販売ってむずかしい・・・私、しつこいゴリ押しレディになってない?!

ここ最近、なんかいろいろと忙しいです。

そしていろんなことを考えます。

考えすぎて頭がいっぱいでパンクしそうです。

そんなグダグダな気持ちを今日はいっぱい吐きだします。

支離滅裂で何が言いたいんだかわからないことになりそうですが、悩めるヤクルトレディの心の叫び・・・聞きたい人だけどうぞ。

スポンサーリンク

売れればそれでいいのか?!ヤクルト!!

もう最近のゴリゴリなセールスな感じがとてつもなく嫌気がさしている私であります。

ヤクルトの仕事は基本大好きです。

でも最近はちょっと自分がどうして良いのかよくわからなくなってきました。

お客さんも素敵な人が多くて、親兄弟が近くにいない私にとっては近くの親戚みたいな気持ちです。

近所にめっちゃ親戚おる(笑)みたいな。

でも本当に毎週毎週会ってお話して、お互いの健康を気遣ったり、家族の話をしたり、趣味の話を聞かせてもらったり、やり取りをしていると自然とそうなってきますよね。

そんな方がたくさんいるからみんなに健康でいて欲しいと思うのです。

だから家族でヤクルト400をご愛飲頂いて今の健康を維持してほしいって心から願っています。

この気持ちは嘘偽りないのですが、やはりお金がかかるのも事実。

年金暮らしの方などもいますし、私自身がヤクルト400が良いのはわかっていても、もしヤクルトレディをしていなかったら家族全員でヤクルト400を飲めただろうかって考えてしまうのです。

いまだからその良さを十分に理解しているので、ヤクルトを辞めても続けて飲むでしょうが、それでもやはり家族全員はキツイなって思ってしまいます。

そして家族の皆さんで是非飲んでみてくださいって言われたってそう簡単にハイハイって言うわけにはいかないって思っちゃうんですよね。

だからオススメはするけれど積極的にどうしても押せない。

ゴリ押しレディが我が家に来たら絶対嫌だし。

でもね、やったらキャンペーンとかでお客さまにお伝えしなきゃいけないんですよ。

もう嫌になってしまう。

ヤクルトレディの私が思うんだからお客さんも「またかぁ・・・」って思うんじゃないかなって思うんですよね。

もちろん大切なお客さまの健康を守るために言ってることでも、もういい加減しつこいんじゃないかなって。

時々情報誌で「秋バテ」のお話をすることも、健康アドバイザーとしては必要だと思いますし、ヤクルト400の良さをこの機会にお伝えすることも大事だとは思います。

でもどれだけ軒数を取れたとか、壁管理されて競うものでもないと思うんだよな。もううんざり。そんなの別に~とかいえるメンタルが欲しいです。

ここにも書きましたがヤクルトのお仕事に向いている人、向かない人。私はやはりヤクルトレディには向いていないんじゃないかって最近よく思います。

深く考えず、軽く受け流すが出来ないのですよ。

ほんと厄介。

キャンペーンの期間だけでも飲んでもらえたらそれで良いのか?!

ヤクルト400ってそんな短期間飲んでどうこうってものじゃないよね?!

継続的に飲んでもらってなんぼだよ。っていっつも言ってるのに言ってることとやってることがもうめちゃくちゃじゃないか?!って思ってしまうのです。

私は本当にヤクルト400は素晴らしい商品だと思うし、みんなに薦めたいし、別に自分の売上にならなくてもこうしてブログにまで良さとか載せちゃって・・・

自社の商品をこんだけ薦められるのは本当に良い商品なんだけれども、なんかね、やり方が。

このブログをよく読んでくださってる方は私の事を少しわかってくださっているとは思いますが、何と言っても私、他力本願な女でございます。

うちらに売れ売れ言うんじゃなくってもっとヤクルトがどんどん売れるコマーシャル作れや!!って本気で願っているんですから。

どんなCMが良いかとかの会議があったら参加したいですよ。

って言うかセンターでみんなで話し合ってるその雑談みたいな中からヤクルトレディの本音を聞き出してやってくれんかなって。

めちゃくちゃ良い話センター内で飛び交ってるのにね、全然上に伝わらないね。

莫大なお金かけてCM作ってる割にまだまだ「子どものおやつ」程度の認識にとどまっているでしょ?!

もっと効果のあるやつ作ってくれよってここでも何回も叫んでるけど、全然届けへ~ん!!

