ヤクルト1000売り切れだからヤクルト400を3本飲んだら効果は同じになるのか?

スポンサーリンク

ヤクルト1000が売り切れ続出で営業所でも直接買えない事態!!という記事をアップしたらそこに素朴な疑問としてヤクルト400を2本飲めば同じ効果が得られるのか?という質問がありました。

単純に乳酸菌シロタ株が多けりゃいいんでしょと思いそうなものですが、実際どうなのかこの質問をヤクルトのお客様相談室に問い合わせてみました。

詳しく書いていきます。

ヤクルト400を3本飲んだらヤクルト1000と同じ効果があるかどうかはわからない

結論から申し上げますとヤクルト400を複数本飲んだ場合、ヤクルト1000を同じ効果があるかどうかの答えは

そのデータを取っていないので同じかどうかはわからない。

というのがお客様相談室の答えでした。

っていうか、データ取れよと心の声が漏れそうになりました。

ただ、単純に乳酸菌シロタ株の数が多ければ良いように感じますよね。

ヤクルト400を3本飲めば乳酸菌シロタ株を1200憶個摂取できるからヤクルト1000よりもスゴイ効果がありそう!!

って思いそうなもんですが、そうではないようですね。

同じ結果出るかもしれませんし、出ないかもしれません。

ま、そりゃそうね。

ただ、このようにもおっしゃっていました。

「ヤクルト1000には最高密度で乳酸菌シロタ株が入っています。

同じようにヤクルト400を複数本飲んでも密度は高くならないため、同じような結果が得られるかどうかわからないです。」

あの100mlという中にギュッと1000憶個の乳酸菌シロタ株が詰め込前ていることに意味があるようです。

例えているならばアルコール9%のお酒を1本飲むのと、3%のほろ酔いを3本飲むのと酔い方が違う・・・みたいなもんでしょうか?

同じ量のアルコールを摂取しても濃度が違うので人体に影響を及ぼす速さやら吸収の速度やらが違うのかしら。。。なんて勝手な想像をしてみました。正直私が勝手に想像しているだけで、本当のところはよくわかりません。

まぁでもヤクルト1000のカギは「ヤクルト史上最高密度」ということですね。

ヤクルト400を複数本飲むのはおススメ出来ない!

ヤクルト1000が売り切れで飲めないからと言ってヤクルト400を複数本飲むのはやはりお勧めできません。

単純に計算しても1本86円(税込)を2本飲んだら173円(税込)コスパが悪いです。

2本飲んでもシロタ株は800憶個で1000には及びません。

3本飲んだら259円(税込)1200憶個の乳酸菌シロタ株摂れますがめっちゃ高いです。

しかも3本飲んだらその分カロリー、糖分が多くなってしまいます。

ヤクルト400LTのカロリーは9.5gです。

これを×3本...28.5g完全に採り過ぎですね。

値段的にもカロリー、糖質においても複数本飲むのはあまりお勧めできませんね。

まとめ

ヤクルト1000の乳酸菌シロタ株と同じ量をヤクルト400やNEWヤクルトで補って同じような効果を得ようと飲んでみてもその効果は期待できないと思ったほうが良さそうです。

ストレス緩和や睡眠の質の向上と言う良い結果を得られるよりも、経済的ダメージ&カロリー過多のマイナス要因の方が多い結果となりそうです。

ヤクルトのお客様相談室ではヤクルト400を複数本飲んだ場合のデータがないのでわからないと言っていましたので、電話を切る間際に「研究して調べてくださいと上の人に言ってください。普通に知りたいですから。」と心の声をもう我慢できなくて伝えてしまっていました。

安定供給までしばらくかかりそうです。

飲めないとなると、余計に飲みたくなりますね。

でも転売ヤーからは絶対買わないようにしてくださいね。

それはなぜか?ということはまた別記事に書いていこうと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索