授乳回数の多さに悩まされる?!実録!!頻回授乳ってどんな感じ?

産院では赤ちゃんが泣いたらおっぱいをあげるように指導されてきました。

たくさんおっぱいの出る人は赤ちゃんがしっかり飲んでくれると満足して2~3時間は寝てくれて少しは休憩が出来るかもしれません。

ただおっぱいも出なくて赤ちゃんも上手に吸えないとなると授乳時間も長くなって赤ちゃんが寝てもすぐに目が覚めてまたすぐ授乳なんていうことも多々あります。

そう言う時は無理せずにミルクなど足しながら上手に乗り切ってください。

助産師さんにアドバイス受けながらやると赤ちゃんの体重の増加など見ながらそれでも退院する頃には少しずつでも母乳が出るようになってくると思います。

スポンサーリンク

実録!私の育児日記

産まれてすぐに産院からいろいろともらえるセットに中に育児日記があって毎日つけるように指導されます。

生まれて1週間後の記録

だいたい一日に10〜13回の頻回授乳になってるのがわかると思います。

1時間空いてないところもあるし2.3時間空く時もあるしバラバラです。

退院してから1回目の母乳外来に行くまでの生後2週間の間だけミルクの力も借りていました。
見ていただいても分かるようにミルクを飲むと腹持ちがいいのかその後の母乳の時間が3時間ほど空いています。

母乳はあまりに頻回だったので書くのが面倒で抜けてるところもあると思います。

上の段が母乳をあげた時間というのがわかると思いますが下の段ので書かれているのが尿と便の回数です。尿は一日8〜10回、便は一日5〜10回していますね。

おっぱいをあげてオムツを替えての繰り返しって言うのがよくわかります。

生後1ヶ月の記録


育児書によると1ヶ月ころの赤ちゃんはおっぱいを吸う力が強くなり吸い方も上手になって一度に飲む量も増えてきます。だいたい3時間おきに欲しがる、という授乳リズムが出来てくる赤ちゃんが多くなります。

とありますが私の場合は1ヶ月経っても一日の授乳回数を見てもらうと10〜13回!

全くもって減ってない!!がーん( ̄◇ ̄;)

ここで育児書通りにならないと大丈夫だろうか?って心配になるところですが私は母乳外来に通っていて赤ちゃんの体重もちゃんと増えているし大丈夫だよって言われていましたのであまり焦っていませんでした。

あまりに頻回授乳で家に赤ちゃんの体重を計れるグラム単位のスケールがない場合はきちんと見てもらわないと母乳不足になっているかもしれませんのでご注意くださいね。

神経質になりすぎるのは問題ですが楽観的に考えるのも問題です。

だんだんと落ち着いてくる授乳回数

2か月くらい経つと一日の授乳回数が8~10回と少しずつ少なくなってきます。

それでもまだまだ多い方だったようです。

新生児訪問(と言っても2ヶ月経ってましたが)の時の助産師さんに3時間は間隔を開けるように指導されてしまいます。

この助産師さんについては長くなりますので後日別記事で書いていきます。

はじめは努力して3時間あけるようにしてましたが私にとってそれのほうがストレスになったので
最後はもう言うことを聞かずに無視して私と娘のペースであげていました。

そうやって二人の中でだんだんとペースをつかんで3か月経つ頃にようやく1日8~9回と落ち着きました。

母乳が足りているかな?と不安になったら

  1. 赤ちゃんの体重の増え方が少ない
  2. 一回の授乳に20分以上かかる
  3. 授乳間隔があかない
  4. 赤ちゃんのうんちの回数や量が少なくなる
  5. 授乳間隔があいてもおっぱいが張らない

上記の中で2~3個思い当たることがあれば母乳不足かもしれません。

そんな時はミルクの助けを借りることもできます。

ただどうしても完全母乳で育てたいと強く思っているならばプロの手をかりて母乳外来に駆け込みましょう。

強い味方になってくれると思います。初めての子育ては何にしても不安いっぱいだと思います。

そんな時に専門の人にお話を聞いてもらって話すだけで心が軽くなると思います。
特に母乳外来の助産師さんたちは授乳の悩みをよくわかってくださっているのできっと優しくアドバイスしてくれると思います。

どうしたらいいのか聞きながら自分と子どものペースをつかんで行ったら良いと思います。
子どもが機嫌が良くて、体重もしっかり増えていっているのであればそのやり方で間違っていないと思います。
それで頻回授乳がしんどすぎて倒れそうとかもう眠れなくてフラフラで死にそうとかっていうならそれは大いに見直しが必要だと思います。

出来るだけ無理のないやり方を見つけて乗り越えてくださいね。

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索