ヤクルト1000の効果的な飲み方は人によって違う?自分のベストな時間で飲もう!

スポンサーリンク

ヤクルト1000の効果と言えば睡眠の質向上とストレス緩和が期待できる商品として売り出されましたが、その効果を最大限に発揮するための効果的な飲み方があるのか知りたいと思う人も多いと思います。

2021年4月5日からは全国発売されることに先駆けてヤクルトレディも体感を始めています。

実際に自分が体感してみてみないとお客さまにもその良さが伝えられませんからね。

それで、多くのヤクルトレディがその効果を実感しているようですが、その飲み方、飲むタイミングが人によって違うことがあるのだなと思ったことをお伝えさせていただきます。

ヤクルト1000の効果的な飲み方その①

まずヤクルト1000を飲む時間です。

ヤクルトはいつ飲んでも大丈夫と言われています。

ですが、ヤクルト1000の大きな効果として謳われているのが睡眠の質の向上です。

ストレス緩和は実感するのが難しいですが、睡眠の質においてはその効果を実感がわかりやすいようですね。

睡眠の質にかかわってくるので、朝よりも夜の方が良いと感じている人も多いようです。

実際になかなか寝付けない人がすんなり眠れるようになったという声や夜中目覚めなくなった、寝起きのだるさが無くなったといった嬉しい声が多いです。

寝る直前に飲んですぐに眠くなって入眠しやすくなったと言う人もいますし、寝る前に飲んだら腸がゴロゴロといって逆に寝付けなくなったという人もいました。

でも不思議なことに寝付けなくなった分、睡眠時間が短くなって朝がとても辛いはずなのに、意外とスッキリ目覚められるので、睡眠の質が向上してぐっすり眠れているという体感をした人もいました。

そんな人は寝る直前に飲むのをやめて、夕食後に飲むようにしたらお腹がゴロゴロなるのはなくなってすんなりと眠れるようになったと話していました。

効果的な飲み方は人によって飲むタイミングが合う、合わないがあるようなので、自分にあった時間を見つけるのが一番良いようです。

ただ、やはりSNSでも多い意見が飲むと眠くなるという声があるので、寝る前に試してみて、寝る前だとお腹がゴロゴロなってその蠕動運動(ぜんどううんどう)が気になって寝られないと言う人は夕食後に飲むのがいいのかもしれません。

ヤクルト1000を飲むと眠くなる?!夕食後に飲むのが良いという声多数!!

ヤクルト1000には睡眠導入剤ではないので、プラシーボ効果があるのかもしれませんが、多くの人が飲んでしばらくすると眠くなるという声が多いのが事実です。

なので、朝飲むよりも夕食後に飲むのが一番いいタイミングなのではないかと思います。

多くの人が実際に買っているヤクルトレディさんが夕食以降に飲むようにおすすめしているという声が多いです。

ヤクルトレディは販売前に実際に飲んで体感しているので、その効果などセンターの人全員の体験を共有しているのでそのように伝えられているのだと思います。

だから夜飲む人が多いのかもしれませんね。

一番良いのは実際に自分で試してみて、どのタイミングが合うのか飲んでみるのが一番だと思います。

あまりにスッキリと目が覚めるので、今まで子どもに起こされて起きてもすぐに2度寝が出来たのに、ヤクルト1000を飲みだしてからそれが出来なくなった~!!という声もありました。

朝活したらいいやん!!と言ったら別にしたく無しい、もっと寝たかったのに勝手に目覚めるの迷惑!!とか言う謎のクレームを言っている子もいました。

それほどまでに深い眠りにつけるので、それ以上寝すぎることなくスッキリ目覚められるのは良いですね。

ヤクルト1000を効果的に飲む方法その②

ヤクルト1000に限らず、ヤクルト400もNEWヤクルトでもそうですが、良い菌はお腹で良い働きをした後、腸には定着してくれないので、便と一緒に排出されます。

だから毎日飲んで良い働きをしてもらうことでその効果を最大限に発揮することが出来るのです。

だから1日1本飲み忘れないように飲むことが大事です。

ヤクルト1000を効果的に飲む方法その③

良く振って飲みましょう。

ヤクルトは振らずに飲むといろいろな栄養素が入っている無脂乳固形物が渋む場合があります。

振ることによって元に戻ります。

開けるまでに必ず良く振って沈殿している栄養分をしっかり全部飲めるようにしてくださいね。

可愛いヤクルトマンが飲む前に良く振るように教えてくれています。

【ヤクルト公式】よく振る篇「おしえて!ヤクルトマン」

ヤクルト1000を効果的に飲む方法その④

常温で飲むとさらに効果的に。

乳酸菌シロタ株は15℃から41℃の間で増殖すると言われています。

だからすぐに飲まないのであれば10℃以下の冷蔵庫で保存する必要があります。

冷蔵庫に保存している状態は菌が増えずに活動も穏やかで眠っている状態に近いです。

一番活発に活動するのが37℃前後と言われています。

腸内がちょうどその温度になっているので飲んでゆっくりと腸に到達する頃にはその温度になり良い働きをしてくれます。

飲むときに少し常温に置いておいて飲むと冷たいままのヤクルトよりも活発に働いてくれます。

ただし、常温が良いと思って冷蔵庫で保管せずに外に出したままおいて置くと、どんどん乳酸菌シロタ株の活動が活発になり乳酸を出し続けその働きが次第に弱くなっていきます。

保管はしっかりと冷蔵庫に入れてくださいね。

また乳酸菌シロタ株を温めると死滅してしまいますので、温めずに常温程度で飲んでください。

まとめ

ヤクルト1000を効果的に飲む方法をご紹介しました。

1本140円もする商品ですので、せっかくならば一番効果のある方法で飲みたいと思うのは当然です。

  1. 自分に合った飲むタイミングを見つける(夕食後が良いと言う意見が多数)
  2. 1日1本忘れずに飲む
  3. 良く振って飲む
  4. 冷蔵庫で保管し、飲む前に常温にしてから飲む

更なる効果を期待する飲み方はシンバイオティクスを言って、プロバイオティクス(乳酸菌、ビフィズス菌などの良い菌)と一緒にプレバイオティクス(ガラクトオリゴ糖や食物繊維などの良い菌の餌となるもの)を摂取するのが良いと言われています。

だからヤクルト1000と一緒にオリゴ糖や食物繊維の多い食べ物と一緒に摂ることで更に効果的になります。

是非お試しください。

ヤクルト1000の効果を最大限に感じられる飲み方をしてストレス緩和、睡眠の質の向上に役立てたいですね。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサーリンク
ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索