ヤクルトのスキンクリームで肌アレ知らずのしっとりお肌に!

朝夕が冷えてくるようになりましたね。

空気も乾燥してきて肌荒れに悩まされる季節になってきました。

こんな時、皆さんはどんなハンドクリームをお使いですか?

いろんな香りや効能のハンドクリームが出回っていますが、今日は私がオススメするヤクルトのスキンクリームをご案内いたします。

スポンサーリンク

ヤクルトのスキンクリームってどういうもの?

Yakult Beautiensのホームページより抜粋。

  • ベトつかず、肌なじみのよい使用感で、全身の肌アレを防ぐ全身用クリーム。
  • 適量を手に取り、乾燥が気になる部分を中心にやさしくなじませてください。
  • ひじ、ひざ、かかとなどの肌アレにも効果的です。

保湿成分に、乳酸菌はっ酵エキス高分子ヒアルロン酸オキナワモズクエキスは配合です。

85g 1296円です。

ヤクルトのお高い化粧品の中では手を出しやすいお値段ですね。

ヤクルトの化粧品は高いけれど、効果は値段以上だと感じる日々でも書きましたが基本的に高いですが、その効果はとても高いと思っております。

それでもハンドクリームと思うと高いですけどね。

実際の商品の写真がこちらです。

クリームなのでちょっと固い感じがして乳液タイプのものよりも若干のびにくいですが、不思議なのは塗った直後は少しべたつく感じがあるのですが、しばらくするとそれも気にならなくなってお肌がスベスベしてきます。

全身に使えるというのも嬉しいですね。

私は特にスネの部分がカサカサになってひどい時は粉をふくくらいのひどい乾燥肌でしたが、スキンクリームを使うことで、それがすごく和らぎました。

本当はかゆくなる前に塗るのがいいのですが、ズボラ女の私は症状が出てからしか動かないのでなかなかよくなりません。

かゆくなってからでも塗ってしばらくすると、かゆみもおさまり、乾燥肌も落ち着いています。

お風呂上りにちゃんと塗らなきゃって思うけど出来ない。

ダメですね~。

しっかり塗ることで乾燥によるかゆみは落ち着きますので、毎日塗ろうと思います!!

お客様の中で、娘さん(大学生)が冬だけでなく夏も塗っているとお友達はひじが黒いけど、お手入れにスキンクリームをひじに毎日塗ることで、1人、綺麗なひじになったと喜びの声もいただいております。

ひじやひざのガサガサにも良いですよ。

男性ならば、髭剃り後のお肌にもってこいです!

このように、全身に、そして家族みんなで使えるスキンクリームです。

香りは無香料と記させていますが、若干乳酸菌はっ酵エキスの匂いでしょうか?ヨーグルトのような爽やかな香りがすると私は思います。

スポンサーリンク

買って頂いたお客さんに必ず伝えていること

私からスキンクリームを買ってくださったお客さんに必ず伝えていることがあります。

それは・・・

化粧品の使用期限をお伝えするようにしています。

未開封で3年は持ちますが、一度開封すると空気に触れて酸化してしまうので、1年以内に使用したほうが良いと言われています。

だからもったいないとちょっとしか使わない方がもったいないので、しっかりたっぷり使ってもらって1年後には新しいものを購入したほうが良いですよ!とお伝えしています。

だってせっかくお肌に良いものをお金を出して購入したのに、古くなったものを使って肌トラブルに見舞われたら最悪ですもんね。

それと同時に私自身は特に、お客様にテスターとして塗ってもらうもの、家で使うもの、何個かあるとどれがいつ開けたかわからなくなるので、商品に開封した日付を書くようにしています。

こんな風に書いておくことで、いつ開けたかよくわかります。

去年のと思ってたら一昨年のやった~ってなったら、怖くて速攻捨てることも出来ますもんね。

スキンクリームや日焼け止めなど季節商品は特に日付を書く習慣をつけるとわかりやすくていいですよ~。

ヤクルトのスキンクリームはどこで買える?

残念ながらこちらの商品、お店での販売はしておりません。

どこで買えるのかと言いますと、我らがヤクルトレディから直接買うという方法がございます。

是非、ヤクルトレディから購入してくださいませ。

いろんなレディさんがいて話すのも楽しいと思いますよ~!

日中は仕事でいないからヤクルトレディから買いたい気持ちはあるけれどそれは無理!!って言う方はインターネットで買うことも出来ます。

yakurt beautiens公式ホームページ ポシュママスキンクリーム

これからどんどん寒くなってきて、空気の乾燥も気になる季節になりますので、しっかりとスキンクリームで全身のお肌のケアをしようと思います!!

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索