高槻魂2018行ってきた!娘5歳初ライブ参戦で声ガラガラ!

先日の3連休の猛暑の中、高槻魂2018という野外フェスに初参加してきました!

娘は生まれて初めてのライブ観戦で35度を超える暑さの中どうなるか心配でしたが、お目当ての「アイラブユーベイビーズ」しっかりと見ることが出来ました。

その日の感想を書いていきます。

スポンサーリンク

高槻魂とは?

高槻出身のピアノロックバンドGRAND COLOR STONEのボーカル、ナカノアツシさんが主催する無料の野外ロックフェスです。

今年で5回目を迎えるこのイベント、今回は大阪北部地震にその後の豪雨などで何度も開催が危ぶまれたようでした。

でもそんな中、諦めずに取り組んでくれてたくさんの支える方の中で開催されたイベントでした。

とにかくこのイベントの主催者のナカノアツシさんがすごいんですよね。

めちゃくちゃ暑い中いろんなステージに出て、面白く防災の事をクイズにしたり、地元のキッズダンサーと共に高槻名物の歌?を歌ったりともう全力です。

もちろんご自身のバンドGRAND COLOR STONEはオオトリのライブもあります。

どこからそんなパワーが湧いてくるんだろって思うくらいパワフルでエネルギー満ち溢れています。

私が中野さんを知ったのはかれこれ10年以上も前です。

その頃から全然変わっていません。

フレンドリーでいつもあったかい言葉と笑顔で声をかけてくれていました。

音楽で心をいつもハッピーにしてくれます。

気取らず近所の兄ちゃんって感じがまた人を惹きつけるんでしょうね。

人間味溢れててとにかく大好きな人です。

もう何年会っていないでしょう・・・こんなに熱く語りましたが、忘れられているかもしれませんけど。

高槻魂、最後まで見られず残念…

最後のグラカラのライブまで見たかったのですが、なんせ5歳の娘を連れての初めてのライブ観戦です。

一番見たかった「アイラブユーベイビーズ」は一番手の11:40からでした。

グラカラのライブは18:20スタート。約6時間をあの灼熱の暑さの中待ち続ける事は出来ず、今回は断念。

ZILCONIAまでみて帰りました。それでも16時まで頑張りました。

あぁグラカライブ本当に見たかったです。

グラカラのライブって本当に不思議なくらい初見でも絶対に楽しいし引き込まれるし、歌詞が心に刺さるので見たことない方も絶対に楽しめると思います。

ナカノアツシの熱量をたくさんの人にも感じて欲しいと思います。

子どもも楽しいブースが!!

この日は猛烈な暑さで駅から会場に着くまでに大汗かきました。

娘も会場について顔真っ赤でした。

水分をとらせて、いただいたうちわであおぎ日陰を探そうとテントに入ろうとしたのですが、真っ先に「はにたんドーム」をみつけ走っていきました。

エアーのドーム型トランポリンです。

この暑さで熱中症大丈夫かしらと言う心配もよそに速攻で靴下を脱いで入ろうとしている娘ですよ。

ここでもボランティアの方がいて安全に遊ぶことが出来ました。

3分という時間でしたが、満足げに出てきました。

またライブ後に来ようねと約束してテント内へ避難しました。

テントをたくさん張ってくださっていたので、その中で過ごすとかなり楽でした。

炎天下は無理ですね。

レジャーシートを敷いてる方も多く、そこは準備不足でした。

後からお友達が準備してくれたのでそこで過ごすことが出来ました。

次回は必ず持参しようと思います。

5歳娘が初ライブ観戦、歌いまくる!!

