ヤクルト1000を新発売!!販売開始はいつから?販売価格は?ヤクルト400との違いは?

ヤクルト本社は2019年5月14日に「ヤクルト1000」を新発売するとHPで発表しました。

ではその「ヤクルト1000」について書いていきます。

スポンサーリンク

ヤクルト1000の販売はいつから?

ヤクルト1000の販売はホームページによりますと、2019年秋からとあります。

詳しく何月何日からという発表はありませんでしたが、おそらく消費税の増税が2019年10月からあると言われていますので、増税以降ではないかと予想されます。

短い期間に何度も価格が変わると販売者にとっても、消費者にとってもわかりにくいと思いますので、2019年秋というのは2019年10月以降ではないかと思います。

詳しく発表されましたら記載いたします。

ヤクルト1000の販売地域は?販売ルートは?

なお、販売価格、販売地域、販売チャネルなどの商品情報は、決まり次第お知らせいたします。

ヤクルト本社ホームページより

まだ何も発表されていません。

全国で発表されるのか、一部の地域から発売されていくのか、スーパーや小売店で販売するのか、ヤクルトレディ専売なのかまだ決まっていないようですね。

価格も発表されていません。

おそらくの予想ですが、「ヤクルト1000」もヤクルトレディによる宅配専用商品になるんじゃないかな?と思います。

今現在ヤクルトレディによる専売商品が「ヤクルト400」と「ミルミルS」です。

こちらの商品はスーパーやコンビニでは販売されていません。

それはなぜかというと、ヤクルトレディによる販売により、「ヤクルト400」の価値をしっかりとお伝えして一日1本飲んでもらうことの大切さをお伝えできるように宅配専用商品になっています。

今回発表された「ヤクルト1000」もその効果を効率よくお伝えするためにヤクルトレディからの宅配専用商品になるんじゃないかなと思っています。

ヤクルト1000の販売価格は?予想してみた

ヤクルトレディからの宅配専用商品である「ヤクルト400」は1本80円(税別)です。

スーパーやコンビニで販売している「NEWヤクルト」は5本パックか10本パックで1本40円(税別)です。

乳酸菌シロタ株の量が「ヤクルト400」は商品名通り400億個入っています。

それに対して半額の「NEWヤクルト」は乳酸菌シロタ株の量が半分の200億個です。

「ヤクルト1000」は乳酸菌シロタ株が1000億個はいっています。

ヤクルト400の2倍以上の数です。

値段も2倍以上になるのは予想されますね。

となると・・・安くても1本160円(税別)・・・・・

税額が10%になったら176円

う~ん高いよね。

これはどう考えても高いよね。

値段だけ見るとスゴイ高いよね。

ヤクルト400の売りと言ってはなんだけど、1本86円という低価格で毎日飲み続けるのに

続けやすい価格帯というのが魅力です。

乳酸菌はたくさんの量を摂るのが良いのですが、どれだけたくさん摂っても腸で定住しないので、働いた後は便と一緒に排出されます。

だから毎日摂取することが大事になってくるのです。

その際に価格が高くなるとなかなか続けるのは経済的に難しい問題になってきます。

では、その効果はどういったのもなんでしょうか?

スポンサーリンク

ヤクルト1000の効果は?ヤクルト400とどう違うの?!

まずはスーパーにもある「NEWヤクルト」は乳酸菌シロタ株が生きて腸まで届いて、良い菌を増やして悪い菌を減らします。

便秘や下痢のなどの便性の改善に役立ちます。

ヤクルト400はその便性の改善に加えて、NK細胞の活性化されて免疫力が上がる効果があるという研究結果が出ています。

まざまな要因でNK活性が低下している人に対するL.カゼイ・シロタ株の飲用効果を調べました。L.カゼイ・シロタ株を400億個含む飲料を1日1本、3週間に渡って毎日飲み続けた時のNK活性を測定したところ、飲用によってNK活性が上昇するという結果が得られました。

ヤクルト中央研究所

それに加えてヤクルト1000にはどのような効果があるのかということになるのですが、以下のようにホームページには書いてありました。

「Yakult(ヤクルト)1000」は、一時的な精神的ストレスがかかる状況でのストレス
をやわらげ、また、睡眠の質(眠りの深さ、すっきりとした目覚め)を高める機能があります。

ヤクルト本社ホームページより

ヤクルトはヒトでのエビデンスがしっかりしているのでとても信頼度が高いですし、乳酸菌シロタ株は医療機関でも利用されているので安心、安全です。

睡眠の質まで高めてくれるというのはありがたいことです。

やはり乳酸菌って量が重要なんですね。

ヤクルト400を2本飲んでも800億・・・1000億個ってあらためてすごい数ですね。

ヤクルト400は「特定保健用食品」で言わゆる「トクホ」をとっています。

一方のヤクルト1000は「機能性表示食品」になります。

この「特定保健用食品」と「機能性表示食品」との違いですが、「特定保健用食品」は国による効果や安全性の審査が必要になり、消費者庁長官の許可が必要になります。

また最終製品でヒトによる試験を実施し、科学的根拠を示す必要があります。

「機能性表示食品」は事業者の責任で消費者庁に届け出します。

最終製品でヒトによる試験を実施するかまたは文献や論文などを用いて科学的根拠を示す必要があります。

消費者庁による許可がおりているわけではないので、信用できる企業かどうかを見極める目が必要になってきます。

年々乳酸菌ブームが激しくなり、たくさんの企業が研究をしてその効果効能が注目されています。

切磋琢磨してたくさんの人が乳酸菌の力で健康になってくれたら私も嬉しいです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索