とにかく続けてなんぼのヤクルトなんですよ。

だからヤクルト400飲んで良さを体感して更に続けていくことでいつまでも健康な生活を私に関わる人には送って欲しいと思います。

スポンサーリンク

私が強くおすすめできない理由

ヤクルト400がスゴイ良い商品だという事はわかっていてもどうしても強くおすすめ出来ない理由があります。

その話をちょっと書きます。

2016年2月に実の父が大腸がんを患ってしまいました。

その時はすごくショックで、ヤクルト400をもっと薦めておけばよかったってめちゃくちゃ後悔したものです。

ヤクルト400には免疫力を調整する作用があるので、がんの予防にもなるって言われていて、そんなに健康に良いならば実家の両親にも飲んで欲しいって思っていたんですね。

でも酒好きで甘いものはあまり好んで食べない父は「そんな甘いもん、いらん!子どもが飲むもんやろ!!」ってそれこそ全然ヤクルトの良さもわからずに聞く耳を全然持ってくれませんでした。

もっと本気で薦めて早くから飲んでて欲しかったなって思ったんです。

ヤクルトを飲んでたらガンにならなかったかどうかはわかりませんし、それは比べようもないですが、出来る事をやらなかった自分が悔しくて仕方なかったです。

お客さまにもガンになってからお医者さんに薦められてヤクルト400を飲み始めた方もいらっしゃいます。

再発防止の意味で飲み始めるのです。

本来ならヤクルトは予防医学なので病気をしてから飲むというよりも健康なうちにしっかりと飲むのが一番なんですが、手術前に腸内環境を整えておくこともとても大切なので、半強制的に父にヤクルト400とミルミルSを飲み始めてもらいました。

お金云々で飲まないと言うならば、そのお金は私が払うから大阪のヤクルトレディさんから買ってと母にお願いしました。

そこでやっと耳を傾け飲み始めてくれました。

一番信用して話を聞いても良いはずの身内、父や母でさえ私の話半分に聞いて健康(だと思っていた)頃には全然飲んでもらえなかったくらいです。

見ず知らずのヤクルトレディがいきなりインターフォンでピンポンって来て話を聞いて飲んでみようってなるなんてどんだけ人の話を聞く耳持ってる人なの?!神?!って思っちゃいます。

それだけ新規のお客さまを獲得するのは難しいことです。

でも私は父がガンになって自分の大事な人が病気になったと聞くのは絶対に嫌だって思いました。

だから母にもヤクルト400の良さを力説し、飲んでもらい、それから弟二人にも話をしました。

上の弟は穏やかな性格で話を聞いてくれ頷いていました。

それを聞いてヤクルトを飲むかどうかは本人次第なので良いと思ったら飲むでしょうし、家族にも飲ませようかなって思ってもらえると思うんです。

私はヤクルトレディをしていても、それまで家族にそれすらしてなかったのです。

本当は一番大事な家族である人に一番に伝えなきゃ嘘になるのにね。

そしてもう一人、下の弟に話した時にこんなことを言われてしまいました。

ほんま、しつこいねん!!ヤクルトのまわしもんか!!宗教か!!」ってね。

ヤクルトレディやからヤクルトのものやけど、まわしもんかどうか言われたらなんて言っていいかわからんけど・・・

別に大阪の弟がヤクルトを買ったところで私の売上にはならんけど、ヤクルトの売上にはなるからまわしもん言われたらそうかもしらんけど。

ただ、大事な人の健康を純粋に願って言ったことなのにそう言われてほんまにめちゃくちゃショックでした。

きっと私も健康になってほしいという気持ちが大き過ぎてしつこいゴリ押しレディになっていたんだと思います。

「考えてみろ、家族3人でヤクルト飲んだらどんだけ金かかる思ってるねん、月約9千円、年間にしたら10万弱かかってくんねんぞ!!」ってね。

さすが大阪!!計算早い!!

弟も私やからこれほどズバッと言ったんだと思います。

家に来るヤクルトレディには・・・言うな、あの性格だったら。

まぁそんなことを言われてめちゃくちゃショックだったし、正直売り上げ云々関係なく本当にその人の健康だけを望んで伝えても熱が入り過ぎてしつこくなってくるとめちゃくちゃウザがられるという経験もしたわけです。

私、そんな風に思われたくない。

お客さんにも誰にもそんな風に思われたくない。

でも健康ではいて欲しい。

ヤクルトも買ってくれたら嬉しい。

そしてヤクルト400はほんまに良いと本気で思ってる。

もう私、どうしたらいいの?!

