ヤクルトネット販売のエリア拡大!ネット利用のメリット、デメリット!

2018年6月1日から我が販売エリアもインターネットでヤクルトをご注文いただける「ヤクルト届けてネット」の利用が開始されました。

2017年10月から首都圏1都3県が先駆けてスタートし、2018年2月には東北、北関東、甲信越を対象にエリア拡大されています。

2018年6月1日から我が販売エリアである東海エリアと近畿、東海とエリアを更に拡大しています。

スポンサーリンク

インターネットによるヤクルト販売のメリットは?

何と言っても今までヤクルトを注文したくても不在にしているためになかなか手を出すことが出来なかった方が気軽に利用できるといった点ではないでしょうか?

今までは現金販売のみでしたので、料金のやり取りが出来ず、購入を諦めていた方にとってはとても便利に利用できるシステムだと思います。

不在の方で宅配ボックスでのお届け希望の方はクレジットカード払いが原則になりますので、クレジットカードのポイントも溜まりますね。

宅配専用のヤクルト400やミルミルSといった商品はスーパーやコンビニでは購入することができず、私たちヤクルトレディから直接買うか、販売センタ-まで直接買いに来ていただくしかありませんでしたので、クレジットカード払いが可能になり、保冷受箱で直接お客さまのお宅に届けることが出来るようになったことで定期的にしっかりと飲んでいただけるようになります。

やはり乳酸菌飲料は続けてなんぼです。

1回1本飲んだから劇的に変化するというものではなく、継続的に飲み続ける事によってその良さを最大限に発揮できるものです。

ですので、直接お宅に毎週確実にお届けすることでお客さまにも続けて飲んでいただける環境が出来るというのがとても理想だと思います。

インターネットによるヤクルト販売のデメリットは?!

ではデメリットも考えてみましょう。

インターネットで購入するのですからもちろんインターネットを使える環境にないと利用でしません。

保冷受箱で受け取る時はクレジットカードが必ず要ります。

これがないと利用できません。

既存のお客さまには6月1日からご案内していますが、やはり今現在対面でやり取りしている方にとってはメリットはほとんどないようです。

インターネットもしていないしクレジットカードもないよって言う方は今まで通りでいいですね。

対面のお客さまでもクレジットカード払いに変更されることも出来ますが、曜日変更やご注文内容の変更があった場合は今まで直接お伺いして対応していたものを、お客さま自身がネットで変更しないといけないというわずらわしさがあります。

商品の変更の希望があったり、1週間お休みしたいときは必ず自分自身で変更が必要になります。これがめんどくさいという方にとってはデメリットになると思います。

それからもうひとつ、インターネットでの販売はすべての商品をお取り扱いがあるわけではありません。

ジョアやソフールなども7個セットの販売しかしていないので、3本だけ飲んでみたいとか、バラ売りはしていません。

また、季節のセール商品や歯磨き粉、スキンクリームなどの化粧品のお支払いは現金払いしかできません。

すべての商品を取り扱えるようになることがヤクルト本社の新たな課題になってくると思います。

初めてヤクルトを保冷受箱で受け取るのが心配?!

特にこれからの季節暑くなるので、帰りが遅くなるので本当に大丈夫か?と心配される声があるかもしれません。

ちなみにですが、私のお客さまで保冷受箱を利用されている方は10軒以上ありますが、帰宅が19時を回るお客さまでも今まで3年以上お届けしていますが、ヤクルトがぬるくなっていたなどのお申し出を受けたことは一度もありません。

夏は特にどのヤクルトレディも冷温管理には気を遣っていると思います。

冬よりも氷や保冷剤の数も増えます。

しっかりと氷と保冷剤を入れてお届けしているので心配ありませんので、そこは安心してご利用いただけたらと思います。

ヤクルトの良さをしっかりと知っていただきたい

対面でお会いできるお客さまには直接いろいろなお話をさせていただいています。

他愛もない世間話もしますが、健康に関するお話もさせていただくことがあります。

ヤクルト400の良さ、腸内環境のお話、お客様の健康状態などを踏まえて商品をご紹介することも少なからずあります。

商品の良さなどをしっかりとお伝えしてお客さまが納得して選んで飲んで、実感していただくことが一番だと思います。

直接お会いできないお客さまにもその情報をしっかりと共有できるようにしていくのが私たちヤクルトレディの課題でもあると私は思っています。

そしてヤクルト全体の課題でもあると思います。

ヤクルト=子どものおやつ

みたいに思っている方もまだまだいらっしゃるようです。

腸内環境の改善で乳酸菌がブームになり注目されていますので、その傾向は少しずつ変わってきているかもしれません。

このネット販売を機に、もっともっとヤクルト400の良さを伝えていく活動をしていきたいと思いますし、会社全体としても働き盛りの人に向けて、そんな人にこそ必要な商品だという事をうまく伝えるプロポーションをしっかりとやっていってほしいと思います。

正直こんなぬるいCMではアカンと思います。

松坂桃李がヤクルト400LTの広告タレントに起用⁈どんなCMになるか予想してみた

本当にネット販売の基盤が全国的に整ったら私が妄想していたCMもかなり良い線行くと思うんだけど、どうだろうか?!

新しいお客さまを受け入れるためのシステムが整った今、どういったアプローチで商品の良さを最大限に伝えていくのか、これが大きな課題だと思います。

私なりに微力ではありますが、ヤクルトの商品のことをこのブログでも書いています。

ご興味ある方、インターネットで商品購入を悩まれている方は一度読んでいただくことで参考になるかもしれません。

【腸活】ヤクルトで善玉菌を増やそう!その効果のほどは?

【腸活】ヤクルトとミルミルのダブルの効果で腸美人を目指そう!

スポンサーリンク

ヤクルト届けてネット 今年中にも全国展開?!

Sankei Bizの記事でも大きく取り上げられていました。

【現場の風】ヤクルト ネット注文、今年度中に全国展開

今年中には全国的にインターネットで注文できるシステムが整いそうですね。

2018年4月時点で会員数が1万人を超えているそうです。

スゴイですね。

明るい未来が見えてきた・・・って言っていいでしょうか?

こんな記事もありました。

ヤクルトの業績はここ数年横ばいと言われています。

その背景にはヤクルトレディの減少と販売力の低下とはっきりと書いている記事もありました。売上減少のヤクルト、ネット販売進出でヤクルトレディはどうなる?

うーん。痛いところをつきますね。

販売力の低下って・・・

それは私のことを言ってるのでしょうか?!

何と言っても他力本願な私ですから。

うちらばっかりに言わんと会社が頑張れや!って叫んでいる私に言ってるのでしょうか?!

私、もっと頑張ろう。

迷っている方は一度体感してみてください。

劇的な変化はなくても身体の中は4週間飲み続けることで確実に変化しているはずです。

そしてその変化はすぐにはわからなくても風邪やインフルエンザが流行るころに感じられるかもしれませんよ。インフルエンザワクチンが不足!こんな時こそ乳酸菌!

ヤクルト400を毎日の生活に取り入れられて、健康な毎日を過ごされますことを心よりお祈りしています。

ヤクルト届けてネットはこちらから

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索