【ドラ恋2】第1話から恋愛が動き出す?!キスで気持ちが変わる?

いよいよ始まりした!恋愛ドラマな恋がしたい2!略してドラ恋2!!

待ってましたー!!

今回はどんな展開になるんでしょうか?

いつものことながら勝手にネタバレ&ズバズバ感想を書いていきたいと思います。

閲覧期間が過ぎましたら視聴できませんのでご了承ください。

スポンサーリンク

ドラ恋2の登場シーン最初はみんな緊張!!

第一印象は・・・やっぱり写真とぜんっぜん違う!!でした。

昨日実は記事を書いたのですが、ここで写真もアップしてその時の印象なども書いたのですが、全然違いました。

ドラ恋第2弾いよいよ始まる!楽しみなのは恋の行方とドラマの内容!

特に男子の印象が写真と全然違っていて意外でした。

一番違ったのがメンバー最年長のりく。

自然な感じでカッコいいです。

あの写真と別人!ビックリですわ。

もかはやっぱりうみちゃんに似ているなって思いましたね。

見た目が似ているだけでうみちゃんは誰とも付き合ったことなかったけど、もかは積極的に動いて追いかけるタイプでしょうね。

最初の登場はシーズン1の時と同じく稽古場で椅子は4つだけ。

そこに最初女性メンバーが座りそのあと登場した男性メンバーが横に座っていきます。

もか(22)の横に座ったのは、まさき(22)

かのん(18)の横には、こう(24)

ミケ(22)の横には、かつ(20)

さぶりん(21)の横には、りく(28)

やはり女子は恋愛体質なのか気になる人をすぐに見つけて、恋愛モードに入っていきますが、男子はどちらかというと恋愛というよりも演技を勉強したいと言ってる人が多かったですね。

最後の終わりがちょっと心配になりました。

台本が配られ運命のペア決め

今回もキスシーンのあるドラマの主役を競う形になります。

「本気で演技をして本気で恋愛をしてください」という前回同様演技指導の澤田育子先生のお言葉です。

ドラ恋のルールは以下です。

恋愛ドラマを撮りながらドラマみたいな恋をする。

毎回配られる台本には必ずキスシーンが。

でも主役はまだ決まっていない。

8人の男女がペアを組み主役の座を目指す。

オーディションで主役を勝ち取るのは?!

そして恋愛ドラマの撮影で本当の恋は生まれるのか?!

今回の台本は空港を舞台に仕事の都合で上京していく彼氏とそれを送り出す彼女の恋愛ドラマ。

ラストには男からと女から2回のキスがあります。

ペア決めをする前に台本を読んでいるときに積極的に動くのはもか。

りくのもとに行って台本の読み方を聞きます。

かのんはかつを本読みに誘います。

女子はそれぞれ気になる人が決まっているようでした。

この時点で、

かのん→かつ

もか→りく

さぶりん→りく

ミケ→りく&まさき

男子で第一印象が気になる人がわかったのは

かつ→もか

でした。

そして運命のペア決め

今回は女子から指名してメンバーをきめます。

くじ引きで選ぶ順番が決まります。

一番を引き当てたのはミケ。

ミケはりくとまさきが気になると言っていましたが、一番に選んだのはりくでした。

2番くじはさぶりん。

第一印象のりくは選ばれてしまったのでこうを選びます。

3番はかのん。

迷わずカツを選びます。

そして残ったもかは自動的にまさきになりました。

エピソード1、オーディションペアメンバー

りく&ミケ

コウ&さぶりん

カツ&かのん

まさき&もか

この4組で主役の座を狙います。

演技の練習が始まりますが、一番最初に選んだミケと第一印象が良かったカツを選んだかのんは和気あいあいいい雰囲気ですが、もかがちょっと練習中もりくのほうを見て不満げな顔でしたね。

まさきは気を使って「台本やるときは嫌いでも好きって思ってやってくれると嬉しいです」って言ってましたよ。切ないわ。

どうやらまさきは最初からもかが良かったようですね。

演技の練習風景がとてもいいですね。

この時の雰囲気が好きです。

りくとミケのペアも可愛いかったです。

りくの大人な感じが素敵です。

意外にさぶりんとコウもいい感じでしたよ。

演技も自然でしたね。

さぁ誰が選ばれるでしょうね。

役作りのための課題で卓球デートへ!

