七五三で日本髪に挑戦!スタジオアリスで失敗しないためにやるべき3つのポイント!

7歳の七五三では日本髪に挑戦したいと思っていました。

小さい頃からスタジオアリスさんで写真を撮ってもらっていたのですが、果たして日本髪も上手に結ってもらえるのか心配していましたが、先日撮影してきました。

結果から言うと、大満足の出来でした。

私の心配どこへやら。

ただ上手に仕上げてもらうためのいくつかのポイントと撮影当日の様子を詳しく書いていきます。

七五三で日本髪にする夢を叶えれくれたスタジオアリス!!

スタジオアリスのヘアメイクを担当する方は当たり外れがあると聞いていたので正直本当に上手に仕上がるのかドキドキしていました。

でも仕上がりを見て大満足。

すごく可愛く綺麗にはんなりと和の良さを最大限に引き出す日本髪にうっとりでした。

こちらがその写真です。

横はそれほどハリを出さずに抑えた感じに仕上げてもらいました。

後ろから見たらこんな感じです。

後姿はかのこが着物の色とおそろいで可愛いです!!

着物に合わせて髪飾りや小物もすべてつけてくれるので任せて安心でした。

横からだとちんころと(前側にある赤い飾り)とつまみかんざし(白いゆらゆらした飾り)が美しく見えてまた良いです!!

横側をもう少し膨らませるともっと古風になると思いますが、これくらいの方が子どもの可愛さも出て落ち着いていて良いかなと思います。

スタジオアリスでは写真撮影は出来ないので、動画から引っ張ってきた画像なのでちょっと画質が悪くてスミマセン。

着物は日本髪に合わせて赤にしました。

本人の希望は水色地に小花がたくさんあるものだったのですが、お出かけ衣装も同じようなものを選んでいたので、「髪型を日本髪にするなら絶対に赤のほうが似合うし可愛いと思うよ!!」と私とスタジオアリスのヘアメイクを担当してくれた方と一緒に説得しました。

「じゃあ、赤にする。でもお出かけするときは私の着たいの着る!!」ということで納得してくれました。

日本髪には古典柄ですね。

そして赤!!映えます!!おススメです!

