どんなヤクルトレディになりたいか、悩んで考えた答えは?!

ヤクルトレディに関する記事をたくさん書いてきて、検索して来てくださる方も増えてきました。

いつもありがとうございます!!

そんな私にも悩みと言うか考えていることがありまして、今日はそのことについて書いてみようと思います。

どんなヤクルトレディになりたいのか考えて日々お届けしています。

考えた結果こんな答えが出てきました。

スポンサーリンク

どんなヤクルトレディになりたいか?それは・・・

考えたら簡単でした。

うちに来てほしいと思うヤクルトレディ。

明るい挨拶で、商品知識もあって、押し売りしないヤクルトレディ。

美味しいものやお得なものはサラッと紹介してくれて、話していて楽しい人がいいです。

そんなヤクルトレディを目指しています。

実際の私はそんな風にできているだろうか?

そのことを考えながら時々自分の行動を振り返ります。

お客様にとっては良いヤクルトレディが会社にとって良いヤクルトレディとは限らないのが難しいところです。

会社としてはいっぱい売ってくるヤクルトレディの方が良いに決まっています。

お客様の事を考えすぎると売れなくなってしまうのです。

正確に言うと、ヤクルト以外の商品を売れなくなります。

いっぱいおすすめする商品があって、ほんまにヤクルト何屋さんやねんって思うことも、お客さんに言われることもあります。

乳製品以外にも、ジュース、ラーメン、昆布、ドライフルーツ、青汁、みそ汁、スープ、乾麺、ドレッシング、サプリメント、バレンタインにはチョコレート、お歳暮時期にはカズノコまで・・・

食べるものだけでなく、化粧品もありますしね。

それらを売ってくる人はめっちゃ売ってくるんですよ。

それもまんべんなく。

私は自分の好きなものはめっちゃくちゃ売れるけど、嫌いなものは全然売れないという。

例えばこの間紹介した歯磨き粉ヤクルトのアパコートの効果実感!一番の体感は美白でツルツル!!はすごいおススメなので、結構売れました。ドレッシングもめっちゃ美味しくて大好きなので売れます。

でも他のものが売れません。

特に、新商品が出たらみんなお味見どうですか?って持ち歩くんですが、その売り方も超苦手。なかなか出来ない。

もうすぐ新商品ヤクルトのソフール新商品は期間限定の温州みかん&デコポンがでますがそれを持ち歩くのですが、それを見せてもなかなか売れない。

どうやってやってるんでしょうね。みんな。

もうヤクルト400さえ飲んでくれて、健康であればそれで良いって思っちゃうんですよ。

もう開き直りで、私は私のやり方でやる!!ってようやく3年目になって落ち着いてきましたが、まだまだ悩むことも多いです。

何が一番なのか考えると悩むんですよね。

あんまり深く考えずにやる方が良いような気がします。

スポンサーリンク

新人の頃には新人の頃の、今は今の悩みがある

新人の頃は売れないが悩みでしたが、今は売れないというよりも売っていいのかなという悩みですね。

お客さんの中にはセールのチラシをお渡しした時に、「何も買えなくてごめんね。ご案内してくれたのに、お役に立てずにごめんね。」と言ってくれる方が何人かいます。

買えないことに申し訳ないっていう気持ちにさせてることが、私としては申し訳ないと感じるのです。

その時は「そんなこと気にしないでね。欲しいものがあったら買えばいいけれど、ご案内だけさせてもらってるだけだよ。もしかしたら、すごく欲しい商品が見つかるかもしれないね。」と言うようにしています。

人の好みは十人十色

おすすめするうえで私は先程も言いましたように、自分が好きなものは売れるけど、そうじゃないものは全く売れないと書いていました。

でも私は苦手なものも、好きなお客様だっていらっしゃるでしょうから、本当はすべての商品をまんべんなくお伝えしていくのが良いと思います。

なので、私が嫌いだったものに先入観を持って嫌がられる前に、きちんとその商品の良さをお伝えしていくようにしていきたいです。

素敵なヤクルトレディーを目指して

ヤクルトのCMのように、優しい笑顔で可愛くてって言うんが本当は理想ですけど、実際はね、顔をアンパンマンみたいに替えられたら良いけど、そんなん無理な話ですもんね。

そういう見た目ではなくて、私はこれからもお客さんの気持ちを考えて、「自分の家にお届けに来てほしいと思えるようなヤクルトレディ」を目指して頑張ります。

迷ったときはいつもここ。この原点に返る。

ただお届けするだけではなくて、お客様のお悩みにもこたえられるように、日々勉強もしていきたいと思います。

明日も笑顔でお届けに励みます。

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索