TBS「ブラックペアン」が学会に抗議され今後のドラマがどのように展開するのか?

今期、私の中で最高に面白いとおもったTBSドラマ「ブラックペアン」が日本臨床薬理学会に抗議文を提出されたというではありませんか!!

どうしてそんな事態になってしまったのか、今後のドラマの展開にどう影響があるのか考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

「ブラックペアン」が日本臨床薬理学会に抗議された原因

今回TBSのドラマ「ブラックペアン」が日本臨床薬理学会に抗議文を提出されたとのことですが、その原因をみていきましょう。

まず原文こちらです。

以下の文章を、株式会社TBSテレビに送付予定です。

2018年5月2日
株式会社TBSテレビ 御中
一般社団法人 日本臨床薬理学会

謹啓
薫風の候、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。日頃は大変お世話になっております。

一般社団法人日本臨床薬理学会は薬物療法を通じ人々の健康へ貢献することを使命とした学会であり、個別薬物治療の最適化や、臨床試験を通じた新規医薬品の開発推進に取り組んでおります。また本学会の事業の1つに認定CRC制度があり、本学会のホームページでは以下のように説明をしております。

CRC(Clinical Research Coordinator、臨床研究コ-ディネ-タ-)は、臨床研究を実施する医師、製薬企業(依頼者)やご協力いただく被験者の支援、医療機関内の多部署との連携など、臨床研究の実施に必要な調整役としての専門職です。どのような医薬品、医療機器、医療技術も、臨床現場で医療に用いられる前に、有用で安全な治療かどうか、臨床研究における評価が必要で、そのためには、適切な臨床試験の実施が求められています。

日本臨床薬理学会では2003年に日本臨床薬理学会認定CRC制度を制定し、社会一般の人々がより有効かつ安全な医療技術の恩恵が受けられるように、臨床試験の適正かつ円滑な実施に貢献できる人材を日本臨床薬理学会認定CRCとして認定しています。

ここでは臨床研究コーディネーターとしておりますが、臨床研究には治験が含まれ、多くの業務は治験に関わることから、一般的に治験コーディネーターと呼ばれる職種とほぼ同義と考えて頂いて差し支えありません。CRCは医療機関の中にあって、責任医師等の指示の下に臨床研究を支援する職種のことをいいます。現在、貴局で放送中のブラックペアンにおいて登場する治験コーディネーターとは、まったく非なるものであります

貴局ホームページの説明では、医療機関や製薬会社などの医療関係の企業と契約して働く方から、フリーで様々な場所で働く方まで、幅広い活躍をしていますとありますが、製薬企業と契約するCRCは存在しません。これはCRA(Clinical Research Associate)と呼ばれる全く別の職種のことを指していると思われます。また、ドラマの演出上、登場人物の行動は、治験コーディネーターの本来の業務とは異なるものも含まれていますと断られてはいますが、第1話、第2話で描写された治験コーディネーターの姿は、現在、患者さんのために、医療の発展のために真摯に努力しているCRCの心を折り、侮辱するものであったと感じます。
CRCは医療機関のスタッフとして患者様をサポートしており、スーツを着てかっこよくこなせる業務ではありません。担当医師を高級レストランで接待するCRCも100%おりません。また、治験にかかわるものたちが驚愕したのが、患者さんへの負担軽減費300万円というものです。負担軽減費は治験に参加することによって生じる種々の損失をなんとか補おうという趣旨で始まった制度です。いくらという決まりはありませんが、あくまで負担軽減費です。ほとんどのところで、一回の来院あたり、7000円〜8000円としています。患者様と付き添いの方が来院する交通費と軽い昼食代に相当する額を調査し、この額なら治験参加の誘因にならないだろうと定められた背景があります。高額の軽減費で治験への参加を誘導することは厳に戒められておりますし、負担軽減費の具体的な額は治験審査委員会でその額の妥当性についてあらかじめ審査されています。300万円という額はなんらかの別の費用を誤解されたものと思われます。
これらのことは、ドラマの演出上という言葉で片付けられないと私たちは考えます。日々、患者さんに相対しているCRC達が、医師達に高額の接待を行い、人によっては高額の負担軽減費を支払っていると誤解されることはCRCを認定している学会として残念でなりません。これまで多くの努力によって、我が国における新薬開発は何とか世界に肩を並べることができている状況にありますが、この分野でのCRCの貢献度は極めて大きいと考えます。この番組により患者さんがCRCという職種に不信感を持ち、治験を通じた新薬・医療機器開発へご協力を頂けなくなるとしたら、それは医療イノベーションを目指す日本にとって大きな損失につながります。
ドラマだから、フィクションだから、という論法もわからなくはありませんが、今回の描写は全く異業種のものであります。 とあるブログ(http://keiyouwhite.com/blackpean2)に「野球選手がドラマに登場すると聞いて見てみたらパティシェだった」との表現があり、全くその通りであると考えます。

貴局におかれましては、CRCの使命、現状等を正しくご認識頂き、あまりにも現実と乖離した描写を避けて頂くよう希望する次第であります。

謹白

簡単にザックリまとめると、

ドラマで描かれている治験コーディネーターの仕事が現実とかけ離れすぎていることにより、現職でまっとうに働く人の心を折り、見ている方に誤解を招く。

高級料理店で医師に接待したり、負担軽減費として300万とか高額な金銭を渡している治験コーディネーターなんて一部でもいないっ!!

