた新しい物語の練習をする劇団員。

そしてまたしても演出家を差し置いて演技指導に熱の入る田宮さんです。

15話 28:27

違う!全然違う!!

いいですか?

君の役は 10年前この子を

助けた恩人です。

だが 人を殺めた過去を持つ自分を恥じている。

10年間探し続けた恩人が

やくざ者だったら

ショックを受けるだろうと

身の上も明かさないまま去っていく。

去っていくんです!!

今のは 全然違う!

そして演出家にじゃあ田宮さんがやれば・・・と言い終わらないうちに持っている刀を奪い演技に入る田宮さん。

10年の年月を 砂を噛み

血にまみれて暮らしてきた

俺の面は 変わったろうな。

東「あなたは澄んだ目をしているのに

どうして人を切るんですか?」

人斬り稼業の流れ者の・・・。

この目が澄んでいるというのかい?

おかしな娘さんだなぁ。

セリフだけ見たらすごいこと言ってる感じなのに、あまりにも大げさすぎる田宮さんの演技でせいでこれまた何にも入ってきてませんでした。

演技の稽古が終わると水城さんが来て甲野隆文のことを聞いてきました。

手汗が止まらないようで、こっそりズボンで拭くところを見られていましたね。

確実に何か隠しているような田宮さんです。

16話(22:35)では田宮さんは水城刑事に電話をかけています。

そして甲野隆文の名札のありかを探っていました。

形見に欲しいと言いましたが、事件の証拠になるようなものはお渡しできないと言われましたが、名札ぐらいだったら遺族にお返ししていると思いますと言われたのです。

そこで田宮さんは甲野隆文の実家に線香をあげに行きます。

でも遺族も名札など知らない様子でした。

四十九日には田宮さんの名前で香典まで誰かが出しているという事実まで明らかになりました。

一体誰が・・・?!

怯える田宮さんです。

17話ではうちに帰ってないなら私の部屋に泊まってくださいよと東さんに誘われて、お断りしているところに、翔太が会いに来ました。

そして甲野隆文がメガネストーカーの内山に殺されたことを伝えます。

田宮さんも翔太に血の付いた甲野隆文の名札を届けたときの配達員の画像を見せます。

それを見て翔太は内山だとわかりました。

田宮さんの名前で香典を送った人物がいることも翔太に伝えました。

ここで翔太は動画で語っていた動機を田宮さんをまだ信じることが出来ないと教えませんでした。

引いた紙が嘘だと思っているのでと言われて。

翔太が帰った後、何回も

「本当ですよ」とセリフ稽古のように練習していました。

嘘がバレバレですね。

17話では練習していた本番がありました。

結局男性の役を田宮さんが演じていました。

人斬り稼業の 流れ者の

この目が澄んでいると言うのかい?

おかしな娘さんだなぁ。

「あなた様は、もしや?」

聞くな、聞かれても答えねぇ。

お前さんこそその目を濁すことのないように

照る道をよくよく歩いて

あ、行くんだぞぉ。

それから歌謡ショーへと流れていくのでもうもはやコントのようで、見てられない感じでした。

この芝居には妻の君子と、黒島ちゃん、二階堂、そして南が見に来ていました。

この後二階堂に引いた紙は誰か詰め寄られ

「石崎洋子」と「早川教授」のどちらか聞かれ。

「早川教授?」と全く知らない様子でした。

でも黒島ちゃんが書いた紙だと言われるとさらに動揺していました。

「どうして言えないんですか?」とここで黒島ちゃんも聞いていました。

もう全くわかりませんね。

本当に引いた紙誰?ってか早川教授じゃないですよね。

ということは黒島ちゃんが嘘ついてる?

なのに、

「どうして言えないんですか?」とかあんな涼しい顔して聞けます?

全くわけわかめです。

この後田宮さんは17話の最後に南さんに家に上がられて18話の初めにかけて殺人容疑をかけられ疑われます。

奥さんもそのアリバイを証明して南さんの娘殺しの疑いは晴れますが・・・

18話の(24:35)の冒頭のセリフにつながります。

そして18話(42:10)で警察にSDカードを持って自主しに行きました。

一体田宮さんはどんな罪を犯しているんでしょう。

誰かを殺していることは間違いないのですが、それが誰か、そして確実に誰かを庇っているので、それはなぜなのか、誰を庇っているのか?

きっと19話で明らかになることと思います。

スポンサーリンク

あなたの番です田宮さんが重要な本音を語っても悟られないほどの度肝を抜く大根役者っぷり!!

田宮さんが大根役者であって決して生瀬勝久さんが大根っていうわけではないです。

これだけの演技だ出来るという生瀬さんはめちゃくちゃ演技がうまい役者さんですね。

大根役者の役がめっちゃうまい名俳優ってやつです。

振り返って文字だけで見てみると、本当に田宮さんはずいぶん前から核心を突くようなこと、めっちゃ言ってましたね。

でもなぜかお笑い要素が強すぎるのか全然内容が入ってこないという・・・

見せ方が上手すぎますね。

こんなコメディに真実はないと思いこんでみてしまっているんでしょうか。

だってこれですよ。


そりゃ何も入ってこないでしょ。これ。

やっと気づいたときには残り2話。

本当にスゴイですね。

面白いわ。

マジで誰を庇っているの?田宮さん。

あの真面目な彼だからきっと正義を貫くために誰かを庇っての犯行だと思うんですが。

どうでしょうね。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索