大阪のドレスショップ「マリーシンシア」で学んだおもてなしの心

最近、このブログを見てコメントをくださる方が少しずつ増えてきてとても嬉しい毎日です。

しかも現役のヤクルトレディさんの声や実際に私のブログをみて商品を買う時の参考にしてくださるというお客さまの声まであってもう、天にも昇る勢いです!!

基本的に本業であるヤクルトのお仕事でも、このブログでもお客さまのことを第一に考えて仕事をしていきたいって思ってやっています。

私のこの根本的な考え方が一体どこから来たのか・・・?!そのルーツを考えたらプロフィールにも書きましたが、前職で経験したドレスショップでのお仕事だったように思います。

どんなドレスショップで働いてもそんな風になるというわけだはなく、私が勤めていた心斎橋の「マリーシンシア」というドレスショップの社長とチーフがとっても素敵で本当に接客業の神髄をそこで学んだんだなと最近とてもよく思い出します。

そのことについて今日はちょっと詳しく書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

保育の世界から一転飛び込んだドレスショップというキラキラした世界の実態は?!

勤めていた託児所の閉園をきっかけに違う仕事もやってみたいと全くチャレンジしたことのない、ドレスショップの店員の仕事をハローワークで見つけて働き始めました。

そこは、大阪で老舗と言われる有名なお店でしたが会長と呼ばれるボスがやくざみたいに怖くていつも朝礼では怒声を社員に浴びせかけるようなお店でした。

私が入った衣裳部はお客様のドレスフィッティングのお手伝いをするのですが、担当と言う形ではなくて毎回毎回違うお客様になります。

1回目に訪問した時と2回目に訪問した時のフィッティングの担当者は毎回違っているのです。

そして衣装の値段交渉はすべて営業さんがするので、最初から最後まで同じ人が担当するのはフィッティングする衣裳部の人ではなく、営業の人です。

そして衣装の値段もお客さまによって全然違います。

と言うよりも営業さんによって違います。

見せるドレスもこの中のドレスでしたらプラン内ですが、別の階のドレスになると新作ドレスなのでアップ料金が3万円かかります。とかって具合です。お客さまによってはアップ料金5万円なんてこともありました。

取れる人から取るって感じです。

新作ドレスって言っても新しいドレスがどんどん入ってくるわけでもなくお客さまの中でもたくさんのドレスショップを回っている方は、「新作ドレスと言っても、私の式までにたくさんの人が着るわけですよね?!新作ではないですよね?!」という鋭い意見もありました。

正直言って、ウェディングドレスのレンタル衣装なんて本当にぼったくりみたいなところが多いんだなって思いました。

仕事自体は新しいことも沢山あってとても楽しかったのですが、とにかくなぜそんなに毎日毎日怒鳴りつけることがあるんだろうってくらいピリピリした職場でした。

ある日私はいつものように「おはようございます!!」と元気よく挨拶をしていたらそれが目に留まり朝礼で褒められました。そして褒めた後、他の人を「なんでお前たちはそれができんのや~!!」ってな感じでまた怒り始めました。

それから私は元気よく挨拶できなくなってしまいました。

なんで?!なんでそうなるん?!

もうここにおったらあかんな。と思い、辞める事を決意しました。

最低でも3か月は仕事をしなきゃその良さはわからないと思っていたのですが、私の居場所はここじゃないと思い、1か月ほど働いて辞めることにしました。

ただ、仕事内容はとても楽しかったです。

そしてそこで知り合った営業さんが「この仕事きっと向いていると思うからもしやりたいなら他の会社紹介してあげるよ」と言って紹介してもらった会社が心斎橋にある「マリーシンシア」というドレスショップでした。

売上重視のお店とお客様重視のお店の違い

私が「マリーシンシア」で働いたのは10年前のわずか2年間でしたが、ここで本当の意味でのお客さまへのおもてなしの心を学ぶことが出来ました。

一番最初に入ったお店とは全然違いました。

まずお客さまは最初から最後まで自分で担当します。

最初のお話からフィッティング、小物合わせ、サイズ直しまですべてです。

そして料金はお客さまによって違うということはなくプランが決まっているので、値段交渉などは自分がする必要はありません。

ドレスのよってAプランのドレス、Bプランのドレス、Cプランのドレスを言うようにドレスの値段が分かれていたり、提携先のショップだったらどのドレスを選んでもオッケーとかそのあたりの違いはありますけど。

ただこだわりのあるお客さまでお店にないドレスでどうしても欲しいというのがあれば、その好みを聞いて何点かのドレスをメーカーより取り寄せて気に入ってもらうものがあれば仕入れます。

