育てるタオルは出産祝い、特別なプレゼントに最高!

娘が習っているチアダンスの先生がご出産されるので一時休職されます。

その時に何かプレゼントすることになりました。

何が良いのか探したのですが、その時にめっちゃくちゃ良いもの見つけました。

自分も欲しいくらいの商品。

それが【育てるタオル】というものです。

出産前に出産祝いを贈るのはタブーなの?

出産は母も子も命がけ。

医療は進化しているとはいえ、何が起こるかわからないのも事実です。

出産祝いは本来、母子ともに無事に生まれてきてそれをお祝いするというものが本来の意味です。

ですので、本当に親しい仲であったり、本人が望む場合以外は赤ちゃん用品を贈るのは避けたほうが良いですね。

そういう背景もあり、私たちは休職される先生に、今までありがとうと言う意味を込めてプレゼントを贈ることにしました。

とはいえ、出産を控えているのには変わりないので、入院中に使えるものだったり、赤ちゃんが生まれてからも使えるもので何が良いか考えました。

出産祝いにも出産前にも贈って喜ばれるものってなんだろう?

そこで仲間が提案してくれたのが、高級タオルです。

たしかに、タオルだったら絶対に使うし、赤ちゃん用は別に新しいものを使いたいですよね。

実際に私も娘を出産した時はバスタオル類をいただき、赤ちゃん用に使いましたもんね。

いただいたものだけでなく、新しく母が用意してくれたものも大いに役に立ちました。

お風呂上りに赤ちゃんの身体を拭くのはもちろんのこと、ちょっと寝かしておくのにもバスタオルを広げてその上に転がしておくこともできますし、おクルミのように抱っこしたり、暑い日には布団代わりにかけるのに使ったり・・・

その用途は様々です。

その時にちょっと高級なふわふわなタオルだったらきっと喜ばれる。

それで検索していたら出てきたこのタオル。

もう最高!!


「育てるタオル」ってどういう商品?!

タオルって普通は洗えば洗うほど、ゴワゴワになったり、薄くなってきて肌触りが悪くなってくるじゃないですか?

でもこの「育てるタオル」は洗えば洗うほどフワフワになるとかいうのですよ。

魔法?魔法なの?

世界7か国で国際特許を取得した技術で、洗うたびに糸が空気を含みふんわり柔らかくなっていきます。

洗濯する前の新品の時よりも、洗濯した後のほうがふっくらとボリュームがでるとか・・・

そんな不思議なタオル、めっちゃ気になるんですけど。

まさにタオルを育てるってことらしいです。

出産祝いに子どもと一緒にタオルも育てる・・・なんて素敵なんでしょう。

どんなふっくら育つんだろう。

私みたいに雑な女でもふんわり優しく柔らかく育ってくれるだろうか?

「育てるタオル」が出産祝いに最適な理由は?!

この「育てるタオル」が出産祝いに最適だと思ったのは、洗えば洗うほどふんわりしてきて、赤ちゃんの肌を優しく包んでくれるということ以外にも理由があります。

それは洗うときに柔軟剤を使わなくていいことです。

赤ちゃんが小さいうちは衣類は極力刺激の少ない洗剤を使って柔軟剤も使わないです。

柔軟剤を使わないとタオル類はあまりふわふわにならないのですが、この「育てるタオル」は柔軟剤を使わなくてもふわふわに仕上がるのです。

これもう最高!!

使って洗うほど、フワフワになって吸収性もアップする。

もうこんなタオル見たことない。

そりゃいい。

もう、欲しい。

育てたい。

私も育てたい。

どんなふうに育つのか、そしてどれくらいでくたびれるのか、とっても気になる。

自分で買うにはなかなか踏ん切りつかないものですが、貰うときっとめっちゃ嬉しい。

そんな素敵な贈り物に敏感肌の方にもオススメ【育てるタオル】
いかがでしょうか?

「育てるタオル」は5シリーズ展開!

「育てるタオル」には5つのシリーズ展開がされています。

最高級のプレミアムラインの「マルク」

お洒落な筒形ボックスに入った「フィール」

定番シリーズの「イエローリボン」

基本シリーズの「クラシック」

スポーツシリーズ「+sプラスエス」

予算に合わせて、選べるのは嬉しいですね。

そう思うと、出産祝いだけでなくて、お誕生日プレゼント、母の日、父の日、敬老の日などいろんなシーンで利用できそうですね。

プリザーブドフラワーとセットになったものなんかめちゃくちゃお洒落で可愛くて母の日にぴったりですね。

早く買わなきゃすぐにソールドアウトになりそうですが。

でもこのタオルのフワフワを知ってしまったら・・・

家に今あるタオル、雑巾レベルに感じるんじゃないかと恐ろしさすら感じます。

最後まで読んでくださりありがとうございました。



ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索