ぐっちゃぐちゃの気持ちです。

販売って奥深いですね。

とても難しい。

全部が嫌になって辞めたくなってくる。はぁ。しんど。

私のペースでやらせてくれ。

キャンペーンとかもうしんどい。

ノルマじゃなくて目標だけど、その目標がもうしんどい。

ってすんごいやってる人みたいに書いてるけど、全然声かけもしてないし、やってないくせに何言ってんだかって他のヤクルトレディに怒られそう。

センターのみんなはホント、めちゃくちゃ頑張ってる。

もう尊敬しちゃう。

私なんて文句ばっかり言って本当にダメダメヤクルトレディです。

こんな私の愚痴をいっぱい聞いてくれていつも励ましてくれるセンターの仲間。

あの空間だから続けていられるんだろうなと思う今日この頃です。

自分の時間が取れる唯一の場所かもしれません。

今日は本当にグダグダな私の暗黒な闇の部分を引っ張ってきました。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ランキングに参加しています。
レクダングル(大)広告

スポンサーリンク



スポンサーリンク
検索
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
検索

コメント

  1. りお より:

    共感します。私も現役レディで、実家遠方です。最近、母が肺がんになってしまいました。
    もしかしたら…同じ会社かも?最近トップが代わって、すごーく仕事がやりづらくなりました。何年も続けてる先輩方も、活動のありようの変化に、文句のひとつも出ちゃうかなと。
    この仕事自分のペースさえあれば楽しいし、向き不向きはあまり関係ないかもです。向いてるね!って言われたら全力で否定したい(笑)
    無理しないで、無理なものは無理と、受け流すことができるよう祈ってます。
    お互い、つぶれない程度にのんびりやりましょう。

    • hanamanami より:

      りおさま、コメントありがとうございます。

      お母様心配ですね。
      離れてると出来ることも少なくもどかしいですね。
      早く良くなりますようお祈りしています。

      トップ変わりました。
      そしてやることが激増で、グッタリです。
      どこのセンターも同じように思ってるんですね。ちょっと安心しました。
      でもこんな不満は上には全然届かない。
      一体どこに向かっていくんだろうって不安になりますね。
      あんまり周りに振り回されず、自分のやり方でお客さまを守っていきたいなと思います!!

      優しいお言葉本当にありがとうございました!
      まだまだ暑いですのでお互い無理せず楽しんでヤクルトレディしていきましょうね!!

      ありがとうございました!!
      現役レディさんのコメント、すごい嬉しかったです!!

  2. yasu より:

    私は千葉県・某市のCYLです。
    10年ほど前に3年YL、その後今のセンターでYLを8ヶ月したのち、CYLとなり1年が経ちました。

    お話を読ませて頂いて、すごく真剣に取り組んでる方だなぁと感じました。
    何よりもお客様の事を考えてる。
    その気持ちがあってお話をされているのなら、きっとお客様も分かってくれているし、ゴリ押しされているとは感じないと思いますょ。
    会社がやってる施策なんて、会社の売り上げしか考えてないんですから、ご自身のやり方でやっていけばいいと思います。
    お客様はあなたとお話しがしたくて待ってくださってるんですから。

    私はCYLとして、ついこの前まで同じように悩みました。
    化粧品は決して安いものではないし、年金の方なんかはそうそう毎月違うアイテムを買っていける訳でもない。それを分かっていても、上の人間は売れという。
    6ヶ月間30万の売り上げを上げなければ、ランクアップできない。上げるために自腹を切ることも・・・
    社員が同行し、グイグイ勧めた挙句、もう来ないで欲しいといわれてしまったお客様も何軒もあります。
    せっかく仲良くなりかけてたのにショックでした。
    そして、先月はとうとう、売り上げが目標まで行かずランクアップできずに終わりました

    ですが、そこでふっきれました。
    ランクアップしたところで、別にマージンの割合が上がるわけでもないし、だったら自分のペースでやって行こう!と
    売り上げが上がらなければ、それなりのお給料しかもらえないけど、お客様に嫌な思いをさせてまで買わせたくないので。

    話があんまりまとまってませんが
    今のまま、お客様への気持ちを大事に仕事してれば良いんじゃないのかなぁと思います。

    • hanamanami より:

      yasuさま コメントありがとうございます。

      現役のCYLさんからのコメント、とても嬉しく思います。
      CYLさんは乳製品以上に単価も高いし、商品は良いものですけど年金のお客さまなど仲良くなればなるほど買ってもらうことに抵抗を感じて悩んでしまいそうですね。

      信頼関係を築いていくのも大変な中、お断りを受けたのはとてもショックだったとお察しします。
      自分のペースで進めていくのが一番ですよね。

      本当に会社はお客さまのためと言いつつも売上重視。それが会社なのかも知れませんが、私なりに気持ちを切り替えてキャンペーン期間中はヤクルト400の良さを改めてお伝えする期間って割り切ることにしました。
      増客目的ではなく、あくまで休飲防止、飲み忘れ防止期間と捉えるようにしました。

      お互いお客さまへの気持ちを大事に楽しく働きましょうね。
      優しいお言葉、励みになりとても嬉しかったです。本当にありがとうございました!!