ドラマの演出としてもいきすぎているし、ありえない!!

このような描写は見ている人が治験コーディネーターという仕事に対して悪い印象を持ち、新薬や医療機器開発の協力が得られない可能性がでてくる。

本来の仕事を理解して、現実とのかけ離れた描写はやめてくれ!

っていう事でしょうね。

今後の演出にどのような影響があるのか?

今回この治験コーディネーター役に抜擢されたのはフリーに転身した加藤綾子アナウンサーです。

初めての女優業にやる気をみなぎらせていた彼女ですが、出鼻を挫かれる形になってしまいましたね。

今後、この加藤綾子さん演じる治験コーディネーターがどのように関わってくるのかきっと見直されるでしょうから出番も少なくなりそうですね。

ドラマをドラマとして現実とごっちゃ混ぜにしては何も面白いものはつくれないんじゃないかって思う気持ちもわかりますし、それにより本当の世界もこんな裏があるのかな?って察して見る人がいることも否定出来ませんよね。

スポンサーリンク

テレビの与える影響は絶大だということ

たとえフィクションのドラマという設定でも現実と逸脱していれば、それに関わる人たちは抗議したくもなるでしょう。

でも多くの人はそりゃドラマだろ!ありえない設定だな!ってわかって見てると思います。

今回のこのドラマによって治験コーディネーターという仕事に注目が集まってじゃあ何が一体本当の姿でどういう仕事なのかって言うのがどこかで明確になればいいなと思います。

「スーツを着てかっこよくこなせる仕事ではありません」とありますがスーツじゃなくて白衣でも着てるのか?どんな感じで仕事してるかとかこの文章からはよくわからんなと思ったのも事実であります。

私なんかはこれはドラマやろーって思って見てるから現実の医療関係とは別物と考えて見ています。

そんなこと言ったらあんな「神の手」と呼ばれている佐伯教授以上の腕を持つ医者がいるのか?そして仮にいたとしてなんであんな扱いなの?とか普通に変な感じはしますけど、これドラマだからという大前提があるから面白く見れるんですよね。

医療関係のドラマは現実とのギャップが大き過ぎると問題なんでしょうね。

このドラマが日本臨床薬理学会に抗議文を提出されたことで注目度は上がると思います。

ここでドラマサイドがどのように対応するのかとても気になりますね。

どうあれ、ニノのアドリブシーンが凄いのはきっと変わらないでしょうね。いや、これだけは変わって欲しくない!!

ほんとニノめちゃ演技うまい!!

こんなにもアドリブが効く役者、しかもそのアドリブが強烈に印象に残るシーンになるってほんまに凄い!!

医療の現場がどうこう難しいこと抜きにして見てて心打たれる名場面の数々。

こんなシーンをいっぱい見てたら治験コーディネーター云々もうどうでもええってすら思えてきます。

純粋にドラマを楽しませてくれって思います。

今後も楽しみに見たいと思います。

3話放送終了!治験コーディネーターまさか大金を包んできた・・・

5月6日(日)に第3話が放送されましたね。

5月2日に日本臨床薬理学会に抗議されたので、加藤綾子扮する木下香織の出番が少なるのでは?!と予想していたのですが、なんのこっちゃない!!

スゲー強気!!

スナイプ同時手術を行い2つとも成功させた渡海先生に大金を包んでいるではありませんかぁ!!!

何?何?

それ真っ向勝負なの?

全然脚本変えてないんじゃない?!

凄い!!

ある意味おもろい!!

ドラマとして普通に面白いです。

あんなお医者さんがいるとも思えないし、いたらすごすぎる。

そして論文での評価が最重要とされる医師会の感じもどうなの?って思いますね。

もしかしたら、論文とか書かなくて、本当に凄腕の先生がいるのかもしれませんね。

とにかくニノ演じる渡海先生がかっこええ。

なんか影があるからどんなか問題があるんでしょうけどね。

復讐?恨み?なんか抱えてそうですね。

原作見てないからわからんけれど。

これからの展開もやっぱり楽しみです。

そしてまたまたニノの演技もどれがアドリブ何やろうかって思いながら見る楽しみが・・・

あ~早く来週なれ!!

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索