台本の設定が卓球で仲を深めたということでみんなで卓球デートに行くことになりました。

ペア同士が卓球対決をして盛り上がっていました。

そこで負けたペアがマジ変顔をインスタにアップするということでここで負けたのは、りく&ミケペアでした。

主役を決めるオーディションで厳しい声

いよいよオーディションがはじまりました。

さぶりんとコウのペアの演技はとても自然で良いなと思いました。

りくとミケのペアの演技はミケが可愛らしくて初々しかったです。

カツとかのんのペアはとにかく可愛い。かのんが超可愛い。

まさきともかは、もかの魔性の女っぷりが光る演技でした。目がスゴイね。

このようにどのペアも素人目ににはよい感じに見えました。

選ばれたのは「カツ&かのん」ペアでした。

選考理由は先生のお決まりのセリフ「理由はこのお二人のキスが一番見たいなとおもったからです」でした。

もうこれこそ先生選ぶときのセリフになってんじゃね?って感じでしたよ。

続いて本当の理由を発表した時の先生の顔が怖すぎましたから。

厳しい意見でしたけど、これがプロというものでこうあるべきだと思う大事な場面でしたので一言一句書いておきますね。

ただの恋愛リアリティー番組じゃないところが見ていていいなと思う部分です。

ここでばっちり決めてもらえて良かったんじゃないかなと思います。以下先生の言われた言葉です。

「正直なところ、消去法で決めました。経験が浅い彼が主役になるってことは周りがよっぽどダメだってことですなんですよね。実際本当にガッカリしました。前回よりもだいぶ緊張感がないなっていう。台本をお渡ししてもう何日も経ってますよね。このセリフ覚えの甘さ。皆さん自分でアレンジして。普通緊張感のあるオーディションでしたら一言一句覚えません?なんとなくで覚えてやってるんですか?どうしても変えたいことがあるんだったらそれを申告するべきですよ。このセリフこう変えて良いですか?って。こういう芝居にしたので。そのくらいのプランがあってセリフを変更しているんだったら構わないですけどそれは図々しいですよね。どんどん勝手にセリフを変えるって。」

厳しい言葉をかけられてピンと張りつめた空気でした。

オーディションで落ちてショックというよりも自分たちの甘さを嘆いているようでした。

女子メンバーのさぶりんとミケも涙していました。

ミケは一番やりたくてやらしてもらったのに申し訳ないって。なかなか好きな人とできることなんてないのに・・・

さぶりんもコウ君は優しかったからコウ君でよかったです。自分たちの力の足りなさだと思うので次はとれるように頑張りたいです。と涙をながしていました。

スポンサーリンク

いよいよ本番!キスで気持ちが変わる?!

撮影前に監督にキスのテーマを聞かれてかのんはこう答えます。

「最後に記憶に埋め込みたい 私のことを」

そう意気込んで臨んだ撮影。

まさにその言葉通りの演技をしたかのん。

View this post on Instagram

ドラ恋2 第1話ご覧いただきありがとうございました🥀 . ついに始まった新シーズン!!🖤 初回からドキドキのキスシーンもあったね💋 . 台本にはない 3回目のキスは本気?それとも演技?😖💕 . 第1話はいかがでしたか??💫 感想をコメントしてね📱 中の人がリプしちゃうよ〜🤹‍♀️! . . まだ見てない方も、 もう一度見たい方も アベマビデオで何度でもみてね👓 . _______________________________________________________ 【女子メンバー👰🏻】 #花音 (@kanon_1228) #佐分利眞由奈 (@mayuna_saburi) #佐藤ミケーラ (@michaela_sato) #山崎萌香 (@mokaaa517) . 【男子メンバー🤵🏻】 #熊木陸斗 (@riku1717) #七瀬公(@kou_nanase) #兵頭功海 (@hyodo_katsumi) #聖貴 (@masaki_pkcp ) #恋愛ドラマな恋がしたい #ドラ恋 #恋愛ドラマな恋がしたい2 #ドラ恋2#キスシーン #キス

A post shared by ドラ恋@AbemaTV (@dorakoi_abematv_official) on

もうね、めちゃくちゃ可愛い。

一回目軽くキスした後に服をもって2回目引き寄せてもう一回キスしたからね。

あれは記憶に残るよ。

可愛すぎる。

そして案の定カツは・・・

もかのことが気になるって言ってましたが、「見る目が変わりますね。今かのんちゃんがほかのひとと主演するの見たらどうだろうな。それだったら嫌だろうなと思います。キスをしたことによって友達から異性としてみるというか・・・しないとわかんないですけど、してわかったんです。」

いやぁ。見事に気持ちが変わりましたね。

かのんちゃん可愛いですわ。

これからも頑張ってほしいです。

第1話から期待を裏切らない最高に面白い恋愛リアリティー番組ですね。

また来週からも楽しみに見たいと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索