乳酸菌と一緒に摂ると効果倍増?!善玉菌を増やそう!

腸活に乳酸菌やビフィズス菌を積極的に摂って、腸内環境を改善することに注目されていますが、ただ単に乳酸菌飲料を飲んだりヨーグルトを食べたりするだけでなく一緒に摂るとその効果が何倍もアップするものがあるのをご存知でしょうか?

腸内で善玉菌を増やす方法で「シンバイオティクス」と言われているその方法とはどんなものか詳しくわかりやすくご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

シンバイオティクスって何?

善玉菌と呼ばれ、腸内環境を整え身体に良い作用をもたらす乳酸菌やビフィズス菌などの微生物のことを「プロバイオティクス」と言います。

善玉菌の餌となるオリゴ糖や、食物繊維などの食品成分を「プレバイオティクス」と言います。

これらの「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」を一緒に摂ること、またはその両方を含む食品や製剤などを「シンバイオティクス」と言います。

「シンバイオティクス」の「シン」は一緒にという意味で「プロ」と「プレ」を一緒に摂取するということです。

病院でも活用されているって本当?

名古屋大病院では胆道がんの手術後の感染症の予防のためにシンバイティクスを取り入れています。

乳酸菌やビフィズス菌が入った乳飲料はなによりも安価で副作用がなく安全です。

誰でも嫌がらず飲めるので気軽に使える利点があるということです。

また手術後だけに摂取するよりも、手術前にも飲んで腸内環境を整えておいた方がより合併症を抑制できたというデータも出ています。

手術前からシンバイオティクスを導入することで善玉菌の減少を防ぎ良い状態で手術に入ることができるということです。

この病院では現在、手術日が決まると食事時にシンバイオティクスの乳飲料がつくようになっており、感染症を抑えるシステムとして定着しています。

参照:岐阜新聞2016年5月31日企画特集より

スポンサーリンク

ヤクルトにはガラクトオリゴ糖大好き‼︎

ヤクルトには乳酸菌やビフィズス菌と一緒に摂ると効果的と言われるガラクトオリゴ糖や食物繊維の入った飲料や食べ物がたくさん出ています。

代表的なものはそれ1本で「シンバイオティクス」になる「ミルミルS」です。

プロバイオティクスであるビフィズス菌120億個以上とプレバイオティクスである食物繊維、ガラクトオリゴ糖が入っています。

黒酢ドリンクにはガラクトオリゴ糖が2,5g含まれています。

梅ドリンクにもガラクトオリゴ糖が2,5g含まれています。

そのほかにも東海地区で販売中の幻の紅大豆にもガラクトオリゴ糖が含まれています。

普段の生活の中でも食物繊維が豊富な食品を食べることで乳酸菌飲料を飲む人にとっては効果的に善玉菌を増やすことができますので、意識的にとってみるのはとてもオススメです!!

せっかく毎日乳酸菌飲料を飲んでいるのでしたら、ぜひ普段の食生活でも善玉菌の好物も一緒に摂ってみてはいかがでしょうか?

さらに腸内環境がよくなることまちがいないですよ!!


効果的な飲み方は?!
合わせて読んでほしい記事はこちら
ヤクルトはいつ飲むのが効果的?!一番多い質問にお答えします。


最後までよんでくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索