ドラ恋第2弾いよいよ始まる!楽しみなのは恋の行方とドラマの内容!

私がハマったAbemaTVで放送された「恋愛ドラマな恋がしたい」略して「ドラ恋」

恋愛リアリティー番組なのですが、これがめちゃくちゃ面白かった!!

放送後番組をみた仲間とキャーキャーと感想を話すのが楽しかったです。

最高に楽しいドラマってほんとに放送終了後にだれかと感想を話したくなるんですよね。

そしてこの恋愛リアリティー番組がなぜこんなにも面白いのか?!ちょっと見どころを第2弾が始まる前に書いてみたいと思います。

今YouTubeでは、新シーズン放送前に期間限定で順番に過去の番組を順次公開されています。

まだ一度も見ていないという方は必見です!ぜひ見てください!!

スポンサーリンク

ドラ恋2新シーズンのメンバーは?!

新シーズンにどんな人が出演するのかも公開していますね。

ただ前回の時もそうでしたが、今まで全く知らない人たち。

でもだんだん見ていくうちに良いなって思ったり、それはちょっと違うだろうと思ったり。

そしてその人の声や動きや仕草や発言や演技力や行動などを見て気持ちって一瞬で変わっていきますからね。

なのでここでは本当に簡単に、写真の載っているTwitterと年齢だけサラッと載せておきますね。

熊木陸斗(りく)

28歳。最年長!

眉毛が凛々しいですね。

山田孝之っぽい?!

七瀬公(コウ)

24歳

この方、前髪あげたときと下した時の印象がガラッと違いますね。

私は断然前髪下した時のこのドラ恋の個人ビジュアルが好きです。

実際どんな感じなのかは始まってからのお楽しみ。

兵頭功海(カツ)

20歳の最年少。

この方もTwitter見ると写真によってイメージがだいぶ変わりますね。

どんな感じなんだろう。

やんちゃなかんじなのかな?!おとなしめかな?

この白の写真はおとなしいイメージがしますが実際どんな感じかな?!

聖貴(まさき)

22歳。

この方が一番この写真と実物の印象が違うような気がします。いい意味で。

予告を見たら全然印象違いましたよ。

花音(かのん)

18歳の最年少。

とろんとたれ目が可愛いですね。

佐藤ミケーラ(ミケ)

22歳。

独特のお顔立ちで可愛く見えたり、きれいに見えたり魅力的です。

佐分利眞由奈(さぶりん)

21歳。

目が印象的でエキゾチックな顔立ちの美人さんですね。

山崎萌香(モカ)

22歳。

一瞬この写真見た瞬間、シーズン1のうみちゃん?!思いました。

彼女のような一途な恋をしてくれるかな?!楽しみ!

ドラ恋の面白さのカギは総合演出の鈴木おさむ氏!

何と言ってもドラ恋の面白さを握っているのは鈴木おさむさんが総合演出しているからではないでしょうか?!

各話描かれるドラマがそれぞれ面白くて魅了されますね。

それぞれキスシーンをうまく入れる内容で演者の恋心をくすぐるんだと思います。

鈴木おさむ氏といえば、放送作家、脚本家、パーソナリティ、タレント、映画監督と実に多才です。
そんなおさむさんが手がける恋愛リアリティー番組が面白くないわけがないですよね。

配役のシャッフルやキスの相手を変えたりとビックリするようなドキドキするような演出にキャッキャなった第一弾。

また違った形で私たちをドキドキさせてくれること間違いないと思います。

また第二弾でも心が動く様子をたくさん見れるんだと思うととても楽しみです。

スポンサーリンク

出演者に臨むことは真剣に恋愛をしてほしい!

ただ、一つ心配なのは最後の告白の時に「仕事を優先したいから」とかいう前回のテジュのような答えだけはやめていただきたいなって個人的には思います。

オファーを受けたからには真剣に恋愛に向き合って仕事を理由に断るとかほんとやめていただきたい。

俳優という立場で実際に付き合うとなると今後の仕事にも影響が出るのはわかりきっていること。それを了承して出演しているのでしょうからあの結果はとても残念でしたね。

真剣に向き合っているから出た結果なのかもしれませんが、一視聴者としてとてもさみしい最後だなって思ってしまいました。

今後シーズン2にはこのような方がでないと良いなと思いました。

シーズン2でもそのような終わり方があったらもう次ないでしょってなりますもんね。

いよいよ明日、ドラ恋シーズン2スタートです!!

掲載期間が過ぎると閲覧できませんのご了承ください。

これ見たらめっちゃ楽しそうですね。

MC陣の盛り上がり方も好きだったなと今みて思った。

あぁ楽しみ!!

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索