では実際に失敗しないポイント3つご紹介致します。

スタジオアリスの七五三撮影で日本髪にしてもらうとき、失敗しないためのポイント

1.日本髪を結うために必要な長さまで髪を伸ばす

これはスタジオアリスに限った話ではありませんが、日本髪は地毛で結います。

ですので、ある程度の長さが必要になってきます。

どのくらいの長さが必要かと言いますとスタジオアリスのホームページにこのように記載がありました。

目安としてはセミロング~ロングの量が多めの髪なら地毛で結い上げられます。

セミロングは、鎖骨下から胸上までとされています。

肩下10㎝あれば大丈夫でしょう。

最低でもセミロングくらいまで伸ばさないと結うことが出来ませんので、日本髪にしたいと思ったら早めに伸ばすことが必要になります。

ここで大事なのが前髪です。

スタジオアリスのヘアカタログの写真は前髪をおろしているスタイルです。

前髪をおろすと幼い雰囲気が残るので可愛さを求める人はピッタリです。

スッキリと前髪をあげると顔がパッと明るくなって7歳のちょっと大人っぽくなった感じが出せるスタイルです。

私は断然こちらのスタイルが良いと思っていたので、日本髪にしたいと決めたときから前髪を伸ばし始めました。

前髪をアップするスタイルにするには長さは生え際から15㎝の長さが必要です。

鼻の下くらいまで伸ばすと綺麗に仕上がると思います。

ちなみに娘の髪の長さはこちらです。

後ろの長さはお尻の部分まで伸びています。

ここまで長く伸ばす必要はありません。

逆に長すぎると結いにくいらしいです。

前髪は顎下まで伸びました。

こちらもここまで伸ばす必要はありませんね。

鼻下くらいまで伸ばしたら綺麗に上げられますよ。

日本髪を結うなら早い段階で髪を伸ばして準備が必要ですね。

2.電話で予約するときに必ず日本髪を結うことを伝える

これ、めちゃくちゃ大事です。

七五三の撮影で予約しているので7歳女の子とあれば、必ず着物の着付けの出来る人が担当してくれます。

着付けもどんなヘアメイクも出来る美容師さんのような人がいる場合もありますが、日本髪などの難しいヘアアレンジは出来ないスタッフさんもいることもあると思います。

基本スタジオアリスのヘアアレンジはウィッグを使ったものが多いので、ヘアピンでとめて多少のごまかしがききますが、地毛の日本髪アレンジは出来る人が限られてきます。

だから必ず日本髪のアレンジをしてもらいたいということを予約するときに伝えてくださいね。

実は7月の4連休で大阪に帰ってそこのスタジオアリスで撮影をする予定をしていました。

電話でしっかりと日本髪にしたい旨も伝えました。

でも新型コロナウイルスの感染者が増えてきたので、帰省することを諦め、大阪のスタジオアリスもキャンセルしました。

このままではどんどん感染者数も増えてくるし、いつまた緊急事態宣言が出てもおかしくない状態だし、いつ治まるかも検討がつきません。

せめて写真だけは撮っておきたいと思い立ち、予約して翌日に撮影してきました。

大阪でなく愛知県のスタジオアリスで。

前日の予約でしたが、七五三で着物の着付けがあって、日本髪にもしてもらいましたがベテランのスタッフさんに担当してもらえました。

ベテランの美容師さんのようなスタッフさんでしたので安心してお任せ出来ました。

3.イメージ写真を持参する

スタジオアリスのヘアカタログの日本髪のモデルの女の子は前髪のあるタイプの写真しかありません。

なんだかイメージと違う感じです。

ですので、しっかりと自分のイメージがあるならばそれを写真で撮って実際にスタッフさんに見てもらうようにすると分かりやすく伝わると思います。

最近ではインスタで「七五三日本髪」などで検索すると可愛い写真がいっぱい出てきますでそこで気になる写真を見つけて持って行くといいですね。

耳の横の髪のボリュームを大きくするか小さくするかでイメージがかなり変わってきます。

あとは前髪あるのかないのかでも大きく変わってきます。

ピッタリのイメージを見つけてくださいね。

スタジオアリスで日本髪を結うのにかかった時間は?!

日本髪を結うのにかかった時間は30分弱です。

それから着付けが10分くらいだったと思います。

スタッフさんにどれくらいかかるか聞いたら15分~20分くらいと言ってましたがやはり日本髪を結うのは時間がかかるということです。

娘はドレスの写真も撮りましたが、先にドレスの写真を撮ってその後に着物の写真を撮りました。

ドレスの髪形は15分もかからないうちに仕上がりました。

そしてどれだけ髪の毛が長くてもアレンジの内容によってはウィッグを使うのであっという間に仕上がります。

というのも、スタジオアリスではホットカーラーや͡͡コテなどを使ってのヘアアレンジはしないのでクルクルとなっているスタイルはすべてウィッグになっています。

スポンサーリンク

七五三で日本髪にするおすすめの年齢は?

七五三で日本髪にするおススメの年齢は断然7歳です。

何より日本髪を結うのに時間もかかりますしジッとしていられる年齢になってからの方が良いと思います。

先ほど書いたように髪を結った後には着付けもあり、3歳の頃の着物の着付けは帯は締めず被布を羽織るとはいえ、結構時間がかかります。

長い時間着付け、ヘアセットをした後の撮影となると、正直良い笑顔を引き出すのも大変だと思います。

3歳は洋髪でもすごく可愛いですよ。

ちなみにこちら娘が3歳の時に撮影した写真です。

リボン型のウィッグをつけています。

スタジオ内だったのでウィッグを使用した髪形にしました。

3歳の時のお参りの時は地毛で結いました。

地毛だとボリュームがないのでちょっと寂しい感じになりますね。

七五三はスタジオアリスで前撮りとお出かけ衣装イメージチェンジして楽しむ!

衣装を子どもが選ぶと前撮りの時もお出かけ衣装も同じようなものになってしまいます。

ここは全然違う着物を選んで、髪型もがらりと変えてその違いを楽しむことをおすすめします。

日本髪に合う赤の着物をどうしても着てほしかったので、当日は自分の好きな衣装で好きな髪型にして、撮影の時はこちらを着て欲しいとお願いしました。

納得してくれたので良かったですが、子どもによっては「これ!」と決めたら誰がなんと言おうと聞いてくれないという場合もあると思います。

そういう子ほど可愛く着付けている写真を見てもらって事前に話しておいた方が良さそうですね。

日本髪と新日本髪の違いとは?

今までずっと日本髪と書いてきましたが、正確に言うとスタジオアリスでやってくれるのは

新日本髪というものです。

日本髪風とも言われていますね。

「日本髪」を現代風にアレンジしたものです。

日本髪はお相撲さんが使うような鬢付け油を使って結い上げます。

一度結うと何日もそのままで毎日髪を洗うこともできません。

本物の日本髪を結える人がほとんどいないそうです。

写真館などではほとんどが新日本髪になります。

スポンサーリンク

スタジオアリスに七五三の着物を持ち込むときは小物、ヘア飾りが必要!

私のようにすべてをレンタルにしている人はお店の物を使わせてもらうので何も持ち物は要りません。

ただし、自前の衣装を持参する場合は着物の小物はもちろんのこと、ヘア飾りも必要になってきます。

かのこ

後姿のアクセントになる「かのこ」は着物の色と合わせると可愛いですね。

このお店では赤、朱、黄色、ピンク、紫と5色ありましたよ。

ちんころ

「ちんころ」は前髪に飾るリボンのようなものです。

これがあるとグッと日本髪が引き締まります。

こちらも着物色の合わせると可愛いですね。

つまみかんざし

「つまみかんざし」 はつまみ細工を施したかんざしのことです。

ゆらゆらと揺れる飾りがあるものが可愛さをより一層引き立てますね。

自前の衣装を持ち込まず、すべてスタジオアリスで借りる場合は小物を用意する必要はないので安心してくださいね。

まとめ

スタジオアリスで七五三の撮影を日本髪で挑戦した結果、大満足の出来上がりになりました。

失敗しないためには

  1. 髪を伸ばす
  2. 事前に日本髪にしたいと予約の電話をする
  3. イメージ写真を持参する

これをすることによって自分のイメージしている可愛い日本髪に仕上げてもらうことが出来ました。

当日はまた違う衣装で違う髪形を楽しみたいと思います。

その様子もお参りが終わったら追記しますね。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索