【ドラ恋】第9話誰も幸せになれない残酷な内容とは?美しすぎるキスをするのは誰?

Abema TVで放送中の「恋愛ドラマな恋がしたい」略して【ドラ恋】の第9話が放送されましたね。

今回はエチュード(即興劇)のオーディションを経て誰が主演に選ばれるのか?そしてその二人に当て書きの台本はどんなものか?という見どころ満載の回でした。

第6話、7話、8話と妄想力を生かして?全然当たらない予想をしてきた私ですが、どうも今回ばかりは妄想できない。

それは予告から見て残酷過ぎる台本だという事をにじませていたから・・・

私、基本ハッピーな妄想しかできないやなとわかりました。

悲しい結末予想したらそれ以上思考停止になるようでした。

なので今回は予想せずに本編をそのまま受け入れようと思いました。

誰も幸せになれなくて、残酷な内容って・・・

その文言だけで切ないですわ。

ではどんな残酷な内容だったのか今回もネタバレありで、私の主観をたっぷりと組み込んでお届けさせていただきます。

スポンサーリンク

エチュードで自分たちで選ぶ配役!掴み取ったのは?!

今回の主演を選ぶのはそれぞれ一番良かった組を自分たちで投票して決めます。

どのように票が入ったみていきましょう。

はっしー&りぽぽ    2票

あがた&こめちゃん     1票

りょうたろう&海ちゃん 0票

テジュ&姫ちゃん    5票

という事でテジュ&姫ちゃんペアが見事に主演を掴み取りました。

みんなの応援を一心に受けて選ばれるくして選ばれた2人でしたね。

りゅうたろうは真っ先にかけより、俺も入れたよ。と声をかけます。

エチュードを見てて二人がすごく可愛い、二人のキスが見たいというりぽぽ。

姫ちゃんのお芝居がナチュラル過ぎて見てて幸せをもらう芝居ってあるのかなって。気持ちが入ってこそだというあがた。

悔しいけど、あのペア見てると幸せな気持ちになるんですよねっとこめちゃん。

テジュと姫の票がなかったら全部で6票中5票を獲得しています。

1人票を入れなかったのははっしーだったようですね。

「それ言わんといて。スゴイ後悔してる」と言ってるはっしーの渋い顔がなんとも可愛かったですね。

はっしー良いよ!!あがた&こめちゃんペアもすごい良かったもんね!!

このシーンにうみちゃんがいないのはなんででしょうね。

みんなの期待を一身に背負っての主演の2人。

純粋に二人の幸せなキスを期待してるメンバーでしたね。

幸せオーラに包まれたいと誰もが思っていたのに、ここで意地悪なドラマの脚本ですよ!!

誰も幸せになれない残酷な内容とは?!

台本が配られるけれどまだ開かないでくださいと指示があります。

今回のドラマはテジュと姫に当て書きで書かれた特別なもの。

役があるのは3人。

主演のテジュと姫、そしてもう一人、はっしー!!

それを告げてから台本を開きます。

その台本を見た全員が複雑な表情です。

その内容は・・・

チャペルで式をあげるのは、はっしーと姫。

その最中にかつて恋人だったテジュが駆け付けるという物語。

でも・・・最後にキスするのは主演のテジュではなく、新郎のはっしーです。

主演なのにテジュと姫はキスできない!!!!!

みんな幸せな二人を望んでいたのに、まったくその予想を砕かれるドラマになってしまいましたね。

2人の仲を知っている分、みんなこの台本が嫌いと言っていましたし、この台本を見て嬉しい気持ちになった人がいるのかなってね。

結局この台本の姫は役の中でも彼のことが好きだったけど、彼の夢のために諦め、新しい人との結婚を選びましたよね。

めっちゃ辛い。

はっしーも凄い良い演技してましたよね。

「ゆっくりでいい、ゆっくりで良いから僕を愛してください」って言うセリフは役の中のはっしーも自分のことを相手の姫ちゃんがまだ愛していないってことをわかったうえでの演技でそれがちゃんと伝わってきましたよね。

優しく包み込むあの役はやっぱりはっしーの雰囲気にピッタリでしたね。

この役誰でも良かったのかな?と悩んでいたはっしーでしたが彼だからこそ出来た役で複雑な心境で良く演じきったと思いました。

残酷な内容の中にも本当の気持ちも入っていて見ている人も涙する台本はあっぱれ!!

このドラマは実際の2人の関係とは違うもののようで重なる部分もありましたね。

自分と組んだらテジュが選ばれないという姫の言葉もありましたし、実際テジュと組むのを諦めて他の子と組んだ方が良いかもしれないと複雑な想いを口にしていたこともありましたもんね。

だからこそうまく作られた台本だなと思いました。

見ていても好きな気持ちを残したまま違う人と結婚するというのが十分に伝わってきましたよね。

ハッピーエンドではないけれど、複雑な気持ちが十分に理解できるからこそ見ててハマれる内容でしたね。

う~ん。めちゃ切ないドラマ!!

ドラマを撮る本番直前のこの男がかっこよすぎる!!

テジュがかっこよかったですね。

演技もめちゃくちゃうまかったですしね。

最後のドラマの中の一言、韓国語だったのかめっちゃ本気が伝わってきましたよね。

ドラマを撮る直前、姫のところに駆け寄って

「キスシーンをするじゃん、台本とか考えないで自分の感情をさらけ出してやったほうがいいよ」と言い、手を握り「緊張しないで」と声をかけます。

めっちゃ優しい。

余計好きな気持ち湧くし、ほんとなら心揺らいで台本とは違ってテジュに着いて行ってしまいそうになるわ!!

どんだけ優しいだよ。

テジュが声かけてくれたから気持ち出せたんじゃないんかな?

ほんと、めちゃかっこいいなぁ。

撮影終了後、姫のところに着て手を握り、「よく頑張ったね、良かったよ。いろいろエネルギーって言うかもらった。泣けた。楽しかった?」の言葉に

「ちょっとは自分を出せた、自分の感情が。」

「見えたよ。おめでとう!」

と言ってがっちり握手する2人。

やっぱりこの二人が主演なんだなっていう瞬間でしたね。

その後会場を後にする二人ですが、姫のドレスの裾を持ち上げて、参列のエキストラの方に二人で頭を下げながら退場していくところとか、本当の結婚式みたいでしたよ。テジュがタキシード着てないだけで。

その後のインタビューでは

「今日の姫野の姿はすごくきれいだったですね。ずっと足りない僕を頼ってくれて、信じてくれて今までずっと一緒にやってくれたことに心からありがとうって言いたいです。」というテジュ。

一方の姫野は「ほんとうに、なんていい人なんだって。ほんとに素敵な方なんだって思います。もうこんなに優しい人会ったことないです。4人って結構少ないので4人の誰かを好きになることが出来るのかと不安だったんですけど、素敵な人は・・・いやぁいるものですね。」とべた惚れ!!

もう姫はテジュに心持っていかれてますね。

すごい笑顔でしたね。

ほんとこの二人結ばれて欲しい!!

スポンサーリンク

次回はいよいよ最終回!運命の告白?!

次回は60分拡大ですよ。

ついに最終回!!

もう終わってしまうのか!!

なんか淋しいです。

運命の告白ですよ。

台本のないドラマ、ドキュメンタリー!!

告白して両想いになったカップルだけが最後のキスシーンに出演することが出来ます!!

オーついにドラ恋の一番の見どころですね。

恋心がいろいろと揺れ動いたメンバーのラスト、どんなカップルが成立するのか?!しないのか?!どうでしょうね。

楽しみ過ぎますね。

ドキドキで見届けたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索