ファーストレンタルのみアップ料金がかかるということです。

そしてその方のお式があるまでは絶対に他のお客さまにレンタルすることはありません。

そこは徹底しています。

2店舗で勤めたからこの裏側を知ることができたので、同じドレスショップでも売り上げ重視のところとお客さま重視のところと全然違うんだなと思いました。

ほんと最初に勤めたあのお店は何年新作って言い続けてアップ料金取ってるんだろうってね。

そして結婚式と言う誰もがあまりよく知らない莫大にお金が動くところではこういうことはたくさんあるんじゃないかなって思いました。

アットホームな優しい雰囲気のお店で家族の一員のような気持ちに

「マリーシンシア」という会社は私が働いていた当時は社長とチーフがご夫婦で経営されていました。

とてもアットホームな雰囲気で家族経営の良いところが終結したようなお店でした。

社長もチーフもとても優しくて怒られたことなどありません。

それよりもいつも気遣ってくださいましたし、本当に自分も家族の一員のような気持ちで働いていました。

その当時から息子さんも大学生でしたが、週末の忙しい時期になると配達や撮影の手伝いに来ていました。

将来どうしたいの?!なんて話をおばちゃんの私が根掘り葉掘り聞いていましたが、その頃から彼らはご両親を尊敬されていましたし、ちゃんと未来も考えて行動しているのがよくわかりました。

あの親にしてこの子ありって感じでしっかりとご両親の背中をみて育っていたようですね。

私は社長も優しくて大好きでしたし、奥さんであるチーフが本当に素敵で、優しくて、可愛くて、仕事ができて、めちゃくちゃ尊敬していました。

憧れの人でした。

そんな中で働けて本当に幸せでしたし、楽しかったです。

仕事はめちゃくちゃ大変だったけど・・・それでもとてもやりがいのある仕事でした。

私のありえない大失敗で学んだこと

私はこの「マリーシンシア」で勤めている時にありえないほど大失態を犯しています。

それはお客さまの荷物に「パニエ」を入れ忘れてしまったのです。

パニエとはドレスの下に入れるワイヤーの入ったスカートで、これがないと足にドレスがまとわりつき上手に歩けないし、ドレスのラインが綺麗に出ないので折角のドレスが台無しになってしまいます。

担当が最後まで責任をもってやるってことで、荷物のチェックをしたのも私で、忘れたのも私です。

完全に私の責任です。

お客さまから式の後にメールが届きました。

そのメールは当日のお礼のメールでした。

担当の美容師の先生はじめ、式場紹介の社長に対してのとても丁寧な言葉でお礼がつづられていました。

その中に当日パニエが入っていなくて折角のドレスのシルエットが台無しでそれだけが残念だったとありました。

そのメールで社長と私でお客様のお家まで謝りに行くことになりました。

どう考えても私のミスなのに、社長は大丈夫、大丈夫、と私を一切責めませんでした。

それよりも励ましてくれました。

本当にいつもよくやってくれてるよ。って。

もちろんチーフも私を責めませんでした。

逆に泣けました。優しさが沁みました。

そしてピンチはチャンスとばかりにミスしてしまったものはどうしようもないからそれは誠心誠意、心を込めて謝ればいいと言われました。

それ以上は社長が話すからもう何も言わなくて大丈夫と。

どんだけカッコいんだよ社長!!

スゴイ心強かったです。

そしてお客さまにお詫びを申し上げてその代償と言っても、一生に一回の結婚式をやり直すことも出来ず、どうするのかと思ったら社長はその頃手掛けていた中央公会堂のフォトプランを無料でプレゼントすることを提案されました。

お客さまもその件を受け入れてくださり、後日同じドレスで中央公会堂で最高のドレス姿を残すことが出来ました。

その日、私もお客さまに付き添いましたが、本当に喜んでくださっていました。

ここまでやるかと思いましたし、ここまでやらせてしまったんだと思いました。

これで私のミスが帳消しになったわけではありませんが、自分がミスした時は誠心誠意向き合うことが大切なんだと思い知りました。

本当に「マリーシンシア」の接客はお客様の事を第一に考えていたなと思います。

ここでおもてなしの心を学びました。

自分の損得じゃなくてお客様がどうかという事の視点を学ぶことが出来ました。

今「マリーシンシア」のホームページを見ると、提携のホテルもたくさん増えてますます活躍されているのがわかりとても嬉しく思います。

お客さまに喜ばれる接客をされているので当然の結果だと思います。

もし、ご結婚することがあり、レンタル衣装を借りる機会がありましたら大阪なら絶対「マリーシンシア」をオススメいたします。

スポンサーリンク

お客さまの事を一番に考える

私はこれからもどんな仕事をしてもこの気持ちを大事にしていきたいなと思います。

だから売上重視に走る会社にはおもいっきり腹が立つし、これからも文句を言い続けると思います。

そして最終的に私の居場所はないと思ったら辞める事もあるだろうなと最近は思うようになってきました。

なかなか「マリーシンシア」みたいな会社はないと思うけれど…

今思えば本当に素敵な会社だったんだと心から思います。

短い間でしたが働けて幸栄でした。

また大阪帰ったら遊びに行こう!!

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索