ライブに行く前からYouTubeや車内でずっと「アイラブユーベイビーズ」を聴いていた娘。

私よりも歌えるんじゃないかって言う程、歌を覚えています。

子どもならではの間違えたまま大声で歌うという技も身につけて、恥ずかしげもなくどこでも気分が良い時は歌っています。

保育園にお迎えに行って園庭で遊ぶお友達に私が「さよなら~」と挨拶すると娘は自転車の後ろで「さよならはロックンロールだった~!ロックンロールだった!!」とアイラブユーベイビーズの曲を大熱唱しながら帰ります。

めっちゃ恥ずかしいからやめてと言っても聞きません。

歌を知っている分、「私もライブ行きたい」と娘がずっと言っていましたが、小さい子どものライブ参戦にどうしても抵抗がありました。

子連れライブを楽しむための条件5つ、ママだって楽しみたい!!

耳が一番心配だったのでその心配が少ない野外ライブだったので今回初めて行くことにしたのです。

暑さの心配はありましたが行って大正解!!

もう暑さ忘れるくらいノリノリでした。

私は常に熱中症が心配だったのでうちわであおぎながら、1曲ずつこまめに水分を摂らせながらでしたが、娘自身は暑いとも言わず、全曲大熱唱でした。

娘の身長ではステージは見えにくいんで抱っこしてあげるんですが、ある程度見たら自分の感覚でリズムを取りたいから「おろして!!」と言います。

おろすと膝でリズムを取ってもらったうちわをギターに見立てて弾く真似をしながら歌っていました。

めっちゃおもろい!!

そしてまた見たくなったら「抱っこして」と言って抱っこ。

私汗だく。

「さよならはロックンロールだった」が始まると「キターーーーーー!!!!!」と大喜びで今まで以上に大きな声で歌っていました。

結果、声ガラガラ(笑)

保育園でも先生に「ライブで歌いまくって声ガラガラになった」と話していました。

とにかく大満足のライブでした。

スポンサーリンク

高槻魂で防災の事、自分が出来ることは何かを考える良いきっかけに・・・

高槻は2018年6月18日に震度6弱の地震がありました。

被害を受けた方もいらっしゃり、このイベント自体の開催も危ぶまれたことが何回もあったそうです。

私もこんな大変な中、ライブに行っていいんかな?と考えたこともありました。

実際に高槻魂が開催された小学校のすぐ近くの市役所では、日曜日なのに開庁していてその中では罹災証明を発行する手続きなどで訪れている方もいらっしゃったようでした。

だからこそ、より防災の事を考えるきっかけになったのは確かです。

ボランティア活動など行動を起こすことが出来ないならば、募金という形で被災地に届けるくらいしか出来ないですが、そういう場を作ってくれたこともありがたいなと思いました。

少ないながら私も募金しました。

そしてナカノアツシさん自身もTwitterで呼びかけていましたが、無料イベントなので、会場で飲食することで運営費を賄っていると。

最低限の熱中症対策の水分だけ持参して残りは会場で買うことにしました。

この日は本当に暑かったのでペットボトル飲料を何本か買いましたし、かき氷、フローズン、高槻名物のうどん餃子なるものも初めて食べました!!

こんな風にただ美味しくいただくことで運営に貢献できているんだなって思ったら嬉しくなりますね。

自然災害に見舞われて被害にあった方がいる中で楽しんで良いのか?!と考えると何もできなくなってしまいます。

自粛するのも優しさなのかもしれません。。。でも出来る事はこんな風にもあるんだなと思いました。

元気な人が元気を届けて、行動できる方は積極的にボランティアに参加して、出来ない自分には何が出来るか?考えるキッカケになりました。

出来ないことを嘆くのではなく、出来ることをしていきたいと思いました。

考えるキッカケを与えてくれたこのイベントに感謝!!

こんな素敵なイベントがこれからも長く続いて欲しいなと心から願います!!

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索

コメント

  1. 堀田 より:

    子供連れで野外は本当に親としては心配ばっかりだね!
    でも、ちゃんと子供を熱中症対策しながら参戦なんて凄い!

    皆んなが楽しめて何より!!

    • hanamanami より:

      堀田様

      コメントありがとうございます。

      本当に今年の夏の暑さは異常なので子どもの体調がとにかく心配でした。

      なんとか熱中症にもならずみんなで楽しめて良かったです!!

      もうちょっと涼しい時期にあればもっと全力で楽しめるんですけどね。